マイケル・ヴァン・ガーウェン

マイケル・ヴァン・ガーウェンMichael van Gerwen オランダ語: [ˈmɑikəl vɑn ˈɣɛrʋə(n)]1989年4月25日 - )は、オランダのダーツプレイヤー。現在はPDC世界ランク1位。13歳からダーツを始め、2006年のワールド・マスターズで優勝。2007年のマスターズでナイン・ダート・フィニッシュを達成。2014年のラドブロークスワールドチャンピオンシップで史上最年少優勝を果たした。

マイケル・ヴァン・ガーウェン
Michael van Gerwen
Michael van Gerwen, 2017 (cropped).jpg
Michael van Gerwen in 2017.
人物情報
愛称 Mighty Mike [1]
生誕 (1989-04-25) 1989年4月25日(30歳)[1]
オランダの旗 オランダボクステル英語版
ダーツ選手情報
活動期間 2002
ダーツ 23g XQ Max[1]
利き手 右利き
入場曲 Seven Nation Army by The White Stripes preceded by riff from Shine on You Crazy Diamond by ピンク・フロイド
入会組織 (分裂騒動参照)
BDO 2005–2007
PDC 2007–
現世界ランク 1
BDOメジャー - 最高成績
世界選手権 ベスト32: 2007
ワールドマスター 優勝 (1): 2006
世界ダーツトロフィー 準決勝: 2006
PDCプレミアイベント - 最高成績
世界選手権 優勝 (3): 2014, 2017, 2019
ワールドマッチプレー 優勝 (2): 2015, 2016
ワールドグランプリ 優勝 (4): 2012, 2014, 2016, 2018
グランドスラム 優勝 (3): 2015, 2016, 2017
プレミアリーグ 優勝 (4): 2013, 2016, 2017, 2018
チャンピオンシップ
リーグ
準優勝: 2013
欧州選手権 優勝 (4): 2014, 2015, 2016, 2017
UKオープン 優勝 (2): 2015, 2016
プレイヤーズ
選手権ファイナル
優勝 (4): 2013, 2015, 2016, 2017
他トーナメント勝利
トーナメント
10 February 2017現在

来歴編集

ヴァン・ガーウェンはボクステル英語版に生まれ、12歳まではサッカーのディフェンダーとして活躍していた。13歳からダーツを習い始める[2]。その頃からダーツ大会数多くの優勝を果たし、2006年のウィンマウ・ワールド・マスターズで史上最年少優勝を果たす[3]。翌年PDCサーキットに参戦。2012年、ワールド・グランプリでメジャータイトルを獲得。13年にはプレミアリーグ、ラドブロークスワールドチャンピオンシップで史上最年少優勝するなど数多くのタイトルを獲得した。

脚注編集

外部リンク編集