マイヨ・ブラン (maillot blanc) は、自転車ロードレースツール・ド・フランスにおいて、開催年のうちに25歳以下の誕生日を迎える選手の中で総合成績が最も上位の選手に与えられる白色のジャージである。色の由来について有力な説は存在しない。

2009年のツール・ド・フランスで、マイヨ・ブランを着用するアンディ・シュレク

創設されたのは1975年大会で、当初はプロ3年目以内の選手が対象だった。1989年からジャージ着用制度のみが一時廃止されていたが、2000年に復活した[1]2015年よりフランス国内で眼鏡販売チェーンを運営する「Krys」がスポンサーを務める。

日本語では「ヤングライダー賞」と訳されることが多い。「新人賞」という表現もあるが、該当の年齢であれば複数回受賞できるため的確ではない。

複数回受賞者の一覧
受賞回数 選手名 受賞年(総合順位)
3 ドイツの旗ヤン・ウルリッヒ 1996年(2位) 1997年(1位) 1998年(2位)
ルクセンブルクの旗アンディ・シュレク 2008年(12位) 2009年(2位) 2010年(1位)
スロベニアの旗タデイ・ポガチャル 2020年(1位) 2021年(1位) 2022年(2位)
2 イタリアの旗マルコ・パンターニ 1994年(3位) 1995年(13位)
コロンビアの旗ナイロ・キンタナ 2013年(2位) 2015年(2位)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集