メインメニューを開く

マイルドハイブリッド英語: Mild hybrid)とはハイブリッドカーの一形式。通常の乗用車に搭載されている発電機オルタネーター)を強化して、内燃機関(エンジン)の補助モーターとしても利用できるようにしたものである。電動機(モーター)のみで自走可能なハイブリッドシステム(フルハイブリッド)とはシステムが異なる。

概要編集

駆動用に高出力の電動機を有するフルハイブリッド[注 1]とは異なり、マイルドハイブリッドは通常走行に用いるエンジンの補助を目的としている。日本で開発が進められたものは、減速エネルギー回生システムスズキの「エネチャージ」やマツダの「i-ELOOP」など)で蓄えられたエネルギーを、車内の電装品向けのみならず駆動用に用いようとする試みに端を発したもので、内燃機関が不得意とする低速時や加速時のサポートに限定して用いることで、低コストでの導入が可能となる[1]

スズキは「S-エネチャージ」の名称で実用化、後に「スズキマイルドハイブリッド」の名称で広く導入している。基本的には電動機のみでの自走は不可能だが、ワゴンR(6代目)及びその派生車種では、減速して車速が約13km/h以下となり、アクセルもブレーキも踏まない時や、アイドリングストップ後の停車からの発進時に、最長10秒間モーターでのクリープ走行が可能となっている。

一方、マツダは2019年をめどにマイルドハイブリッド車の発売を計画していると報じられている[注 2]

ヨーロッパにおいては、通常の車両用電源で用いられる定格電圧を12Vから48Vに高電圧化(LV148)することで電装品の出力を高め、オルタネーターでの駆動補助を可能にする「48Vマイルドハイブリッド」という規格が提唱されている[4]メルセデス・ベンツフォルクスワーゲンアウディ)、BMWなどが積極的に採用しており、ボッシュが2019年にも日本向けに供給を開始すると報じられている[5]

ハイブリッド車との比較編集

長所編集

  • 既存の車種の電気系統を小改良するだけ(フルハイブリッドと異なり高電圧対応にする必要がない)のため、導入費用が安い
  • 補助モーターのみのため、充電池電動機がハイブリッド車よりも小型軽量

短所編集

  • 基本的にモーターのみで走行できない
  • 排気ガスの削減や燃費節約の効果が限定的

主な車種編集

  • ☆印は過去に販売されていた車種
  • ◎印はフルハイブリッド仕様(e-POWER含む)も併売される車種

日本車編集

スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)の名称で販売
S-エネチャージ(S-eNe CHARGE)の名称で販売
e-BOXERの名称で販売
M hybrid(SKYACTIV-X)の名称で販売

日本車以外編集

以下は、全て一部のモデルにマイルドハイブリッドを搭載。ベルト・オルタネーター・スターター (BAS) を採用したモデルについては当該項目を参照。

脚注編集

注記編集

  1. ^ 駆動方法により、エンジンを発電にのみ用いて電動機のみで駆動する「シリーズ方式」、エンジン駆動と電動機駆動を併用する「パラレル方式」、エンジンのエネルギーを発電用と駆動用に分離した上で電動機と併用する「スプリット方式」に分類される。トヨタのハイブリッドシステム (THS) はスプリット方式。
  2. ^ マツダは後にトヨタ自動車と業務提携し、トヨタ・ハイブリッド・システム (THS) を「SKYACTIV-HYBRID」として導入している。なお、マツダは2019年にも次世代エンジン「SKYACTIV-X」と組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを導入するとの報道がある[2][3]

出典編集

  1. ^ スズキとマツダ、マイルドHVに懸ける理由”. 東洋経済オンライン (2014年3月12日). 2018年1月3日閲覧。
  2. ^ “マツダ、簡易型ハイブリッド車発売へ…19年”. 読売新聞. (2018年2月16日). http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180216-OYT1T50065.html 2018年2月16日閲覧。 
  3. ^ 桃田健史 (2017年9月7日). “マツダSKYACTIV-X、マイルドHEV向けを示唆”. 日経XTECH. http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/090600129/00002/ 2018年2月16日閲覧。 
  4. ^ 栗城剛・市川信 (2017年4月7日). “48Vハイブリッドシステムのメリット”. 日経テクノロジーオンライン. 日経BP. 2018年1月3日閲覧。
  5. ^ “「欧州標準」の48Vハイブリッドシステムを日本の自動車メーカーが採用!? 独ボッシュがメーカーに供給”. cliccar. (2017年6月13日). https://clicccar.com/2017/06/13/481848/ 2018年1月3日閲覧。 

関連項目編集