マイ・インターン

マイ・インターン』(原題: The Intern)は、2015年アメリカ合衆国で製作されたコメディ映画。監督・脚本・製作をナンシー・マイヤーズが、主演をロバート・デ・ニーロアン・ハサウェイが務めた。

マイ・インターン
The Intern
監督 ナンシー・マイヤーズ
脚本 ナンシー・マイヤーズ
製作 ナンシー・マイヤーズ
スザンヌ・ファーウェル
製作総指揮 セリア・コスタス
出演者 ロバート・デ・ニーロ
アン・ハサウェイ
音楽 セオドア・シャピロ
撮影 スティーヴン・ゴールドブラット
編集 ロバート・レイトン
製作会社 ラットパック=デューン・エンターテインメント
ウェイバリー・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 ベルギーの旗 2015年9月15日(プレミア上映)
アメリカ合衆国の旗 2015年9月25日
日本の旗 2015年10月10日
上映時間 121分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $191,226,709[2]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $74,626,709[2]
日本の旗 17億5000万円[3]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

ニューヨークでファッション通販サイトを運営している女社長のジュールズは、短期間で会社を拡大させることに成功し公私ともに順調な毎日を送っていた。そんな彼女の会社にシニア・インターン制度で採用された70歳の老人ベンがやってくる。若者ばかりの社内で当然浮いた存在になってしまうベンだったが、いつしか彼はその誠実で穏やかな人柄によって社内の人気者になっていくのだった。

一方その頃、ジュールズには公私ともに大きな問題が立ちはだかっていた。双方において大きな決断を迫られた彼女は、誰にも自身の気持ちを打ち明けることができず苦しい日々を送っていたが、そんな彼女を救ったのは他でもないベンだった。ベンの温かな励ましを受けていくうちに、いつしかジュールズも彼に心を開くようになっていく。ベンの言葉から勇気をもらったジュールズは、目の前に立ちはだかる数々の難問に立ち向かっていく決意をする。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

興行収入編集

本作は2015年9月25日に全米3305館で公開され、公開初週末に1772万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場2位となった[4]

評価編集

本作に対する批評家の評価は肯定派優勢の賛否両論となっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには151件のレビューがあり、批評家支持率は60%、平均点は10点満点で5.7点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「『マイ・インターン』は上司が女性で部下が男性という時流に即したテーマを十分に掘り下げることができていない。しかし、ハサウェイとデ・ニーロという意表を突く組み合わせがいい雰囲気を作り出している。」となっている[5]。また、Metacriticには36件のレビューがあり、加重平均値は51/100となっている[6]。なお、本作のシネマスコアはA-となっている[7]

参考文献編集

  1. ^ THE INTERN (12A)”. British Board of Film Classification (2015年6月24日). 2015年12月4日閲覧。
  2. ^ a b c The Intern” (英語). Box Office Mojo. 2015年12月4日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 45頁
  4. ^ 'Hotel Transylvania 2' Boasts New September Opening Record”. 2015年12月6日閲覧。
  5. ^ The Intern (2015)”. 2015年12月6日閲覧。
  6. ^ The Intern”. 2015年12月6日閲覧。
  7. ^ ‘Hotel Transylvania 2’ At $48.5M Marks Record Opening For Adam Sandler; ‘Intern’ Slacks On Sunday – Monday Postmortem”. 2015年12月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集