マイ・ブックショップ

マイ・ブックショップ』(原題:The Bookshop)は、2017年制作のスペインドイツイギリス映画ペネロピ・フィッツジェラルド原作の小説The Bookshopの映画化。第32回ゴヤ賞3部門受賞(作品賞、監督賞、脚色賞)[7]

マイ・ブックショップ
The Bookshop
Goya a la mejor película 2018. La librería, de Isabel Coixet.jpg
監督 イザベル・コイシェ
脚本 イザベル・コイシェ
原作 ペネロピ・フィッツジェラルド
製作 クリス・カーリング
ナレーター ジュリー・クリスティ
出演者 エミリー・モーティマー
パトリシア・クラークソン
ビル・ナイ
音楽 アルフォンソ・ビラリョンガ
撮影 ジャン=クロード・ラリュー
配給 日本の旗 ココロヲ・動かす・映画社
公開 スペインの旗 2017年11月10日[1][2]
ドイツの旗 2018年5月18日
イギリスの旗 2018年6月29日
日本の旗 2019年3月予定[3]
上映時間 112分
製作国 スペインの旗 スペイン
イギリスの旗 イギリス
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 €3,400,000[4]
興行収入 スペインの旗 $3,407,269[5]
世界の旗 $10,430,592[6]
テンプレートを表示

ロケは、北アイルランドの町ポータフェリーにて行われ、書店内のセットはバルセロナで作られた[8]

あらすじ編集

1959年イギリスのある海岸沿いの小さな町に1軒の書店が開店した。開いたのは戦争で夫を亡くした女性フローレンスで、彼女は書店が1軒もないこの町に夫との夢だった書店を開業したのだ。しかし、その町は保守的で、女性の開業に対する地元住民たちの反応は冷淡だった。

ある日、フローレンスは40年以上も自宅に引きこもり、ただ本を読むだけの毎日を過ごす老紳士エドマンドと出会う。フローレンスは読書の情熱を共有するエドマンドとたちまち意気投合、彼の支持を受けて書店の経営を軌道に乗せようとする。だが、彼女をよく思わない地元の有力者夫人は彼女の書店をつぶそうと画策する。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ El País (2017年11月10日). “Así es ‘La librería’ de Isabel Coixet” (スペイン語). El País. PRISA. 2017年11月10日閲覧。
  2. ^ La librería: de libros y soledades” (スペイン語). El País. PRISA (2017年11月10日). 2017年11月10日閲覧。
  3. ^ “イサベル・コイシェ最新作『マイ・ブックショップ』2019年3月公開決定!”. シネマトゥデイ. (2018年12月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105379 2018年12月11日閲覧。 
  4. ^ The Bookshop (2017) - IMDb
  5. ^ The Bookshop (2018) - International Box Office Results - Box Office Mojo
  6. ^ The Bookshop (2018) - Box Office Mojo
  7. ^ “'The Bookshop' Tops Spain's Goya Awards”. The Hollywood Reporter. (2018年2月3日). https://www.hollywoodreporter.com/news/spains-goya-awards-bookshop-takes-top-honor-1081506 2018年12月11日閲覧。 
  8. ^ DVD収録のメイキング映像より

外部リンク編集