メインメニューを開く

マウリシオ・マクリ(Mauricio Macri、1959年2月8日 - )は、アルゼンチン政治家、第57代大統領

マウリシオ・マクリ
Mauricio Macri
Presidente Macri en el Sillon de Rivadavia (cropped).jpg

任期 2015年12月10日

出生 (1959-02-08) 1959年2月8日(60歳)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス州
政党 共和国の提案
配偶者 フリアナ・アワダ
署名 MacriSignature.png

目次

来歴編集

1959年ブエノスアイレス州タンディル生まれ[1]。父親は、イタリア移民の実業家のフランチェスコ・フランコ・マクリ[1]アルゼンチンカトリック大学で、土木工学を学ぶ[1]。父親の経営する『ソクマ』(Socma)グループの企業でアナリストとして働いた。

32歳の時に誘拐被害にあうが、身代金支払いの後に解放された[1]

1995年12月3日から2007年12月4日にかけてアルゼンチンのサッカーチームのボカ・ジュニアーズの会長を務めた。2008年2月27日にまたボカ・ジュニアーズの会長に復帰するも、同年6月2日に会長職を辞した。

2005年に、国会議員に当選。2007年に、国会議員の職を辞任した。

2007年、ブエノスアイレス市長に当選し、同年12月10日に就任する。2011年、ブエノスアイレス市長に再選された。

2015年、アルゼンチン大統領選挙に『共和国の提案』(Propuesta Republicana)の代表を務めるマクリは、経済の自由化や投資家重視の政策を訴え出馬した。急進市民同盟(Unión Cívica Radical)と市民連合(Coalición Cívica, CC)と共に統一戦線『変革』(Cambiemos)を結成する。10月25日の第一回目の投票では正義党のダニエル・シオリ候補に負けるものの、決選投票に勝って、11月23日に当選を果たした[2]

2015年12月10日よりアルゼンチン大統領に就任した[3]。中道右派政権とされる[3]

2016年11月4日アルゼンチン大豆輸出税率引き下げが延期された。リカルド・ブルジャレイ農産業大臣は10月3日、想定を上回る深刻な景気低迷で税収不足に陥ってる事を背景に、2017~19年における大豆の輸出税率を引き下げスケジュールを見直す方針を発表した。

2017年5月18日 - 20日、公式実務訪問賓客として日本国を訪問[4]。訪日の際に日本国政府より大勲位菊花大綬章を授けられた[5]

大統領職編集

基本的に、マクリは中道右派と報道されている。また、アルゼンチンにおいて、二大政党の正義党にも急進市民同盟にも属さないということ、そして実業家出身ということで、注目されている。なお、14年ぶりに与党となった急進市民同盟は、中道左派とされている。

国際金融資本と対立していた正義党クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル前政権と異なり、アメリカなどを中心とした国際金融資本との関係を重視する政策を開始した。2001年以来となる国外でのアルゼンチン国債発行を行って、米投資ファンドへの借金返済に充てると同時に国内では社会保障削減等の緊縮政策を推し進めるとしている[6]

また、フェルナンデス前政権で中国人民解放軍の管轄に置かれ[7]、秘密条項も入れた50年契約で敷地を借り上げてることから野党やアメリカなどから主権の譲渡や軍事利用を懸念[8][9][10]されていたパタゴニアネウケン州にある人工衛星追跡基地の深宇宙ステーションスペイン語版は民間利用目的に限定することで中国と合意して協定を修正した[11]

パナマ文書編集

2016年に公開されたパナマ文書に大統領本人名義によって租税回避タックスヘイブン)が行われていたことが記されており、アルゼンチン検察が捜査を開始した他、マクリの辞任を求めるデモなども起きている[12]

家族編集

2度の離婚歴があり、最初の妻との間に3子がある。2010年に結婚した3度目の妻フリアナとの間に、女児をもうけている。

マクリ・ガトースペイン語版編集

 
"Macri gato"の落書き。 Bolsillos Vacíos は直訳すると、空っぽのポケット という意味になる。

マクリ・ガトー (gatoはスペイン語で の意味)とは、政治家であり実業家であるマクリが2015年2019年の任期に大統領を務めることを選択した事を軽蔑する為に2009年にアルゼンチンで登場したマクリへの悪口である[13]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 毎日新聞2015年11月24日
  2. ^ アルゼンチン大統領選、右派野党マクリ氏が勝利 経済自由化訴え - ロイター
  3. ^ a b アルゼンチン大統領にマクリ氏就任 中道右派政権 - 日本経済新聞2015年12月11日
  4. ^ “アルゼンチン共和国大統領の訪日” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 外務省, (2017年4月5日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004538.html 2017年6月30日閲覧。 
  5. ^ 『官報』平成29年5月25日〈第7025号〉8頁
  6. ^ 五十嵐大介 (2016年4月14日). “アルゼンチン、国外で国債発行へ 01年の財政破綻以来”. 朝日新聞. 2016年4月18日閲覧。
  7. ^ “焦点:アルゼンチンの中国軍「宇宙基地」、民事利用は本当か”. AFPBB News (ロイター). (2019年2月4日). https://jp.reuters.com/article/china-space-station-idJPKCN1PT0AL 2019年2月22日閲覧。 
  8. ^ Template:Cita noticia
  9. ^ “From a Space Station in Argentina, China Expands Its Reach in Latin America”. ニューヨーク・タイムズ. (2018年7月28日). https://www.nytimes.com/2018/07/28/world/americas/china-latin-america.html 2018年8月17日閲覧。 
  10. ^ “中国の衛星追跡局、アルゼンチンに設置へ”. 人民網. (2015年2月27日). http://j.people.com.cn/n/2015/0227/c95952-8854669.html 2018年8月17日閲覧。 
  11. ^ Dinatale, Martín (28 de enero de 2018). «Tras la polémica por su eventual uso militar, la estación espacial de China en Neuquén ya empezó a funcionar». Infobae.
  12. ^ 田村剛 (2016年4月9日). “パナマ文書、アルゼンチン大統領を捜査へ 裁判所認める”. 朝日新聞. 2016年4月18日閲覧。
  13. ^ http://portenisima.com.ar/notadetalle.php?notaid=55

外部リンク編集