メインメニューを開く

マウリッツ・スティッレル(Mauritz Stiller, 1883年7月17日 - 1928年11月18日)は、脚本家映画監督ユダヤ教徒

マウリッツ・スティッレル
Mauritz Stiller
マウリッツ・スティッレル Mauritz Stiller
グレタ・ガルボと共に (1925)
本名 Moshe Stiller
生年月日 (1883-07-17) 1883年7月17日
没年月日 (1928-11-18) 1928年11月18日(45歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国
フィンランド大公国の旗 フィンランド大公国 ヘルシンキ
死没地  スウェーデン ストックホルム
国籍 ロシア帝国の旗 ロシア帝国
 スウェーデン
テンプレートを表示

目次

略歴編集

フィンランドヘルシンキに、ロシア及びポーランド系の両親のもと、モーシェ・スティッレル(Moshe Stiller)として生まれる。兵役を嫌いスウェーデンに移り、サイレント映画界に身を投じる。短編映画制作から始まり、1912年にはヴィクトル・シェストレム主演の"Thomas Graals bästa barn"が高い評価を受ける。1920年までには35本の映画を制作している。

また、ストックホルムの国立劇場で、グレタ・グスタフソンという若い女優に出会い、彼女にグレタ・ガルボという名前を与えて[1]イエスタ・ベルリングの伝説』に起用した。以来、彼女のよき助言者となっただけでなく、1925年ハリウッドに招かれメトロ・ゴールドウィン・メイヤーと契約した際には強引な売り込みで彼女とも契約させた(当時のガルボに対してハリウッドは「太っていて不細工だ」などと批判的であった[2])。

しかし、ハリウッドに移ったものの、そのシステムに馴染めず、ガルボ主演の映画『明眸罪あり』(1926年)の撮影中に契約破棄となる[3]。その後、すぐにFamous Players-Lasky Corporation(パラマウント映画の前身)と契約し、数本の映画を成功させるが、再びスタジオと衝突して1927年にスウェーデンに戻った。スティッレルは翌年に胸膜炎で亡くなったが、その功績が認められ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに彼の星がある。

ガルボとの恋愛関係を疑われたこともあったが、ゲイであったと言われている[2][4]

監督作品リスト編集

脚注編集

  1. ^ Philip French's screen legends: Greta Garbo - ガーディアン 2009年3月15日
  2. ^ a b ハイビジョン特集「ガルボの恋文~坂東玉三郎 ストックホルム幻想~」(NHK BSプレミアム 2011年7月23日放送)より。
  3. ^ 明眸罪あり』の監督はフレッド・ニブロが引き継いだ。
  4. ^ Die Göttliche. Greta Garbo Frederick Sands, Sven Broman, Blanvalet Verlag, 1979

外部リンク編集