マエストラーレ級駆逐艦

マエストラーレ級駆逐艦
タラントでの「リベッチオ」
艦級概観
艦種 駆逐艦
就役開始 1934年
退役完了 1964年(グレカーレ)
前級 ダルド級駆逐艦 第二グループ
次級 アルフレード・オリアーニ級駆逐艦
性能諸元
排水量 基準排水量 1,417トン
常備排水量 2,025トン
満載排水量 2,235トン
全長 106.7m
全幅 10.3m
吃水 4.1m
機関 ギアードタービン3缶2基 2軸推進 45,000hp
速力 38ノット
航続距離 4,000海里(12ノット)
乗員 168人
兵装 120mm連装砲 2基4門
40mm機関砲 2門
13mm機銃 6基
3連装533mm魚雷発射管 2基
爆雷または機雷 56発
表記
日本語 マエストラーレ級駆逐艦
ヴェンティ級駆逐艦
イタリア語 Cacciatorpediniere Classe Maestrale
Cacciatorpediniere Classe Venti
英語 Maestrale Class Destroyer
Venti Classe Destroyer

マエストラーレ級駆逐艦(マエストラーレきゅうくちくかんCacciatorpediniere Classe Maestrale、Maestrale Class Destroyer)は、イタリア王立海軍駆逐艦。4隻が建造された。艦名は全て風に由来しており、これによりヴェンティ級駆逐艦Classe Venti)とも呼ばれる。

艦型編集

復原性が不足していたダルド級駆逐艦の改良型であり、船体が一回り拡大されている。排水量も増した一方で出力は強化されてないが、前級に比べ船体が約10m延長されたことにより高速力は維持されていた[1]。また、主砲は新型である「OTO社製 50口径 Model1931 12cm連装砲」を搭載しており、軽量化が施されたが強度は低下していた[2]

各部の余裕が生まれるなどした為、その基本設計は後のアルフレード・オリアーニ級ソルダティ級へと受け継がれた[1][2]

就役後の改装編集

 
1942年のマエストラーレのイラスト。120mm砲が増設されている。

竣工後は防空能力を強化するため、40mm及び13.2mm機銃を撤去し20mm単装機銃6門へと換装を行った[2]第二次世界大戦中においてはマエストラーレがレーダー未装備を補うために装備していた星弾用の15口径12cm榴弾砲を撤去して、「アンサルド社製 50口径 12cm単装砲」と換装した。他にも対空砲増備としてグレカーレとマエストラーレが後部魚雷発射管を撤去して37mm単装機関砲を2門装備し、20mm機銃も単装・連装合わせて12門程度を装備した[2]

艦歴編集

イタリアが第二次世界大戦に参加した際においては第10駆逐艦戦隊を編成しており、アルベルト・ディ・ジュッサーノ級軽巡洋艦バルトロメオ・コレオーニジョヴァンニ・デレ・バンデ・ネーレ2隻からなる第2戦隊に付属してシチリア島に居た。カラブリア沖海戦マタパン岬沖海戦等主力部隊とともに参加していたが、合わせて船団護衛や機雷敷設にも携わった。1940年8月にイギリス海軍駆逐艦ホスタイルボン岬にて触雷して沈没したが、この機雷敷設を行ったのはマエストラーレ級とされる[2]。1941年11月9日にリベッチオがイギリス海軍潜水艦アップホルダーの雷撃により撃沈され、1942年3月23日には第2次シルテ湾海戦の後の悪天候でシロッコが沈没している。1943年1月9日の触雷により修復中のマエストラーレは、連合軍との停戦成立により1943年9月9日にジェノヴァで自沈した。

グレカーレだけ大戦を生き延び2度の近代化改装が施された。その後グレカーレは1960年には指揮艦として改装されたが、1964年に退役している。

同型艦編集

脚注編集

参考文献編集

  • 世界の艦船『『世界の艦船』増刊第20集 第2次大戦のイタリア軍艦』海人社、1986年8月。ISBN 4-905551-25-0
  • M.J.ホイットレー『第二次大戦駆逐艦総覧』岩重多四郎(訳)、大日本絵画、2000年。ISBN 4-499-22710-0

関連項目編集

外部リンク編集