マオリ・オールブラックス

ニュージーランドの先住民族マオリ族代表のラグビーチーム

マオリ・オールブラックスは、ニュージーランドの先住民族マオリ代表のラグビーユニオンのチーム。

マオリ・オールブラックス
ユニオン ニュージーランドラグビー協会
愛称 New Zealand Māori
エンブレム シルバー・ファーン
コーチ ニュージーランドの旗 コリン・クーパー
主将 ニュージーランドの旗 チャーリー・ナタイ
チームカラー
初試合
ニュージーランドの旗 Rut Hawke's Bay 0–5 ニュージーランドネイティブス' Tino Rangatiratanga Maori sovereignty movement flag.svg
(23 June 1888)
最大差勝利試合

ブリティッシュコロンビア州の旗 ブリティッシュコロンビア 3–111 ニュージーランド・マオリ Tino Rangatiratanga Maori sovereignty movement flag.svg
(9 June 2004)
最大差勝利テストマッチ

 アメリカ合衆国 6–74 ニュージーランド・マオリ Tino Rangatiratanga Maori sovereignty movement flag.svg
(7 June 2006)
最大差敗戦試合
Tino Rangatiratanga Maori sovereignty movement flag.svg ニュージーランド・マオリ 0–37 南アフリカ共和国 
(25 August 1956)
最大差敗戦テストマッチ
Tino Rangatiratanga Maori sovereignty movement flag.svg ニュージーランド・マオリ 0–37 南アフリカ共和国 
(25 August 1956)
公式サイト
www.allblacks.com
テンプレートを表示
 アメリカ合衆国戦でのハカ(2013年11月9日)

概要編集

ニュージーランド・マオリとしての初結成は1910年、その前身であるニュージーランドネイティブスは1888年までさかのぼる。2012年6月1日付けで公式にマオリ・オールブラックスと名付けられた。

選手はニュージーランドの先住民族であるマオリであることが条件であり、ニュージーランド代表(オールブラックス)と同様に選ばれることは名誉なこととされる。オールブラックスの黒いジャージ、エンブレムのシルバーファーンなど、オールブラックスのルーツはニュージーランド・マオリにある。 高祖父など血筋をさかのぼって少しでもマオリ族の血を受け継いでいればよいので、一見するとマオリに見えない(風貌は白人の)選手も多くみられる。

遠征に来たナショナルチームがオールブラックスとテストマッチを行うときの前哨戦として、ニュージーランド・マオリとの試合を組むことが多い。

オールブラックスと同様に、国際試合の前には伝統舞踊であるハカを行なうが、オールブラックスとは異なるニュージーランド・マオリ独自のハカ「ティマタンガ (Timatanga)」をもつ。

2008年にはパシフィック・ネーションズカップに参加した。

2005年にブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズに勝利するなど、2003年から各国代表に対し19連勝中である。この間、2008年と2014年に日本代表には3勝している。

主な代表選手編集

関連項目編集