マオリの主要な6柱の神々を表す木製のスティック。左から戦神トゥ・マタウエンガ英語版、天候神ターウィリマーテア英語版、森と鳥の神タネ、偉大なる海神タンガロア、農耕神ロンゴ、野生種の食べ物の神ハウミア

マオリ神話(Māori mythology)は、ポリネシア神話の中でもニュージーランドマオリ族において語り継がれる神話。マオリ社会の儀式・信仰・世界感は、結局は故郷のポリネシアの神話(ポリネシア神話)を基に、新たな環境で変化したものである[1]

概要編集

クマラの植え付けと栽培における重要な儀礼などで語られる[2]。天空の父ランギ、母パパなどを祭り、創造主イオが神々の階層の最上位に位置する。マオリの伝説では祖先たちが航海に用いたカヌーが重要な役割を果たす。森の神タネが天と地を引き離し、タネの娘であり妻でもあるヒネ・ヌイ・テ・ポが夜と死の女神になった。

関連項目編集

en:List of Māori deities - マオリの神々の一覧

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Biggs 1966:448
  2. ^ ロズリン・ポイニャント『オセアニア神話 』(青土社、1993年)p.108 ISBN 978-4-791-75251-5

参考文献編集

  • E. Best, Tuhoe, the Children of the Mist, fourth edition. 2 Volumes. First published 1925. (Reed: Auckland), 1996.
  • B.G. Biggs, 'Maori Myths and Traditions' in A.H. McLintock (editor), Encyclopaedia of New Zealand, 3 Volumes. (Government Printer: Wellington), 1966, II:447-454.
  • G. Grey, Polynesian Mythology, Illustrated edition, reprinted 1976. (Whitcombe and Tombs: Christchurch), 1956.
  • G. Grey, Nga Mahi a Nga Tupuna, fourth edition. First published 1854. (Reed: Wellington), 1971.
  • T. R. Hiroa (Sir Peter Buck), The Coming of the Maori. Second Edition. First Published 1949. Wellington: Whitcombe and Tombs. 1974.
  • C. Tremewan, Traditional Stories from Southern New Zealand: He Kōrero nō Te Wai Pounamu (Macmillan Brown Centre for Pacific Studies: Christchurch), 2002.
  • John White, The Ancient History of the Maori, 6 Volumes (Government Printer: Wellington), 1887-1891.