マカオ航空

マカオの航空会社

マカオ航空(マカオこうくう)は、マカオ航空会社である。エア・マカオとも言う。

マカオ航空
Air Macau / 澳門航空
Air Macau textlogo.svg
IATA
NX
ICAO
AMU
コールサイン
AIR MACAU
法人番号 1700150004588 ウィキデータを編集
設立 1994年9月13日
ハブ空港 マカオ国際空港
マイレージサービス 鳳凰知音(フェニックスマイル)
会員ラウンジ マカオ航空ラウンジ(CIP Lounge)
航空連合 未加盟
保有機材数 21機
就航地 24都市
本拠地 マカオの旗 マカオ
代表者 陳洪(代表取締役会長)
外部リンク http://www.airmacau.com.mo
テンプレートを表示
マカオ航空
各種表記
繁体字 澳門航空
簡体字 澳门航空
拼音 Àomén Hángkōng
広東語発音: Ou3 mun4 hong4 hung1
英文 Air Macau
テンプレートを表示
機内食

概要編集

マカオ国際空港1995年に開港するのを見越して、中航興業と宗主国のポルトガルフラッグ・キャリアTAP ポルトガル航空とマカオ総督府(マカオの中華人民共和国返還後は特別行政区政府)、中航興業が出資して1994年9月13日に設立され、開港後の1995年11月9日から就航開始した。

長らくマカオのフラッグ・キャリアとして運航を続けてきたが、格安航空会社ビバ・マカオ(後に倒産)が新規参入すると、これに対抗する目的でマカオ航空が51%を出資してマカオ・アジア・エクスプレスを設立した(運航を開始することなく後に清算)。

2007年7月大阪/関西線開設を機に、日本人客室乗務員の採用も開始。2010年3月東京/成田への定期便が就航した。2016年3月28日には福岡へ就航した[1]

アジア圏内のみに就航しており、長距離路線には就航していない。またアライアンスには加盟していない。しかし2010年7月1日には、TAPポルトガル航空や中国国際航空も加盟しているスターアライアンス加盟航空会社である全日本空輸が運航する関西国際空港発着の日本国内線に、自社便名を付与するコードシェア提携を開始、同時に自社便も全日本空輸便名が付与されるコードシェア便となった。同時に、全日本空輸とお互いの便を利用時に自社のマイルを積算できるようになった[2]

保有機材編集

マカオ航空の保有機材 (2022年現在[3][4])
機材 保有数 発注数 座席数 備考
C Y
エアバスA320-232型機 6 - 8 150 158 B-MCF、MCHシャークレット型
B-MCI:Macao Creative City of Gastronomy「Cidade de Macau」特別塗装[5]
エアバスA320-271neo型機 4 - 8 150 158
エアバスA321-231型機 7 - 24 155 179 B-MBA、MBBウィングチップ型
B-MBM:Macau Welcomes You「PROSPEROUS」特別塗装[6]
1 - 12 170 182
エアバスA321-200neo型機 4 - 12 186 198
22 0
 
エアバスA321-100


退役済機材編集

就航都市編集

マカオ航空 就航都市(2019年現在[7]
国/地域 都市 空港 備考
東アジア
  マカオ マカオ マカオ国際空港 メインハブ
  中国 北京 北京首都国際空港
北京大興国際空港
上海 上海虹橋国際空港
上海浦東国際空港
天津 天津浜海国際空港
重慶 重慶江北国際空港
成都 成都双流国際空港
瀋陽 瀋陽桃仙国際空港
杭州 杭州蕭山国際空港
合肥 合肥駱崗国際空港
寧波 寧波櫟社国際空港
太原 太原武宿国際空港
南京 南京禄口国際空港
南寧 南寧呉圩国際空港
廈門 廈門高崎国際空港
鄭州 鄭州新鄭国際空港 [8]
貴陽 貴陽龍洞堡国際空港 [9]
  台湾 台北 台湾桃園国際空港
高雄 高雄国際空港
  日本 東京 成田国際空港
大阪 関西国際空港
福岡 福岡空港 [1]
  韓国 ソウル 仁川国際空港
東南アジア
  タイ バンコク スワンナプーム国際空港
  ベトナム ハノイ ノイバイ国際空港
ダナン ダナン国際空港
休・廃止路線

提携航空会社編集

コードシェア便提携先航空会社編集

マイレージサービス提携航空会社編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集