メインメニューを開く

マカヒキハワイ語: Makahiki)はハワイ先住民新年で、それから4か月間の収穫を祝い、休息の期間である。

ハワイの新年編集

ハワイの新年はマカリイ(Makali`i;Makaは「小さな」、li‵iは「目」)、すなわちプレアデス星団すばる)が日没後すぐに水平線に上る時期の最初の新月で、それから4か月を収穫と休息の時期としていたもの。[1] この時期は現在では11月末に当たり、天球地球歳差などにより移動して見えるので、1000年前は11月最初の週で、2000年前には10月20日ごろであった。 [2]

「ロノ」の神の季節編集

ハワイ神話では4大神のうち、常時はクーが優勢であるが、マカヒキの期間はロノが優勢で、ロノを祭るヘイアウ(聖所)では白い布(Kapa)を垂らして盛大に祝う。この期間、クーを祭るヘイアウには高い棒の上に白い布をつけて、いまはロノの期間であることを示す。[3]

キャプテン・クックのハワイ発見編集

キャプテン・クックが1778年ヨーロッパ人として初めてハワイ諸島を発見した時は、ちょうどマカヒキの季節にあたり、彼が寄ったケアラケクア湾(Kealakekua Bay)にはロノを祭るヘイアウがあったので、白い帆を付けた彼の船はロノの来航と間違えられて、最初は大歓迎されたことは有名である。

新年のあいさつ編集

ハワイ人の「新年、おめでとう」は「ハウオリ マカヒキ ホウ 」という。ハウオリは「喜ばしい」、ホウは「新しい」の意味。 [4]

脚注編集

  1. ^ 第3回 Makahiki(マカヒキ)
  2. ^ E.H. Bryan, Jr., "Stars Over Hawai'i" (1995; 2002; Petroglyph Press, 2015), Chapter 8 "Hawaiian Astronomy"
  3. ^ Makahiki - Codes of Regeneration (Ke Ola)
  4. ^ ハウオリ マカヒキ ホウ 【Hauoli Makahiki Hou】(ハワイ辞典)

参照項目編集