マカルー(Makalu, ネパール語: मकालु)は、ヒマラヤ山脈にあるエベレストの東方約22 kmに位置し、標高は8,481 mで世界第5位。ネパールチベットにまたがり、マカルー・バルン国立公園Makalu Barun National Park)内にある。その山頂は四角錐状になっており、狭い鞍部を挟んだ北側には別の頂であるチョモロンゾ(7,818 m)がある。

マカルー
マカルー
標高 8,481[1] m
所在地 ネパールの旗 ネパールコシ県サンクワサバ郡
中華人民共和国の旗 中国チベット自治区ティンリ県
位置 北緯27度53分 東経87度05分座標: 北緯27度53分 東経87度05分
山系 ヒマラヤ山脈
初登頂 1955年5月15日 フランスの旗 フランス
マカルーの位置(ネパール内)
マカルー
マカルー
マカルーの位置(チベット自治区内)
マカルー
マカルー
マカルーの位置(アジア内)
マカルー
マカルー
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

登頂史編集

マカルーは、急な斜面や切り立った峰などから、世界でも屈指の登りづらい山として知られている。特に西壁は、デスゾーン手前から山頂付近まで部分的にオーバーハングした垂直の岩壁が続くという難しいルートのため、イェジ・ククチカ山野井泰史ヴォイテク・クルティカマルコ・プレゼリスティーブ・ハウスといった一流クライマーの挑戦を退け続け、核心部は未踏となっている[注 1]ことから「ヒマラヤ最大の課題」とまでいわれている。

関連文献編集

  • ジャン・フランコ(著)、近藤等(訳)『マカルー:全員登頂』白水社、1956年。
  • リオネル・テレイ(著)、横川文雄、大森久雄(訳)『無償の征服者』二見書房、1966年。
  • 日本山岳会東海支部マカルー学術遠征隊(編)『遥かなる未踏の尾根:マカルー1970年』茗渓堂、1972年。
  • ロベール・パラゴ、ヤニック・セニュール(著)、小野尚俊(訳)『マカルー西稜』山と渓谷社、1975年。
  • 谷口ジロー遠崎史朗(原作)『K (漫画)双葉社、1993年7月。ISBN 4575933384
  • 『名作写真館 1巻 白川義員(1)「世界百名山」』小学館〈小学館アーカイヴスベスト・ライブラリー〉、2006年2月、20頁。ISBN 4091054013

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1997年にロシア隊が登頂しているが、核心部を回避している。

出典編集

  1. ^ Makalu” (英語). SummitPost. 2011年10月19日閲覧。

関連項目編集