マクシミリアン・オイゲン・フォン・エスターライヒ

マクシミリアン・オイゲン・フォン・エスターライヒMaximilian Eugen von Österreich, 1895年4月13日 - 1952年1月19日)は、オーストリア=ハンガリー(二重帝国)の帝室の一員。最後のオーストリア皇帝カール1世の弟。全名はマクシミリアン・オイゲン・ルートヴィヒ・フリードリヒ・フィリップ・イグナティウス・ヨーゼフ・マリア(Maximilian Eugen Ludwig Friedrich Philipp Ignatius Joseph Maria von Österreich)。

マクシミリアン・オイゲン・フォン・エスターライヒ
Maximilian Eugen von Österreich
Archduke Maximilian Eugen of Austria.jpg

全名 Maximilian Eugen Ludwig Friedrich philipp lgnatius joseph Maria
マクシミリアン・オイゲン・ルートヴィヒ・フリードリヒ・フィリップ・イグナティウス・ヨーゼフ・マリア
称号 オーストリア大公
出生 (1895-04-13) 1895年4月13日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
死去 (1952-01-19) 1952年1月19日(56歳没)
フランスの旗 フランスニース
配偶者 フランツィスカ・ツー・ホーエンローエ=シリングスフュルスト
子女 フェルディナント
ハインリヒ
家名 ハプスブルク=ロートリンゲン家
父親 オットー大公
母親 マリア・ヨーゼファ・フォン・ザクセン
テンプレートを表示

生涯編集

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の甥にあたるオットー大公と、その妻でザクセン王ゲオルクの娘であるマリア・ヨーゼファ大公妃の間の次男として生まれた。

1917年11月29日、マクシミリアン・オイゲンはウィーン郊外のラクセンブルクにおいて、ツィスライタニエン首相を務めたホーエンローエ=ヴァルデンブルク=シリングスフュルスト侯子コンラートの娘フランツィスカ(1897年 - 1989年)と結婚した。夫妻は間に息子を2人もうけた。

  • フェルディナント・カール・マックス・フランツ・オットー・コンラート・マリア・ヨーゼフ・イグナティウス・ニコラス(1918年 - 2004年) - 1956年、テーリンク=イェッテンバッハ伯爵令嬢ヘレーネ(ギリシャ王女エリサヴェトの娘)と結婚
  • ハインリヒ・カール・マリア(1925年 - 2014年) - キーブルク伯、1961年にガレン伯爵夫人ルドミラと結婚