マクシミリアン・クルツヴァイル

マクシミリアン・クルツヴァイル(Maximilian Kurzweil、1867年10月12日 - 1916年5月9日) はオーストリアの画家、アール・ヌーボー様式のイラストレーターである。

マクシミリアン・クルツヴァイル
Maximilian Kurzweil
Max Kurzweil.jpg
生誕1867年10月12日
Bisenz, Mähren
死没1916年5月9日
オーストリア,ウィーン

略歴編集

現在のチェコ南モラヴィア州のブゼネツの実業家の家に生まれた。1879年に家族とウィーンに移った。1886年からウィーン美術アカデミークリスティアン・グリーペンケールレオポルト・カール・ミュラーなどに学んだ。その後パリに移りアカデミー・ジュリアンでも学び、1894年にパリの展覧会に出展し、1895年にフランスの女性と結婚した。1895年にウィーンのキュンストラーハウス(Künstlerhaus)で開かれた展覧会に参加し入賞した。1897年に結成された「ウィーン分離派」の設立メンバーになり、分離派の機関誌「ヴェール・サクルム」(Ver sacrum)の刊行に貢献したが1903年に退会した。1905年にドイツ画家協会(Deutscher Künstlerbund)の賞、Villa Romana-Preisを受賞した。

1909年から女性のための絵画教室の教師を務めた。1916年に教え子で愛人となった女性と自殺したとされる[1]

作品編集

脚注編集

  1. ^ Hans Ries: Kurzweil, Max. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 13, Duncker & Humblot, Berlin 1982, ISBN 3-428-00194-X, S. 339 (電子テキスト版).

参考文献編集

  • Fritz Novotny, Hubert Adolph: Max Kurzweil. Ein Maler der Wiener Sezession. Jugend & Volk, Wien 1969
  • Hans Ries: Kurzweil, Max. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 13, Duncker & Humblot, Berlin 1982, ISBN 3-428-00194-X, S. 339 (Digitalisat).
  • Adolph–Paburg: Kurzweil Max(imilian). In: Österreichisches Biographisches Lexikon 1815–1950 (ÖBL). Band 4, Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, Wien 1969, S. 369 f. (Direktlinks auf S. 369, S. 370).
  • Max Kurzweil 1867-1916. Ausstellungskatalog. Österreichische Galerie, Wien 1965