マクシミリアン・フランツ・フォン・エスターライヒ

マクシミリアン・フランツ・フォン・エスターライヒ(またはハプスブルク=ロートリンゲン)(Maximilian Franz von Österreich(Habsburg-Lothringen), 1756年12月8日 - 1801年7月26日)は、神聖ローマ皇帝フランツ1世オーストリア大公マリア・テレジアの五男。ケルン大司教選帝侯(在位:1784年 - 1801年)。全名はマクシミリアン・フランツ・クサーヴァ・ヨーゼフ・ヨハン・アントン・デ・パウラ・ヴェンツェルMaximilian Franz Xaver Joseph Johann Anton de Paula Wenzel)。

マクシミリアン・フランツ・フォン・エスターライヒ
Maximilian Franz von Österreich
Marie Antoinette Adult7.jpg
姉のマリー・アントワネットとその夫であるルイ16世を訪問するマクシミリアン・フランツ。ヨーゼフ・ハウツィンガー筆、ウィーン美術史美術館所蔵

出生 1756年12月8日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリアの旗 オーストリア大公国ウィーン
死去 (1801-07-26) 1801年7月26日(44歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリアの旗 オーストリア大公国ウィーン
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリアの旗 オーストリア大公国ウィーンカプツィーナー納骨堂
家名 ハプスブルク=ロートリンゲン家
父親 フランツ1世
母親 マリア・テレジア
役職 ドイツ騎士団総長
ケルン大司教
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

概要編集

1756年12月8日、マクシミリアン・フランツはマリア・テレジアとフランツ1世の間に第16子としてウィーンに生まれた。聖職者としての道を歩み、1780年に叔父カール・アレクサンダーの後を嗣いでドイツ騎士団総長に、1784年4月15日、28歳の時にはケルン大司教となった。また選帝権を行使した最後のケルン大司教であった。そして、1785年にはボン・アカデミーを大学の地位に昇格させている[1]

マクシミリアン・フランツは1770年代ザルツブルクを訪問した際、モーツァルトの祝祭劇『羊飼いの王様』を鑑賞し、その際にモーツァルトのピアノ演奏を聴いていた[2]。それ以降1781年に再会し、選帝侯就任の1年後にはモーツァルトを楽長の地位に就かせようとしている[2]。結局これは失敗したが、このこともあってか、その後にベートーヴェンボンでの最大の後援者となっている[3]

1788年にはボンに国民劇場を創設し、ヨーゼフ・ライヒャを劇場の監督として任命した[4]。 この劇場ではドイツ演劇・オペラを上演し、更にサリエリチマローザのオペラ、モーツァルトフィガロの結婚ドン・ジョヴァンニなどを上演した[4]1790年のクリスマスには、イギリスに行く途中で当時絶頂期だったハイドンと興行主ザーロモンがボンに立ち寄り、フランツは彼らを丁重に歓迎している[5]

1789年に始まったフランス革命の際、フランツは惨事を免れるために中立の立場を取っていたが、1792年10月にマインツが陥落したため、その後急いでミュンスターに移った[6]。その地に1793年4月まで留まり、最終的に1794年10月にはボンを離れた[6]

1801年7月26日、フランツはウィーンで死去した。遺骨はウィーン・カプツィーナー教会皇帝納骨所(カイザーグルフト)に収められている。

人物編集

マクシミリアン・フランツの性格について、あるイギリス人の訪問者が1780年代に次のように述べている[7]

「のんびりとして、温厚で、ものぐさで、人懐こい男(中略)大変陽気で愛想が良く(中略)穏やかで感じが良く、人生すべてを婦人たちと一緒に過ごすことに費やし、それが聖務日課書より好きな男。」[7]

また、マクシミリアン・フランツは「ふとっちょのマクシィ」というあだ名を庶民につけられていた。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

参考文献編集

  • ルイス・ロックウッド 『ベートーヴェン 音楽と生涯』土本英三郎・藤本一子[監訳]、沼口隆・堀朋平[訳]、春秋社、2010年11月30日。ISBN 978-4-393-93170-7 


先代
マクシミリアン・フリードリヒ・フォン・ケーニヒゼック=ローテンフェルス
ケルン大司教(選帝侯)
1784年 - 1801年
次代
フェルディナント・アウグスト・フォン・シュピーゲル
先代
カール・アレクサンダー・フォン・ロートリンゲン
ドイツ騎士団総長
1780年 - 1801年
次代
カール・フォン・エスターライヒ=テシェン