マクシム・ショスタコーヴィチ

マクシム・ドミトリエヴィチ・ショスタコーヴィチ: Максим Дмитриевич Шостакович / Maxim Dmitrievich Shostakovich, 1938年5月10日 - )は、ロシア出身の指揮者ピアニスト。当初ピアニストとして、次いで指揮者として活動を始め、父親の交響曲第15番の初演(1972)を指揮。その後も無名のものも含めた父の作を多く取り上げている。

マクシム・ドミトリエヴィチ・ショスタコーヴィチ
Maxim Shostakovich 1967.jpg
マクシム・ショスタコーヴィチ, 1967
基本情報
生誕 (1938-05-10) 1938年5月10日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の国旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国レニングラード
学歴 モスクワ音楽院レニングラード音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト指揮者
担当楽器 ピアノ

経歴編集

1938年、レニングラード生まれ。ピアノをモスクワ音楽院レニングラード音楽院( ヤコフ・フリエールのクラス)で学ぶ。音楽院において指揮に興味を持つようになり、初めはニコライ・ラビノヴィチアレクサンドル・ガウクについて学び、後にゲンナジー・ロジェストヴェンスキーの下で学ぶ。 卒業後、ソビエト放送交響楽団の首席指揮者に就任した。1981年アメリカ合衆国に脱出した。ニューオーリンズ交響楽団香港フィルハーモニー管弦楽団サンクトペテルブルク交響楽団などを指揮している。父の作品の録音が多いが、ラフマニノフも得意としている。父のピアノ協奏曲第2番は、マクシムのために作曲され、彼の独奏によって初演された。

録音は、メロディアやコリンズ、スプラフォンなどのレーベルから出ている。特に父の交響曲第15番や、バレエ組曲「黄金時代」、「ボルト」、その他映画音楽の録音(メロディア)は評価が高い。スプラフォンからは、プラハ交響楽団を指揮したショスタコーヴィチ交響曲全集がリリースされている。

また、「2台のピアノのためのコンチェルティーノ」を父と共演した録音も残されている。

家族編集

脚注編集