マクタン・セブ国際空港

フィリピン中部の中部ビサヤ地方セブ州マクタン島中央部ラプ=ラプ市にある国際空港

マクタン・セブ国際空港(マクタン・セブこくさいくうこう、英語: Mactan-Cebu International Airportセブアノ語: Tugpahanang Pangkalibutan sa Mactan–Sugboフィリピノ語: Paliparang Pandaigdig ng Mactan–Cebu、略称: MCIA)は、フィリピン中部の中部ビサヤ地方セブ州マクタン島中央部ラプ=ラプ市にある国際空港セブパシフィック航空パンパシフィック航空ロイヤルエアチャーターサービスハブ空港としている。

マクタン・セブ国際空港
Mactan-Cebu International Airport
Mactan Cebu Inter Airport logo.svg
Mactan Cebu International Airport.jpg
IATA: CEB - ICAO: RPVM
概要
国・地域 フィリピンの旗 フィリピン
所在地 セブ州ラプ=ラプ市
母都市 セブ
種類 軍民共用
所有者 マクタン・セブ国際空港公社(MCIAA)
運営者 GMRメガワイド・セブ航空会社(GMCAC)
開設 1956年
ターミナル 2
拠点航空会社 セブパシフィック航空パンパシフィック航空ロイヤルエアチャーターサービス
敷地面積 797 ha
標高 9 m (31 ft)
座標 北緯10度18分27秒 東経123度58分45秒 / 北緯10.30750度 東経123.97917度 / 10.30750; 123.97917座標: 北緯10度18分27秒 東経123度58分45秒 / 北緯10.30750度 東経123.97917度 / 10.30750; 123.97917
公式サイト http://www.mciaa.gov.ph/
地図
マクタン・セブ国際空港の位置
マクタン・セブ国際空港の位置
CEB/RPVM
マクタン・セブ国際空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
04/22 YES 3,300×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
第2ターミナルを訪れるロドリゴ・ドゥテルテ大統領一行
マクタン・ベニト・エブエン空軍基地

概要編集

フィリピンではマニラ首都圏に次ぐ2番目の規模の都市圏であるメトロ・セブの空の玄関となっている。空港は、メトロ・セブの中心地セブ市があるセブ島に隣接したマクタン島に位置しており、セブ島へは連絡橋によってアクセス可能である。また、首都マニラニノイ・アキノ国際空港に次ぐ、フィリピン第2の国際空港でもあり、年間の旅客者数は約300万人から400万人に上る[1]

797ヘクタールの敷地には、3,300メートル(10,800フィート)の滑走路が1つある。元々は、アメリカ空軍のマクタン空軍基地として知られており、米軍撤退後はフィリピン空軍マクタン・ベニト・エブエン空軍基地(Mactan-Benito Ebuen Air Base)としても使用され、軍民共用空港として滑走路を共有している。

歴史編集

滑走路は、1956年にアメリカ空軍によって戦略航空軍団の爆撃機の緊急空港として建設され、マクタン空軍基地として知られていた[2]。1960年代のベトナム戦争で米空軍のC-130ユニットの基地となるまで、質素な基地であった[2]

1960年代半ば、安全性などの観点でこれ以上拡張できなくなったセブ市内の旧ラホグ空港(現、セブITパーク)に代わる空港の開港が計画された際、マクタン基地の利用が提案され、ラプ=ラプ市に現在のマクタン・セブ国際空港が開港することとなった。

2008年8月20日、マクタン・セブ国際空港当局(MCIAA)は、旅客数の増加に対応するためのターミナル拡張計画に約3億ペソを投じると発表した。MCIAAの前総支配人のダニーロ・アウグスト・フランシアは、この計画にはマクタン・セブ国際空港内に第2旅客ターミナルを設置することも含まれていることを公表した。 2009年、フランシアは国際線のみを運航する新ターミナル建設の一般入札を行うことを発表した。

2010年、新たに選出されたベニグノ・アキノ3世大統領は、空港の新総支配人兼MCIAAの最高経営責任者(CEO)に、前セブ市都市計画開発コーディネーターのナイジェル・ポール・ヴィラレテを選出した。ヴィラレテは、ターミナル拡張と未完成であった管理棟の完成を優先する体制をとった。

2013年11月、フィリピン史上最大級となる巨大台風ハイエン(ヨランダ)が上陸した。空港は、台風によって最も被害を受けたレイテ州サマール島と同じビサヤ諸島に位置しており、台風通過後、東ビサヤ地方の空港が使用不能だった間、当空港は救援活動のための航空業務の中心地として使用された。

2013年11月12日、クロアチアのエネルギー会社コンサール英語版からルソン島バタンガスにあるファースト・ジェン・コーポレーションの発電所に180トンの交換用変圧器を納入するため、世界最長で最重量級の航空機An-225 ムリーヤがクロアチアのザグレブ国際空港からマクタン・セブ国際空港に着陸した。これは、ルソン島のクラーク国際空港ニノイ・アキノ国際空港スービック・ベイ国際空港がいずれも同機の着陸を拒否したため、ファースト・ジェンの関係者がマクタン・セブ国際空港のヴィラレテ総支配人に、空港使用の許可をするように打診したことによる[3]。ファースト・ジェンのフランシス・ジャイルズ・プノ社長によると、マクタン・セブ国際空港は同機の所有者のアントノフ航空から「空港、往路の陸上輸送、海上輸送の組み合わせを検討した結果、最も実行可能な選択肢として検査を受けた。」とされていた[4]

2014年4月23日、フィリピン運輸通信省はマクタン・セブ国際空港の運営・維持管理をメガワイド建設公社ベンガルールに拠点を置くGMRインフラストラクチャーコンソーシアム「GMRメガワイド・セブ航空会社」(GMCAC)に落札した。コンソーシアムの落札金額は、17.5億ペソ。2014年11月1日、空港はGMCACに空港の運営・維持管理を引き渡した。2016年序盤には、空港とGMCACが第1ターミナルの改修、拡張を開始した。新ターミナルビルの設計は、インテグレイテッド・デザイン委員会(IDA)が行った。 2018年1月25日、GMCACのアンドリュー・アクアハリソンCEOは、新ターミナルビルの名前が「第2ターミナル」(Terminal 2)になることを発表した。

2015年7月29日、アキノ3世大統領は、新ターミナル建設による空港拡張を進めるため、フィリピン空軍基地の施設があった隣接する用地に建設を進めるよう提言した。

2017年5月22日、空港公社は2本目の滑走路の建設を承認する決議に合意した。 滑走路の建設は、セブ選出の国会議員(当時)のラウル・デル・マルによって、GMCACから与えられた144億ペソの保険料から調達した49億ペソを使用して資金をすることになった。

2018年6月7日、第2ターミナルはロドリゴ・ドゥテルテ大統領によって落成された。7月1日、新しいターミナル(第2ターミナル)が国際線専用としてオープンし、従来のターミナル(第1ターミナル)は国内線専用となった[5]。8月27日、ドゥテルテ大統領は、1521年のマクタン島の戦いフェルディナンド・マゼランを戦死させたマクタンの酋長ラプ=ラプにちなんだ名称を変更することを支持したものの、実現には至っていない。

2019年6月4日、エアバスの最先端航空機であるA350-1000が、キャセイパシフィック航空の旅客機として初めて着陸し、主に香港間のフライトとして使用されることになった。

2020年、既存の滑走路に並行する形で、2本目の滑走路が建設が開始された。また、新型コロナウイルス感染症のため一部閉鎖されているためその以降は旅行が中止とされている。

ターミナル編集

第1ターミナル(国内線)
1990年に建設され、現在は国内線専用ターミナルとなっている。 第2ターミナルの開業前は、国内線と国際線の両方を取り扱っており、年間約450万人が利用していた。 ゲート数は6。
第2ターミナル(国際線)
2016年に建設を開始し、2018年7月1日に国際線専用ターミナルとして開港した。第2ターミナルの完成により、空港自体は年間1,250万人が利用できる規模となった。 ターミナルは、セブ島を取り巻く海の波をイメージし、船体を逆転したように見える木造のアーチと、波のような屋根がデザインされている。2019年の世界建築フェスティバルにおいて輸送部門賞を受賞した[6][7]。ゲート数は5で将来7まで増やすことが可能。

就航航空会社と就航都市編集

国際線編集

航空会社就航地
  フィリピン航空 成田国際空港千葉県)、関西国際空港大阪府)、中部国際空港愛知県)、仁川国際空港仁川広域市)、北京首都国際空港 (北京市)、成都双流国際空港 (成都市)、ロサンゼルス国際空港 (カリフォルニア州)
  PAL エクスプレス 香港国際空港香港
  セブパシフィック航空 成田国際空港(千葉県)、仁川国際空港(仁川広域市)、台湾桃園国際空港台北)、香港国際空港(香港)、シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
  エアアジア・フィリピン 仁川国際空港(仁川広域市)、台湾桃園国際空港(台北)、クアラルンプール国際空港クアラルンプール
  中国東方航空 上海浦東国際空港上海市[8]
  吉祥航空 上海浦東国際空港(上海市)[9]
  キャセイパシフィック航空 香港国際空港(香港)
  チャイナエアライン 台湾桃園国際空港(台北)(2020年3月29日より就航)[10]
  エバー航空 台湾桃園国際空港(台北)
  大韓航空 仁川国際空港(仁川広域市)
  アシアナ航空 仁川国際空港(仁川広域市)
  チェジュ航空 仁川国際空港(仁川広域市)
  ジンエアー 仁川国際空港(仁川広域市)、金海国際空港釜山広域市
  エアプサン 金海国際空港(釜山広域市)
  ティーウェイ航空 大邱国際空港 (大邱広域市)
  シルクエアー シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
  スクート シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
  カタール航空 ハマド国際空港(ドーハ)(2020年4月8日より就航)[11]

国内線編集

航空会社就航地
  フィリピン航空 ニノイ・アキノ国際空港マニラ
  PAL エクスプレス バコロド=シライ国際空港バコロド)、ルンビア空港カガヤン・デ・オロ)、ゴドフレド・P・ラモス空港アクラン州)、ダバオ国際空港ダバオ)、ディポログ空港ディポログ)、イロイロ国際空港イロイロ)、オザミスダニエル・Z・ロマオルデス空港タクロバン)、サンボアンガ国際空港サンボアンガ
  セブパシフィック航空 ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)、クラーク国際空港クラーク)、ダバオ国際空港(ダバオ)、バコロド=シライ国際空港(バコロド)、バンカシ空港ブトゥアン)、ルンビア空港(カガヤン・デ・オロ)、ゴドフレド・P・ラモス空港(アクラン州)、ディポログ空港(ディポログ)、ドゥマゲテタンブラー空港ジェネラル・サントス)、イロイロ国際空港(イロイロ)、レガスピ空港レガスピ)、オザミス、プエルト・プリンセサ国際空港プエルト・プリンセサ)、ロハスシャルガオスリガオ、ダニエル Z. ロマオルデス空港(タクロバン)、サンボアンガ国際空港サンボアンガ)、マスバテ
  セブゴー ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)
  エアアジア・フィリピン ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)

市内へのアクセス編集

到着階にクーポンタクシー(運転手付レンタカー)乗り場、出発階にタクシー乗り場がある。

MyBus Route#3 が en:SM City Cebu 方面へ運行している。25ペソ、30~60分間隔

ジープニー、トライシクルの乗り入れは認められていないので、市内から空港に向かう際にこれらの乗り物を利用すると、途中で降ろされて歩くことになる。

マクタン島セブ島マクタン・マンダウエ橋マルセロ・フェルナン橋の2本の橋で結ばれており、タクシーで直接セブ市に移動することが可能である。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Mactan Cebu Airport” (英語). Mactan Cebu Airport. 2013年11月30日閲覧。
  2. ^ a b Mactan–Benito Ebuen Air Base”. Globalsecurity.org. 2021年3月5日閲覧。
  3. ^ World's biggest plane to deliver 140-ton power generator to PHL” (英語). GMA News Online (2013年11月12日). 2021年3月5日閲覧。
  4. ^ World’s biggest airplane in Cebu” (英語). The Freeman (2013年11月13日). 2021年3月5日閲覧。
  5. ^ Mactan-Cebu Airport: a new terminal, and strong international growth
  6. ^ “[https://www.worldarchitecturefestival.com/node/3495 MACTAN CEBU INTERNATIONAL AIRPORT TERMINAL 2, INTEGRATED DESIGN ASSOCIATES CEBU, PHILIPPINES WINNER: COMPLETED BUILDINGS - TRANSPORT]” (英語). World Architecture Festival. 2021年3月3日閲覧。
  7. ^ Mactan Cebu International Airport wins World Architecture award” (英語). ABS-CBN News (2019年12月5日). 2021年3月3日閲覧。
  8. ^ 中国東方航空、上海・浦東/セブ線に就航 A320でデイリー運航 FlyTeam 2017年10月24日
  9. ^ 吉祥航空、フィリピン3路線に就航 上海と南京発着のセブ、カリボ線 FlyTeam 2017年11月10日
  10. ^ チャイナエアライン、台北/桃園~セブ・チェンマイ線開設Traicy 2020年2月19日
  11. ^ カタール航空、新たに8都市に就航 ヌルスルタンやリヨンなど Traicy 2020年1月25日

外部リンク編集