メインメニューを開く

マクラーレン・オートモーティブ(McLaren Automotive)は、イギリス自動車メーカーである。マクラーレンのロードカー部門として2009年に設立された。モータースポーツ部門であるマクラーレンレーシングと同様にマクラーレングループに属する。本稿では1990年に設立されたマクラーレン・カーズについても述べる。

マクラーレン・オートモーティブ
McLaren Automotive
種類 子会社
設立 1989年
業種 自動車製造
事業内容 自動車の製造,販売
代表者 マイク・フレウィットCEO[1]
関係する人物 ロン・デニス(創業者)
外部リンク http://media.mclarenautomotive.com/
テンプレートを表示

目次

概略編集

マクラーレン・オートモーティブの前身であるマクラーレン・カーズ(McLaren Cars)は1990年に設立。高性能市販車の開発を始める。

1994年、ゴードン・マレーのデザインによる処女作、マクラーレン・F1(McLaren F1)を発表。1995年にはその競技用仕様であるマクラーレン・F1・GTRル・マン24時間レースに出場し、レース中の雨でプロトタイプのマシンがリタイヤしていく中、J.J・レート/ヤニック・ダルマス/関谷正徳の駆るカーナンバー59のマクラーレンF1GTRが安定した走行で総合優勝した。 2003年9月、メルセデス・ベンツが「SLRマクラーレン」を発表。開発・生産はマクラーレン・カーズ(現マクラーレン・オートモーティブ)が担当。受注販売のみとはいえ量産車として販売される。

2009年、マクラーレン・オートモーティブ設立。マクラーレン・グループから資本的に独立し、グループを離脱する方針を発表。グループ離脱に伴いクレディ・スイスを通じて2億5千万ポンドの投資を受け新たに工場を建設、約800人を雇用する方針も明らかにされており、2011年から、量産車としてMP4-12Cを発売し、本格的に自動車メーカーとしてスタートする。会長は引き続きロン・デニスが務める[2]。しかし実際にはグループからの離脱は行われず、2012年にはF1チーム代表のウィットマーシュがグループCEOに就任し、一時同社の経営についても指揮を執っていた[3]

2011年9月、アジア太平洋地域を統括する100%子会社「マクラーレン・オートモーティブ・アジアPTEリミテッド」をシンガポールで設立。2012年3月にはアジア太平洋地域初のショールームを大阪にオープンさせる。同年6月、東京にマクラーレン東京をオープンさせる。9月、パリモーターショー12にてコンセプトモデル、P1を発表[4]

2015年2月に主力スーパーカーセグメントである『スーパーシリーズ』の販売台数が累計5000台に達したと発表。2015年3月、ジュネーブショーにて675LT及びP1GTRを発表。同年には日本でも更なるディーラーが、福岡・名古屋と開店した。

2016年、2022年までに15のニューモデルを投入する計画である「トラック22」を発表した[5]

2018年7月22日にイギリスで開催されたグッド・ウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて2025年までに18のニューモデルを投入する計画である「トラック25」を発表した[6]

日本での販売網(2019年現在)
・八光自動車工業(大阪・名古屋)
・國際株式會社(東京)
・永三モータース(台湾の高級車ディーラー「永三汽車」の日本法人・福岡)
・ブルース株式会社(SKY GROUP/モトーレンニイガタ・東京)

ラインナップ編集

アルティメットシリーズ
3つのシリーズからなるラインナップの最上位スーパーカー
外観 車名 排気量 エンジン 駆動方式 最高出力 解説
  P1 GTR 3,799cc V型8気筒ツインターボ MR 1,000PS サーキット専用車 台数限定
  P1 916PS 台数限定(世界375台)
  Senna英語版 3,999cc 800PS 台数限定(世界500台)
  スピードテール V型8気筒ツインターボ+電気モーター 1050PS 
スーパーシリーズ
主力スーパーカーモデル。先進性を象徴するテクノロジーのひとつとしてカーボン製シャシー『カーボン・モノセル』を採用している。
外観 車名 排気量 エンジン 駆動方式 最高出力 解説
  675LT 3,799cc V型8気筒ツインターボ MR 675PS LTはF1 GTRの“ロングテール”を継承。搭載されるM838TLエンジンの馬力は675馬力にアップしている。100kgに及ぶ軽量化により乾燥重量は1230Kg。
  650S 650PS P1の下位モデルに位置し、MP4-12Cの上位モデル。車名の650Sは650馬力を表す。
625C 625PS アジア限定モデル。日本では未発売。Cはクラブを意味する。
  720S 3,994cc 720PS 2017年3月発表。650Sの後継モデル。新エンジンを搭載し排気量は200cc増加。720は720馬力を表す。ディヘドラルドアはルーフ部分も開くようになった。
スポーツシリーズ
マクラーレンにおけるエントリーシリーズであり、初のスポーツカーセグメント車
外観 車名 排気量 エンジン 駆動方式 最高出力 解説
  570S 3,799cc V型8気筒ツインターボ MR 570PS 2015年4月のニューヨーク国際オートショーで発表された[7]
  540C 540PS 2015年4月の上海モーターショーで発表された[8]
  570GT 570PS 2016年3月のジュネーブモーターショーで発表される。
グランドツアラー
マクラーレン初のGTカーである。
外観 車名 排気量 エンジン 駆動方式 最高出力 解説
  GT V型8気筒ツインターボ MR 620PS 2019年5月15日に発表された。マクラーレン初のグランドツアラー。
現行車種はすべてディヘドラルドアを採用している。

過去の車種編集

外観 車名 排気量 エンジン 駆動方式 最高出力 解説
  F1 6,100cc V型12気筒NA MR 636PS 1991年発表。エンジンはBMW製。
  MP4-12C 3,799cc V型8気筒ツインターボ MR 600PS 2011年発表。

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)編集

マクラーレン・オートモーティブのビスポーク部門であり、さらに5つの部門に分かれる。

MSOディファインド

パーソナリゼーションを担うMSOの部門のうちの1つ。 カーボン・ファイバー製のリア・ディフューザーや、MSOエクステンデッド・サイド・ドアブレード、フル・カーボン・ファイバー製リアデッキとミラーアーム等特別なオプションをデザイン、提供している。

MSOビスポーク

MSOビスポークは、さらなるカスタマイズのために、オリジナルカラーのペイント、レザーやステッチのカラー、インテリア素材のオーダー、さらにはボディー仕様までマクラーレンのオーナーの要望に応じ、ほぼ無制限の範囲でのカスタマイゼーションを提供する。 マクラーレン・650Sを発売以来、マクラーレン・プロダクション・センターで生産された650Sの20%はMSOによりプロデュースされた。生産台数375台のP1は、1台1台のオーナーの希望に応えて375通りに仕上げられている。 また、実際の道路で行う試験走行や認証試験のために用意されたMcLaren X-1の製造も同部門が担当した。

MSOリミテッド

MSOの名を冠する「650S」と「12C」の限定モデルは、MSOリミテッドで設計・開発・生産される。 2014年のグッドウッド・スピードフェスティバルで発表した「MSO 650S」も同部門のプロダクトに含まれている。

MSOヘリテージ

現在のMSOのかたちは、2011年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスにおいて発表された。 以前は、マクラーレン・F1オーナー向けにサービス、メンテナンス、カスタマイズを提供する目的で、1990年代にはマクラーレン・カスタマー・ケアプログラムと称されていた。このサービスは現在もマクラーレンで継承されており、MSOヘリテージチームが担当。同部門はMcLaren F1に関する知識と専門技能を提供しており、メルセデス・ベンツ・SLR マクラーレンも担当している。

MSOプログラムズ

MSOプログラムズは、P1GTRドライバープログラムを担当するため設立された。P1GTRの製造とメンテナンスはMSOによって行われ、オーナーは世界のF1サーキットで開催されるサーキットイベントに参加することができる。

マクラーレンGT編集

マクラーレンGTは、マクラーレン・オートモーティブにおけるGTレース活動の全てを担当のために設立され、マクラーレンGTレース車の開発から製造までを担っている。マクラーレンGTによって最初に開発された車は、MP4-12C GT3であり、 現在は650S GT3650S SPRINTのデザイン、開発及び生産を行っている。マクラーレンテクノロジーセンターが設立される以前より、マクラーレン・レーシングからの技術を受け継いでいる。

出典編集

外部リンク編集