メインメニューを開く


マクラーレンM23 (McLaren M23) は、マクラーレンF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、ゴートン・コパックジョン・バーナードが設計した。1973年の第3戦から、1978年第14戦まで実戦投入された。インディ500用マシンのM16が開発のベースとなっている。

マクラーレン M23
1974年イギリスGPでのM23 エマーソン・フィッティパルディがドライブ
カテゴリー F1
コンストラクター マクラーレン
デザイナー ゴートン・コパック
ジョン・バーナード
先代 マクラーレンM19C
後継 マクラーレン・M26
主要諸元
エンジン フォードDFV
主要成績
チーム マクラーレン
Scribante Lucky Strike Racing
Lucky Strike Racing
Chesterfield Racing
Iberia Airlines
Centro Asegurador F1
Melchester Racing
BSファブリケーションズ
ドライバー デニス・ハルム
ピーター・レブソン
エマーソン・フィッティパルディ
ジェームス・ハント
ヨッヘン・マス
ネルソン・ピケ
出走時期 1973 - 1978年
コンストラクターズ
タイトル
1(1974年)
ドライバーズタイトル 2(1974,1976年)
初戦 1973年南アフリカGP
初勝利 1973年スウェーデンGP
最終戦 1978年イタリアGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16
テンプレートを表示

M23はシャーシナンバー1-12までの12台製作された。そのうちのシャーシナンバー8は、1974年イギリスGPから計15戦(1戦の非世界選手権含む)に使用された後に改修され、8-2として1975年スイスGPから再び使用された。

目次

M23編集

1971年から使用されてきたM19Cの後継として1973年にデビュー。前年までのM19は、コークボトルタイプのボディが特徴だった。M23はロータスの影響を強く受け、サイドラジエター、ウェッジタイプのノーズ、角張ったボディへと変わった。基本的な設計は以後も変わることなく1978年まで使用される。

サスペンションは、フロントはベラミー式リンクのプログレッシブサスペンション、リヤは不等ピッチコイルによるプログレッシブサスペンションと、特異なものを採用していたが、これらはM19から引き継いだ実績のあるものだった。ホイールベースは2,565mmで、2,387.6mmのブラバムBT37より177mmも長く、俊敏性より安定性を重視した設計だった。

搭載するフォード・コスワース・DFVエンジンジョン・ニコルソンが設立したニコルソン・マクラーレン・エンジンズがチューニングを行った。

シーズン編集

1973年編集

 
ヤードレイカラーの1973年型M23

デビュー戦の南アフリカGPデニス・ハルムPPを獲得。ハルムは1勝、ピーター・レブソンが2勝をあげた。

1974年編集

1972年のチャンピオンを獲得したエマーソン・フィッティパルディロータスから移籍、いきなりドライバーズチャンピオンを獲得。そしてマクラーレンもチーム初となるコンストラクターズチャンピオンを獲得。この年から、マールボロのスポンサーシップが開始。以後1996年まで続くマールボロ・マクラーレンの誕生である。このシーズンはマールボロ2台とヤードレイ1台の3台体制での参戦だった。

1975年編集

M23はフロントサスをロッキングアームに変更し、また、ホイールベースを80mm延長し2,647mmとした。また、リヤ周りも改修を受け、今まではエンジン部分が外部に露出していたが、リヤタイヤ前方にオイルクーラーを設置。サイドポンツーンなどのボディワークをさらに後方に延長した。加えて、ダウンフォースの増加に努めるため、フロントウイングが大型化され、リヤウイングも厚みを増し、フラップの迎角も大きくなった。

フェラーリニキ・ラウダが新型マシン312Tと共にシーズンを席巻。フィッティパルディは2勝でドライバーズランキング2位となった。彼はこのシーズン終了をもって実兄であるウィルソン・フィッティパルディが興した新チームのコパスカーに移籍した。

1976年編集

 
1976年オランダGPにてM23に乗るハント

この年から施行された新レギュレーションに伴って大型インダクションポッドを撤去。ドライバーの頭部左右から吸気する方式を取った。また、シャーシは14kgもの軽量化がなされた。さらにホイールベースが伸ばされ、2,717.8mmとブラバムBT45より254mmも長くなった。

新たにフィッティパルディに代わってヘスケスから移籍してきたジェームス・ハントがフェラーリのニキ・ラウダとチャンピオン争いを展開。第9戦イギリスGP終了時点ではラウダのリードを許していたが、第10戦ドイツGPでのラウダのクラッシュ、以後2戦欠場の間に猛追。最終戦日本GPでラウダが天候悪化によるリタイヤを決断する中走り続け、ハントにとって唯一となるチャンピオンを獲得。コンストラクターズチャンピオンはフェラーリに奪われた。第12戦オランダGPヨッヘン・マスが新車M26で出走したが、9位完走と結果が良くなかったこともあり、次戦から再びM23となった。

1977年編集

新車M26が開幕戦からデビューする予定だったが、熟成不足のためハントは第1-4,6戦で、マスは第9戦までM23を使用。その後はM26をドライブ。第10戦イギリスGPではジル・ヴィルヌーヴがM23を駆ってF1デビュー。決勝は水温計がどんどん上昇していったため(実際には水温計は故障していた)途中ピットインを余儀なくされたが、それまではM26を駆るハントやマスに引けをとらないタイムで周回していた。M23は唯一ジルがフェラーリ以外でドライブしたマシンでもある。

1978年編集

カスタマーシャーシとして、ネルソン・ピケがBSファブリケーションチームでドライブするなど、長期にわたって活躍したマシンだった。

スペック編集

シャーシ編集

 
ボディワークを取り外したM23

エンジン編集

 
ニコルソンチューンのDFVエンジン
  • マシン重量 575-601.6kg(含エンジン)

F1での全成績編集

(key) (太字はポール・ポジション、斜体はファステストラップ。)

チーム タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
1973 ヤードレー・チーム・マクラーレン G ARG
 
BRA
 
RSA
 
ESP
 
BEL
 
MON
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
NED
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
581 3位
  デニス・ハルム 5 6 7 6 1 8 3 Ret 12 8 15 13 4
  ピーター・レブソン 4 Ret 5 7 1 4 9 Ret 3 1 5
  ジョディー・シェクター Ret Ret Ret Ret
  ジャッキー・イクス 3
1974 マールボロ・チーム・マクラーレン G ARG
 
BRA
 
RSA
 
ESP
 
BEL
 
MON
 
SWE
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
73 (75) 1位
  エマーソン・フィッティパルディ 10 1 7 3 1 5 4 3 Ret 2 Ret Ret 2 1 4
  デニス・ハルム 1 12 9 6 6 Ret Ret Ret 6 7 Ret 2 6 6 Ret
ヤードレー・チーム・マクラーレン   マイク・ヘイルウッド 4 5 3 9 7 Ret Ret 4 7 Ret 15
  デイビッド・ホッブス 7 9
  ヨッヘン・マス 16 7
1975 マールボロ・チーム・マクラーレン G ARG
 
BRA
 
RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
SWE
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
USA
 
54 (56) 2位
  エマーソン・フィッティパルディ 1 2 NC NS 2 7 8 Ret 4 1 Ret 9 2 2
  ヨッヘン・マス 14 3 6 1 6 Ret Ret Ret 3 7 Ret 4 Ret 3
1976 マールボロ・チーム・マクラーレン G BRA
 
RSA
 
USW
 
ESP
 
BEL
 
MON
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
JPN
 
74 (75) 2位
  ジェームス・ハント Ret 2 Ret 1 Ret Ret 5 1 DSQ 1 4 1 Ret 1 1 3
  ヨッヘン・マス 6 3 5 Ret 6 5 11 15 Ret 3 7 Ret 5 4 Ret
1977 マールボロ・チーム・マクラーレン G ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
USA
 
CAN
 
JPN
 
602 3位
  ジェームス・ハント Ret 2 4 Ret Ret
  ヨッヘン・マス Ret Ret 5 Ret 4 4 Ret 2 9
  ジル・ヴィルヌーヴ 11
  ブルーノ・ジャコメリ Ret

記録編集

  • 通算16勝
  • コンストラクターズチャンピオン1回獲得(1974年)
  • ドライバーズチャンピオン2回獲得(1974年エマーソン・フィッティパルディ、1976年ジェームス・ハント)

外部リンク編集