メインメニューを開く

マクラーレン・MP4/1 (McLaren MP4/1) は、マクラーレンF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、ジョン・バーナードが設計した。単にMP4と呼称される場合もある。

マクラーレン・MP4/1
マクラーレン・MP4/1B
マクラーレン・MP4/1C
マクラーレン・MP4/1E
最初のカーボンモノコック車としてデビューしたMP4/1
最初のカーボンモノコック車としてデビューしたMP4/1
カテゴリー F1
コンストラクター マクラーレン
デザイナー ジョン・バーナード
先代 マクラーレン・M29F
後継 マクラーレン・MP4/2
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
エンジン 1981年-1983年: ミッドエンジン, 縦置き, コスワース DFY, 2,993 cc (182.6 cu in), NA, 90度 V8
1983年: ミッドエンジン, 縦置き, TAG ポルシェ PO1, 1,499 cc (91.5 cu in), ターボ, 90度 V6,
トランスミッション マクラーレン / ヒューランド FGA 400 5速 MT
主要成績
チーム マールボロ マクラーレン・インターナショナル
ドライバー 7. イギリスの旗 ジョン・ワトソン
8. イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス
7. オーストリアの旗 ニキ・ラウダ
初戦 1981年モナコグランプリ
出走優勝ポールFラップ
43604
テンプレートを表示

1981年の第4戦から、1983年の最終戦まで実戦投入された。1981年はMP4/1、1982年はMP4/1B、1983年はMP4/1CとMP4/1Eが使用された。マシン名のMP4とは、Marlboro Project 4のことである(「McLaren Project 4」の略称と言われることもある)[1]

MP4/1編集

1979年、1980年と不振のどん底にあったマクラーレンはロン・デニス率いるF2チーム「プロジェクト4」と合併してチーム体制を一新し、新体制としての第1作目のマシンがMP4/1である。ドライバーはベテランのジョン・ワトソンと、新人のアンドレア・デ・チェザリスを据えた。

MP4/1はフォード・コスワース・DFVエンジンを積むスタンダードなウィングカーではあるが、モノコックを従来のアルミハニカムではなくカーボンファイバーで製作するという構造を持っていた。同年にロータス・88でもカーボンファイバー製モノコックが採用されたが、こちらは間にノーメックスと呼ばれるアラミド繊維を挟んでいた。MP4/1ではアルミハニカムを挟んだ構造だった。のちに主流となるのは、マクラーレンが採用したアルミハニカムを使用した構造のほうである。実戦に投入されるマシンのモノコック全体にカーボンが使用されたのはMP4/1が初めてである。デビュー当時でカーボン製のモノコックとアルミハニカム製モノコックでは強度で約2倍の差があった。

1981年シーズン編集

MP4/1が使用されるまでは前年までのマシンの改良版であるM29C,M29Fを使用。ワトソンは第4戦サンマリノGPから、チェザリスは第6戦モナコGPから使用した。

MP4/1はワトソンの手によって第7戦スペインGPで3位、第8戦フランスGPで2位を獲得。さらにマクラーレンとワトソンの地元である第9戦イギリスGPでチームに3年ぶりとなる勝利をもたらした。 一方、新人チェザリスは時折速さを見せるものの、経験不足から度々ハデなクラッシュを起こしたため、MP4/1でのポイント獲得は叶わなかった。しかし、クラッシュからの無傷の生還を繰り返すことで皮肉にもカーボンモノコックの安全性を証明することになった。

スペック編集

記録(1981年)編集

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント ランキング
1981 MP4/1                               28 6位
7   ワトソン 10 7 Ret 3 2 1 6 6 Ret Ret 2 7
8   デ・チェザリス Ret Ret 11 Ret Ret 8 DNS 7 Ret 12

MP4/1B編集

単にMP4Bと呼称される場合もある。MP4/1を1982年のレギュレーションにあわせて改良した。1982年は可動スカートが一時的に認められたため、サイドウイング部分で発生するダウンフォース量が1981年よりも増加した。そのため、特に高速コースではフロントウイングが省かれる場合が多くなった。

1982年シーズン編集

1979年終盤に引退したニキ・ラウダが復帰。ワトソンは昨年からの継続となった。1年をかけて熟成させたMP4/1の改良型であるので、この年4勝を上げ、トップチームへの復帰を果たした。また、ワトソンがタイトル争いに絡むも、信頼性に関してはいまだに難があり、両ドライバー合わせて11回ものリタイヤを喫した。最終的に途中から欠場したディディエ・ピローニと同点の3位に終わった(ピローニと同ポイントだが、上位入賞回数の差で、ピローニが2位、ワトソンが3位となった)。

スペック編集

記録(1982年)編集

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1982 MP4/1B RSA
 
BRA
 
USW
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
USA
 
CAN
 
NED
 
GBR
 
FRA
 
GER
 
AUT
 
SUI
 
ITA
 
USA
 
69 2位
7   ワトソン 6 2 6 DNS 1 Ret 1 3 9 Ret Ret Ret 9 13 4 2
8   ラウダ 4 Ret 1 DNS DSQ Ret Ret Ret 4 1 8 DNS 5 3 Ret Ret

MP4/1C編集

 
フラットボトム規制が適用されたMP4/1C。リヤ周りを絞り込むコークボトルを採用。

新たに施行されたフラットボトム規制により、今までとは違ったマシンデザインが求められるようになった。ブラバムのようにほとんどサイドポンツーンをなくしてしまうチームもあったが、バーナードはサイドポンツーンを残し「コークボトルライン」と呼ばれるポンツーン後端を絞り込んだ形状を考案した。こうすることによりリヤタイヤ付近の気流の流れを改善することができた。マシンデザインはバーナードによって洗練されていたが、いかんせんコスワースDFVやその後継であるDFYエンジンは、新勢力となりつつあったターボエンジンに比べると非力だった。エンジンの面で足を引っ張られたマクラーレンとしては早急にターボエンジンを獲得する必要性に迫られたが、共同チームオーナーであるマンスール・オジェ率いるTAGを通じポルシェとの提携に成功した。

1983年シーズン編集

シーズン序盤から中盤にかけてはMP4/1Cを使用。しかし、第2戦アメリカ西GPでワトソンが1勝を挙げるにとどまっていた。

ラウダが第12戦より、ワトソンが第13戦からMP4/1Eをドライブした。あわせて7回の出走のうち、5回がリタイヤ、1回が失格で完走扱いが1回きり(残り6周でトラブルのためストップ)という散々な結果だったが、実戦に投入できたことで1984年シーズンが始まる前に問題点を洗い出すことができた。

スペック編集

記録(1983年)編集

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント ランキング
1983 MP4/1C BRA
 
USW
 
FRA
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
USE
 
CAN
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
GBR
 
RSA
 
34 5位
7   ワトソン Ret 1 Ret 5 DNQ Ret 3 6 9 5 9 3
8   ラウダ 3 2 Ret Ret DNQ Ret 13 Ret 6 DSQ 6

MP4/1E編集

MP4/1Cで1983年シーズンをスタートしたマクラーレンは、1984年シーズンから投入する新車MP4/2にTAG(ポルシェ)ターボエンジンを搭載することを決めていた。しかし、ドライバーであるニキ・ラウダが「1984年まで待てない」と発言したことを受け、急遽MP4/1Cにターボエンジンを搭載したマシンとしてMP4/1Eを製作することとなった。デザイナーであるバーナードは1984年まで熟成させてから実戦投入するという考えだったため、1983年途中からのMP4/1Eの投入の説得に時間を要した。

MP4/1EからMP4/3まで搭載されることとなったTAGターボエンジンは「TAGポルシェ」とも呼称される。これはTAGの資金でポルシェがターボエンジンを製作したためである。バーナードは自分が理想と考えたサイズのエンジンを得るために、ポルシェ側に開発段階からサイズ、重心や補機類の配置などを事細かに注文をつけた。

最初のMP4/1Eのテスト時にはMP4/1Cにターボエンジンを積み替えただけのマシン状態で行ったが、DFVエンジンとターボエンジンのあまりのパワーの差にブレーキなどが悲鳴を上げるほどだった。

スペック編集

記録(1983年)編集

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント ランキング
1983 MP4/1E BRA
 
USW
 
FRA
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
USE
 
CAN
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
GBR
 
RSA
 
0 -位
7   ワトソン Ret Ret DSQ
8   ラウダ Ret Ret Ret 11

通算成績編集

  • 予選最高位2位(0PP)
  • 6勝

脚注編集

  1. ^ Mclaren: The Grand Prix, CanAm and Indy Cars., Doug Nye, Hazleton Publishing, ISBN 0-905138-54-6