メインメニューを開く

マクラーレン・MP4/11 (McLaren MP4/11) は、マクラーレン1996年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーである。1996年の開幕戦から実戦投入され、シーズン後半戦はMP4/11Bを使用した。

マクラーレン・MP4/11
McLaren MP4 11.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター マクラーレン
デザイナー ニール・オートレイ
先代 マクラーレン・MP4/10B
後継 マクラーレン・MP4-12
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) インボード・スプリング/ダンパー プッシュロッド ベルクランク/不等長ウィッシュボーン
サスペンション(後) インボード・スプリング/ダンパー プッシュロッド ベルクランク/不等長ウィッシュボーン
エンジン メルセデス・ベンツ FO110/3 75度 V10
トランスミッション マクラーレン製 6速 縦置き セミAT
燃料 モービル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム マールボロ マクラーレン メルセデス
ドライバー 7. ミカ・ハッキネン
8. デビッド・クルサード
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1996年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

目次

概要編集

奇抜に過ぎた前年のMP4/10の失敗を踏まえ、チーフデザイナーはニール・オートレイエアロダイナミシスト[注釈 1]アンリ・デュランのコンビで設計したマシンである。また、ジョーダンに在籍していたスティーブ・ニコルズが復帰し、ウィリアムズにいたデビッド・ブラウンが加入するなど、デザインチームの弱体化に歯止めをかけるてこ入れが行われた。

シーズン中盤戦からショートホイールベース仕様のMP4/11Bを投入し、表彰台獲得と完走する回数を飛躍的に増やした。

MP4/11編集

開発編集

ラウンドタイプになったフロントセクション、コクピット周囲、リアカウル周辺はMP4/10と比較すれば、巧妙に造形されている。フロントのサスペンションアームはタイロッドのカバーに加え、残りのアームも全て偏平化された。サイドポンツーンのエアインレットは極力小さくされ、そこまでのエアの流れを整えるために、大型のディフレクターが付けられている。

ドライバーの頭部保護のためコクピットサイドプロテクターの装備が義務付られたが、マクラーレンはプロテクターとエンジンカバーの間に溝を設け、サイドポンツーン上方の気流を効率良くリアウィングに当てるような独特のデザインとした。リアウィング翼端板を延長してサイドポンツーン後部と接続し、リアエンドを1枚の大きなウィングで覆っているかのようになっている。

ダウンフォースが必要なサーキットでは、MP4/10で話題になったセンターウィングを再び使用した。ただし、MP4/10とは異なり、支柱に取り付けるタイプになっていた。

シーズン編集

1995年最終戦オーストラリアGPミカ・ハッキネンがタイヤのパンクが原因でコンクリートウォールに激突。衝撃で舌を噛み切ってしまい、選手生命を左右する瀕死の重傷を負った。ハッキネンは1か月半の入院をして、辛いシーズンオフを過ごしていた。復帰が可能かどうか疑問視されていたが、2月初旬にハッキネンは3か月ぶりにサーキットに戻ってきた。ポール・リカールの初テストで、いきなりフェラーリミハエル・シューマッハを凌ぐタイムを叩き出し、自らの実力を示すことで周囲の不安を払拭した[1]。チームメイトにはウィリアムズから移籍してきたデビッド・クルサードと組み、アドバイザー兼テストドライバーにアラン・プロストが加入し、ハッキネンの負担を軽減した。

開幕戦オーストラリアGP、第2戦ブラジルGPとハッキネンが連続入賞したが、その後は空力サスペンションも充分な性能を発揮せず、苦戦に追い込まれる。特に姿勢変化に弱いフロントまわりの空力特性や高速コーナリングで難を示す足まわりなどはシーズン終了まで改善されなかった。なかでもフロントウィングのマウントは再三にわたって改良が加えられた。決勝最高位は大荒れのモナコグランプリでクルサードが記録した2位であったが、モナコで投入したショートホイールベースのMP4/11Bをベースに改良を行い、後半戦に向けて準備を進めていた。

スペック編集

シャーシ編集

エンジン編集

記録編集

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント
1996 MP4/11  
AUS
 
BRA
 
ARG
 
EUR
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
19
7   ミカ・ハッキネン 5 4 Ret 8 8 5 5 5
8   デビッド・クルサード Ret Ret 7 3 Ret Ret 4 6

MP4/11B編集

開発編集

ショートホイールベースのMP4/11Bは寸法が違うだけでなく、リアサスペンションも変更されている。空力性能が弱いといわれていたが、ディフューザーの改良も行い、安定したダウンフォースを得られるようになり、第10戦イギリスGPからMP4/11Bを主戦マシンとした。

シーズン編集

第10戦イギリスGP以降、予選でもミカ・ハッキネンが平均2列目、デビッド・クルサードが平均3列目でグリッドを確保するようになり、第9戦迄表彰台は既述した1回のみであったが、第10戦以降、ハッキネンが7戦中4戦で3位入賞して表彰台を得てウィリアムズには及ばないが、フェラーリベネトンと互角に争うようになっていた。結果的に今シーズンも優勝ができなかったが、確実に戦力アップはしてきていた。

なお、1996年をもって1974年以来23年間に渡ってメインスポンサーを務めたマールボロフェラーリに1本化する意向に伴いスポンサード契約を終了し、赤・白の「マールボロカラー」も見納めとなった。

スペック編集

シャーシ編集

エンジン編集

記録編集

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント
1996 MP4/11B  
AUS
 
BRA
 
ARG
 
EUR
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
30
7   ミカ・ハッキネン 6 3 Ret 4 3 3 Ret 3
8   デビッド・クルサード 2 5 5 Ret Ret Ret 13 8

ドライバーズ&コンストラクターランキング編集

注釈編集

  1. ^ エアロダイナミクス担当者のこと。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^  『AS+F - '96年開幕直前号』 三栄書房、1996年、4-5頁。