メインメニューを開く

マクロス クロスオーバーライブ(MACROSS CROSSOVER LIVE)は、SFアニメマクロスシリーズ」に関連するアニメソングの音楽イベント。2009年10月、2013年7月、2019年6月に幕張メッセで開催された。

マクロス クロスオーバーライブ
MACROSS CROSSOVER LIVE
会場の幕張メッセ
会場の幕張メッセ
イベントの種類 音楽系イベント
開催時期 2009年10月17日・18日
2013年7月13日
2019年6月1日・2日
会場 幕張メッセ イベントホール(2009年)
幕張メッセ 国際展示場(2013・2019年)
主催 ビックウエスト
協賛 SANKYO
来場者数 26,000人(2019年)[1]
最寄駅 京葉線海浜幕張駅

マクロスシリーズを歌で彩ってきたアーティストたちが集結するスペシャルライブであり、時空を超えた共演(クロスオーバー)も行われる。

目次

クロスオーバーライブ A.D.2009×45×59(2009年)編集

公演名は「SANKYO presents マクロス元年記念 マクロス クロスオーバーライブ A.D.2009×45×59@幕張メッセ[2]」。2009年10月17日と18日に、幕張メッセイベントホールで2公演が行われた。

タイトルの「A.D.2009」は、シリーズ設定中の西暦2009年に『超時空要塞マクロス』が位置することを意味し、同じく「45」は『マクロス7』の2045年、「59」は『マクロスF』の2059年を意味する。現実世界において2009年を迎えたことを記念して「マクロス元年」と題し、2月に秋葉原で「マクロス進宙式典」を祝うイベントが開催され[3]、10月に歴代アーティストが集結するライブイベントが行われた[4]

『マクロスF』ステージでは、同年11月の公開を控えた『劇場版マクロスF 〜イツワリノウタヒメ〜』から新曲が披露された。2日目の公演ではシェリル・ノームの声を担当する遠藤綾がサプライズ登場し、10月21日に二十歳の誕生日を迎えるMay'nを祝った[5]

『超時空要塞マクロス』ステージでは、「愛・おぼえていますか」の作曲家加藤和彦が公演前日(16日)に他界したことを受け、2日目の公演で飯島真理が加藤との往時の思い出を語った[注 1]

『マクロス7』ステージでは10月14日発売のFire Bomber再結成アルバム『Re.FIRE!!』から新曲が披露された。また、バサラとミレーヌの「声」を担当する神奈延年櫻井智が登場し、4人で「LIGHT THE LIGHT」を歌唱した。

また、初日は『超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-』より笠原弘子、2日目は『マクロスプラス』より新居昭乃がシークレットゲストとして出演した。

アンコールではFire Bomber×May'n、飯島真理×中島愛というクロスオーバーが実現した。最後に、飯島が書き下ろしたテーマ曲「超時空アンセム2009 息をしてる 感じている」を全員で歌ってライブの幕を閉じた。

公演概要(2009年)編集

出典[6]

出演者(2009年)編集

セットリスト(2009年)編集

出典[2]は初日と2日目で異なる曲目。

クロスオーバーライブ30(2013年)編集

公演名は「SANKYO Presents マクロス30周年記念 マクロス クロスオーバーライブ 30[7]」。4年ぶりのクロスオーバーライブは、2012年より続いてきた「マクロス30周年プロジェクト」のひとつとして、幕張メッセの国際展示場に会場を移し、2013年7月13日に行われた。

今回のクロスオーバーライブはアーティスト別の構成となり、約5時間のロングステージとなった。オープニングではノーム家の祖母マオ・ノーム(南里侑香)と孫娘シェリル・ノーム(May'n)が「アイモ」をデュエット。ゲーム『マクロス30 銀河を繋ぐ歌声』の歌姫オーディションでデビューした新人の千菅春香は、デビュー曲「プラネットクレイドル」を披露した[8]

アンコールでは作曲家の菅野よう子がピアノでマクロスソングのメドレーを演奏し、『マクロスプラス』の新居昭乃と『マクロスF』の坂本真綾が菅野のピアノ伴奏で歌う、というサプライズ演出が行われた。Fire BomberとMay'n、中島愛はシリーズ30周年記念作品『マクロスFB7 オレノウタヲキケ!』のテーマ曲「娘々FIRE!! 〜突撃プラネットエクスプロージョン」をデュエットし、13,000人[9]を超える観客を盛り上げた。

当ライブは「一夜限りの夢」というストーリー仕立てになっており、ステージの合間に、『マクロスF』の吉野弘幸の脚本によるボイスドラマが挿入された[9]。「このライブは誰かが見ている夢の世界で、会場にいる全員が巻き込まれている」「その人物が目覚めない限り、誰も現実世界には戻れない」という説明のあと、マクシミリアン・ジーナス(マックス)とクラン・クランがガイド役になり[注 3]、シリーズ歴代キャラクターたちと絡みながら、夢を見ている人物を探していく。その結果、『劇場版マクロスF 〜サヨナラノツバサ〜』のラストで力尽き、昏睡状態になったシェリル・ノームの夢の中だと分かり、彼女の本当の願いが叶えば眠りから覚めるだろうと示唆される。そして、バジュラクィーンと共に行方不明になった早乙女アルトが、何処からか無線通信で「俺は必ず帰る」と呼びかけてくる声が聞こえたとき、ライブは終演を迎えた。

公演概要(2013年)編集

出演者(2013年)編集

作品の製作順に記載。

  • 飯島真理 - リン・ミンメイ(『超時空要塞マクロス』)
  • 新居昭乃 - シャロン・アップル(歌)(『マクロスプラス』)※シークレット
  • 菅野よう子 - (『マクロスプラス』『マクロスF』作曲担当)※シークレット
  • Fire Bomber
    • 福山芳樹 - 熱気バサラ(歌)(『マクロス7』)
    • チエ・カジウラ - ミレーヌ・フレア・ジーナス(歌)(『マクロス7』)
  • 南里侑香 - マオ・ノーム(『マクロス ゼロ』)※シークレット
  • May'n - シェリル・ノーム(歌)(『マクロスF』)
  • 中島愛 - ランカ・リー(『マクロスF』)
  • 坂本真綾 - ランシェ・メイ(『マクロスF』)※シークレット
  • 千菅春香 - ミーナ・フォルテ(ゲーム『マクロス30 銀河を繋ぐ歌声』)※シークレット

セットリスト(2013年)編集

出典[9]

CROSSOVER LIVE 2019(2019年)編集

公演名は「SANKYO presents MACROSS CROSSOVER LIVE 2019 at 幕張メッセ[10]」。6年ぶりのクロスオーバーライブは、前回と同じ幕張メッセ国際展示場で2019年6月1日と2日に2公演が行われ、合わせて26,000人の観客を集めた[1]。また、全国56の映画館でライブビューイングも催された[11]

今回は初代の『超時空要塞マクロス』から最新作の『マクロスΔ』まで、作品の年代順に構成が組まれた。『マクロスF』ステージでは『劇場版マクロスF 〜サヨナラノツバサ〜』のバジュラ母星突入戦をスクリーンに映しながら、May'n・中島愛の歌とバンドの演奏をシンクロさせ、「放課後オーバーフロウ」から「娘々FINAL ATTACK フロンティアグレイテスト☆ヒッツ!」「サヨナラノツバサ 〜the end of triangle」までのクライマックスシーンを完全再現した[12]。May'nと中島はそれぞれの出演時間を持ち寄って構成を決め、ふたりで本番のステージを作り上げた[13][14][15]

『マクロスΔ』から初参加となるワルキューレは、初日はFire Bomberと、2日目はMay'nとデュエットした。2日目のMCでは、制作中の劇場版第2作のタイトルが『劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!』に決定したことを発表した[1][16]

公演の最後には、『超時空要塞マクロス』の音楽を作曲し、6月2日に没後13回忌[17]を迎えた羽田健太郎を偲んで、『超時空要塞マクロス』のEDテーマ「ランナー」を全員で合唱した[12]

公演概要(2019年)編集

出演者(2019年)編集

作品の製作順に記載。

  • 飯島真理 - リン・ミンメイ(『超時空要塞マクロス』)
  • 笠原弘子 - イシュタル(『超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-』)※シークレット
  • Fire Bomber
    • 福山芳樹 - 熱気バサラ(歌)(『マクロス7』)
    • チエ・カジウラ - ミレーヌ・フレア・ジーナス(歌)(『マクロス7』)
  • May'n - シェリル・ノーム(歌)(『マクロスF』)
  • 中島愛 - ランカ・リー(『マクロスF』)
  • 坂本真綾 - ランシェ・メイ(『マクロスF』)※シークレット
  • 千菅春香 - ミーナ・フォルテ(『マクロス30 銀河を繋ぐ歌声』)※シークレット
  • ワルキューレ
    • JUNNA - 美雲・ギンヌメール(歌)(『マクロスΔ』)
    • 鈴木みのり - フレイア・ヴィオン(『マクロスΔ』)
    • 安野希世乃 - カナメ・バッカニア(『マクロスΔ』)
    • 東山奈央 - レイナ・プラウラー(『マクロスΔ』)
    • 西田望見 - マキナ・中島(『マクロスΔ』)

セットリスト(2019年)編集

出典[18][19]は初日と2日目で異なる曲目。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 飯島は1日目の公演終了後に、スタッフから加藤の死を知らされた。
  2. ^ a b c 飯島真理の個人名義でのアルバム『Echo』に収録されたオリジナル曲。
  3. ^ マックス役の速水奨とクラン役の豊口めぐみは司会進行役としても、アンコールのステージに立った。
  4. ^ 3番ホールは協賛企業の出展スペースに宛てられ、ライブ会場は2013年と同じく1・2番ホールを使用した。

出典編集

  1. ^ a b c “ワルキューレで新時代へ、マクロス新作タイトル発表”. ニッカンスポーツ. (2019年6月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906030000317.html 2019年6月14日閲覧。 
  2. ^ a b 「エクストラシート マクロス クロスオーバーライブ A.D.2009×45×59」『マクロス・クロニクル No.40』、ウィーヴ、2010年2月4日発行、31-32頁。
  3. ^ 2009年2月22日、マクロス進宙式典が秋葉原で開催決定!!”. ファミ通.com (2009年1月30日). 2019年6月14日閲覧。
  4. ^ マクロス歴代アーティストが時空を超えて集結!”. アニメイトタイムズ (2009年7月14日). 2019年6月14日閲覧。
  5. ^ クロスオーバーの思い出1”. May'nオフィシャルブログ「きょうのMay'nディッシュ」 (2009年10月19日). 2019年6月14日閲覧。
  6. ^ “マクロス クロスオーバー ライブ”2Daysで開催決定!”. ファミ通.com (2009年7月13日). 2019年6月14日閲覧。
  7. ^ 限定版情報”. マクロス30 銀河を繋ぐ歌声 (2013年). 2019年6月14日閲覧。
  8. ^ マクロス クロスオーバーライブ30”. 千菅春香オフィシャルブログ「ちすがたり」 (2013年8月9日). 2019年6月15日閲覧。
  9. ^ a b c 「グッズシート08 イベント マクロス クロスオーバーライブ30」『マクロス・クロニクル新訂版 No.70』、2014年6月3日発行、デアゴスティーニ・ジャパン、31-32頁。
  10. ^ クロスオーバーライブ特設サイト”. マクロスポータルサイト (2019年). 2019年6月15日閲覧。
  11. ^ SANKYO presents MACROSS CROSSOVER LIVE 2019 at 幕張メッセ LIVE VIEWING”. ライブ・ビューイング・ジャパン (2019年5月). 2019年6月15日閲覧。
  12. ^ a b <MACROSS CROSSOVER LIVE 2019>、時空を超えた熱狂のステージ”. BARKS (2019年6月4日). 2019年6月15日閲覧。
  13. ^ 中島 愛 official [@mamegu_staff] (2019年6月1日). "クロスオーバーライブ!一日目、みなさまありがとうございました!!" (ツイート). Retrieved 2019年6月15日 – via Twitter.
  14. ^ May'n [@mayn_tw] (2019年6月2日). "二日目ありがとうございました!" (ツイート). Retrieved 2019年6月15日 – via Twitter.
  15. ^ クロスオーバーライブ”. May'nオフィシャルブログ「きょうのMay'nディッシュ」 (2019年6月3日). 2019年6月15日閲覧。
  16. ^ 「マクロス」公式アカウント [@macrossD] (2019年6月2日). "『MACROSS CROSSOVER LIVE 2019』でワルキューレより完全新作劇場版タイトル発表!" (ツイート). Retrieved 2019年6月16日 – via Twitter.
  17. ^ 作曲家 ピアニスト 羽田健太郎 公式 (羽田音楽事務所) [@hanekenofficial] (2019年6月2日). "6月2日 羽田健太郎13回忌を迎えました。これからも、ハネケンの音楽を愛して下さる皆様と共に生き続けます" (ツイート). Retrieved 2019年6月15日 – via Twitter.
  18. ^ 【セットリスト】6/1公演「SANKYO presents MACROSS CROSSOVER LIVE 2019 at 幕張メッセ」のセットリストを公開!”. アニュータ (2019年6月1日). 2019年6月15日閲覧。
  19. ^ 【セットリスト】6/2公演「SANKYO presents MACROSS CROSSOVER LIVE 2019 at 幕張メッセ」のセットリストを公開!”. アニュータ (2019年6月2日). 2019年6月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集