マグダレーナ・ジビュラ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット

マグダレーナ・ジビュラ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットMagdalena Sibylla von Hessen-Darmstadt, 1652年4月28日 - 1712年8月11日)は、ドイツヘッセン=ダルムシュタット家の公女で、ヴュルテンベルクヴィルヘルム・ルートヴィヒの妻。

マグダレーナ・ジビュラ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット
Magdalena Sibylla von Hessen-Darmstadt
109Magdalena Sibylla.jpg

出生 (1652-04-28) 1652年4月28日
ダルムシュタット
死去 (1712-08-11) 1712年8月11日(60歳没)
キルヒハイム・ウンター・テック
配偶者 ヴュルテンベルクヴィルヘルム・ルートヴィヒ
子女 エレオノーレ・ドロテア
エーバーハルディーネ・ルイーゼ
エーバーハルト・ルートヴィヒ
マグダレーネ・ヴィルヘルミーネ
家名 ヘッセン=ダルムシュタット家
父親 ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ6世
母親 マリー・エリーザベト・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ
テンプレートを表示

生涯編集

ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ6世とその妻でシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプフレゼリク3世の娘であるマリー・エリーザベトの間の第2子、長女として生まれた。12歳で母と死別後、母方の叔母にあたるスウェーデン王妃ヘートヴィヒ・エレオノーラの許に引き取られた。叔母の支配するストックホルムの宮廷で確固たる信仰心を持つ公女に育ち、その信仰の篤さは終生揺らぐことは無かった。

ヴュルテンベルク宮廷を訪れた際に公世子のヴィルヘルム・ルートヴィヒと婚約し、1673年11月6日にダルムシュタットで結婚式を挙げた。婚礼から半年後に義父のエーバーハルト3世が死去し、後を継いだ夫は4年後の1677年に心筋梗塞で急死した。25歳で未亡人となったマグダレーナ・ジビュラは、義弟のフリードリヒ・カールとともに一人息子エーバーハルト・ルートヴィヒの摂政を務めた。1693年にマグダレーナは摂政を廃し、まだ16歳だった息子に親政を開始させた。

公爵夫人の深い信仰心に基づく迷いなき政治判断は、高い人望を集めた。彼女は多くの教会讃美歌を作曲し、プロテスタント諸教会の讃美歌集に収められた作品も少なくない。1690年から1692年まで作曲家のヨハン・パッヘルベルをオルガン奏者として雇っていた。摂政引退後は寡婦財産のキルヒハイム城(Schloss Kirchheim)で余生を送った。

子女編集

夫との間に1男3女の計4人の子女をもうけた。

参考文献編集

  • Gerhard Dünnhaupt: "Magdalena Sibylla von Württemberg (1652-1712)", in: Personalbibliographien zu den Drucken des Barock, Bd. 4. Stuttgart: Hiersemann 199l, S. 2633-37. ISBN 3-7772-9122-6
  • L. u. (1884), "Magdalene Sibylle", Allgemeine Deutsche Biographie (ADB) (ドイツ語), 20, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 49–50

外部リンク編集