マグネット (ウェブサイト)

かつて存在した日本の子供向けコミュニティサイト・ブログサービス

マグネット(magnet)は、かつてNTTデータサンリオが共同運営していた子供向けインターネットコミュニティ、および小中学生専用のブログサービスである。2005年5月31日にブログサービスへ転換したが、2007年6月30日をもってサービス終了となった。

マグネット
マグネットのロゴ
URL http://www.magnet.ne.jp/ [a]
言語 日本語
タイプ コミュニティサイト
(1996年11月 (1996-11) – 2005年3月21日 (2005-3-21)
ブログサービス
(2005年5月31日 – 2007年6月30日 (2005-05-31 – 2007-06-30)
運営者 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
株式会社サンリオ
収益 フリーミアム (旧マグネットのみ)[3][4]
広告[5][6][7]
市場調査[6][8]
スローガン あ、マグネットだ![9][10]
営利性 営利[7]
登録 必要[11][12][b]
開始 1996年11月 (26年前) (1996-11)[15][16]
現在の状態 閉鎖(2007年6月30日 15年前 (2007-06-30)[17][18]
  1. ^ 開設当初のURLは http://www.magnet.via.or.jp/ [1][2]
  2. ^ 1996年11月 (1996-11) – 1997年6月 (1997-6)は登録不要[13][14]

概要編集

インターネット黎明期にかけてNTTデータとサンリオが共同で開設していた子供向けインターネットコミュニティである[6][15]ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の一種に分類される場合もある[19]

サイト上の説明文はなるべく平仮名片仮名による表記、ならびに小学校低学年が読める漢字の使用を徹底し、例えばネチケット著作権を啓発する記述やページにおいても子供が容易に理解できるような表現を用いていた[7][20][21][注釈 1]。ブログサービスへのリニューアル後は小中学生専用とし[23][24]インターネットでの情報発信を通してネチケットを学んでもらうことを目的に運営を行ったが[25][26]、2007年6月30日をもってサービスを終了した[17][18]

本稿では、インターネットコミュニティ時代を『旧マグネット』[17][18]、ブログサービス時代は『新マグネット』[27]と表記する。

画像外部リンク
  マグフレンズ
前列左からクラップ、ナッチ、チップ、ナップ、ゴクナップ、後列はモップ[28][29]

新旧ともにマグネット独自のマグフレンズと呼ばれるキャラクター群がメインで登場していたが[18][28]、一部ではサンリオキャラクターも使用していた[11][30]。またマグネット上では、マグネットの会員のことを「マグネッツ」と呼んでいた[31]管理者は「マグネット事務局」であり、東京都江東区豊洲のNTTデータ 豊洲センタービル内に置かれていた[32]

サイト名の由来編集

"magnet"とはmulti-activity get-together networkの略で、磁石の様に色々な皆をくっ付ける という意味合いが込められている[33][注釈 2]。"magnet"をサイト名に採用した理由について当時のサンリオ社長・辻信太郎は、「NTTの"N"、サンリオ(Sanrio)の"S"の頭文字から、N極とS極のある磁石を連想して名付けた」と語っている[36]

旧マグネット編集

サンリオが思い描く家庭学校企業の三者をインターネットで結ぶ「子供情報ハイウェー構想[注釈 3]」を実現すべく、子供や親同士のコミュニティ形成と情報交流を目的に1996年11月、子供・家庭向けインターネットコミュニティとして開設される[15][38]。サイトの開発はシステム面をNTTデータが、デザイン面はサンリオが分担した[39]。想定年齢は2 - 15歳で、デザインを子供向けに特化させる為にサンリオの自社ホームページを構築する際に培ったノウハウを活用[40]GIFアニメーションを駆使しつつキャラクターを工夫して配置することで、クリックしたくなるようなサイト構成とした[41]。開設当初は登録不要で、グリーティングカードゲームぬりえをメインコンテンツに据える[42]。グリーティングカードはメールアドレスに向けて送信できるコンテンツだが、ほとんどの子供が自分用のメールアドレスを持っていない実情までは考慮していなかった[43]。ゆえに送信できる相手がいない為に、ハローキティ宛に書いていいか尋ねるメールが子供からマグネット事務局に届くというエピソードがある[43]

1997年7月より会員登録制になり[14]、プロフィール表示や電子掲示板(マグフォーラム)の設置をはじめとした現代のSNSに近い構造となる[6][44]。グリーティングカードは従来の機能を残しつつも、会員同士のメッセージ送受信機能が組み込まれてマグポストとなる[6][44]。ゲームはランキング対応となり[45]Javaアプレットによる多機能チャットも設置された[14][46][47](チャットは1999年Shockwaveで作成された物に変更[48])。1998年2月、企業からの広告料を収益の柱とする営利事業としての運営体制へ移行した[49][6][7]

システム編集

任意のニックネームを決めてアカウント登録することで、マグネットの仮想社会内に家を建ててサンリオキャラクターのコンテンツで遊びつつ、他の会員と交流を図れることを特徴とする基本無料のシステムである[11][50][51]。実名は表示されないが、原則として一度決めたニックネームの変更はできない[52]。また会員には個々のID(マグネッツナンバー[注釈 4])が付与されており[21]ログイン時に入力するほか[12]、行動する際にニックネームとともに公開される。ログインする方法として当初は「なぞのワームホール」という専用ページから行うようになっていたが、2000年12月6日以降はトップページから直接ログインするように変更されている[55]

スーパーマグネッツ
旧マグネットには「スーパーマグネッツ[注釈 5]」という登録料315円、1家族月額315円[54][注釈 6]の有料会員制度が存在した。スーパーマグネッツ専用のコンテンツが使えるようになるほか、会員証とマグネットのオリジナルグッズ(ライトキーホルダーやストラップ、時計、シールなど、時期によって異なる)が送付される[3][4]。サンリオが運営するテーマパークであるサンリオピューロランドハーモニーランドのチケットが割引になる特典もあった[3][4]2003年夏頃からは、magnet.ne.jpドメインEメールアドレスが発行されWebメールが使えるようになった[4][59][60]
マグネットのファンクラブという位置付けだが[3][4]2002年8月1日にスーパーマグネッツの優遇が強化され、無料会員が使用できる機能が若干制限されるようになる[61](後述)。

規模編集

子供を主なターゲットとする性質上[50]、旧マグネットの会員は半数以上が子供であるが、年齢制限は設けておらず、その親世代(ファミリー層)を始めとした成人も利用していたため幅広い年代が利用していたといえる[6][11][21][62][63][51]。会員の男女比は3:7で[63]、会員数は1998年6月時点で6万人[63]2001年1月時点で31万人[64]2002年2月時点で36万人[21]、2005年5月発表の最終的な旧マグネットの会員数は42万人であったとしている[65]。マグネット内の掲示板や種々のアンケート企画はこれら子供及び父母中心の会員層から情報を得られる、当時としては数少ない市場調査プラットフォームとしての側面も持っていた[6][8][66]

旧マグネットに対するユーザーの評価としては、Yahoo! Internet Guide主催のWeb of the Yearにおいて1999年子ども・ファミリー向けカテゴリで2位に入賞[22][67]、2000年コミュニティ部門で7位[51]、以降2003年までのコミュニティ部門で10位台半ばにランクインしている[68][69][70]

コンテンツ編集

マグネッツのプロフィール閲覧やメッセージ交換(マグポスト)はマグネタウンで行う[44][71][72]

それ以外のコンテンツは「マグスターシップ[注釈 7]」というメニューページに集約されている[75][76]。チャットと、掲示板のマグフォーラムは高い人気を誇ったほか、ゲーム[45]占いゴクみくじ)、投稿コーナー(マグボイス)、投票アンケートコーナー(マグチョイス)、ぬりえ[77]など、様々なコンテンツがあった[21][76]。不定期で開催されるキャンペーンも随時マグスターシップに掲載される[76]

マグネタウン編集

画像外部リンク
  タウン内にある空き地[78]
  家のページの一例[72]

各自マグネッツは、複数の仮想的な星の中から町の空き地を選び、家を一軒建設できる[6][50][51][78]。家を建てることによって、他のマグネッツに向けてプロフィールを公開することができるのである[71][72]。住所付きで、「○○のほし△△タウン xxブロックxばんち」という具合に土地一つ一つに地番も付いている[79]。マグネットにログインした直後に表示されるページも自分の家のページである(家を建てていない場合は、複数の星へのメニューページとなっている「マグネタリウム」が表示される)。新築から1週間経過すると引っ越しができるようになる[80]

家のページではプロフィールの他に、通算ログイン日数も「もちぬしがおうちにきたかいすう」として公開される[75]。また家の近くにゴミが増えていくことがあり、しばらくログインせずに放置しているとゴミが溢れて腐っていく[75]。ゴミが溜まっていた際は、量によらずそのゴミを一回クリックすれば消える[75]。最終ログインの目安ともなり得るが、家主のマグネッツがクリックするまでは消えないため、あまり信用できる目安になるとは言い難い[75]。なお80日間ログインしないと家は取り壊され空き地になってしまい、家がない期間はプロフィールが非公開となるばかりか、後述のマグポストも利用できない[75]

家の背景は季節によって変わり、家具は家のページへのアクセス数に応じて自動的に充実していく[63][75]。屋根や外装、置いておくキャラクターは家主がカスタマイズでき、パーツは居住する星によって異なる[63][72]。一部の星ではDREAMS COME TRUEの『わすれものばんちょう』とのコラボレーション[81][79]、企業スポンサーが付いていたこともある[82]。スポンサー付きの星ではその企業のキャラクターも使われ[6]、例えば明治製菓の「おかしのほし[83]」にはアポロチョコレートのキャラクター、うさぎのアポロちゃんが登場する[84]。特に「おかしのほし」に関しては人気が高く、なかなか空き地ができず、できてもすぐに取られてしまう事態が起こっていた。

他のマグネッツの家を訪ねてプロフィールを閲覧する方法は主に二通りあり、自分の家の横には自転車のアイコンと双眼鏡を持ったキャラクターが配されている[75][78]。前者をクリックするとマグネタウンを他の町や星まで自由に散策することができ[75][85]、後者はSNSのユーザー検索機能同様のマグネサーチが利用できる[86]。そこでメッセージを送信したい場合は、自他問わず家の横に配されているポストのアイコンをクリックし、マグポストを呼び出す[75][85]。マグポストでは絵柄付きのテンプレートを選ぶことが必須であるものの[44][87]、SNSのメッセージ送受信機能とほぼ同様である。自分宛ての新しいメッセージを受信すると、自分の家のページでポストのランプが光って知らせてくれる[88]。マグポストにはコンテンツフィルタリング機能が備わっており、個人情報や不快な言葉を本文に記入すると送信できない仕組みになっている[89]

なおマグネットには、現代のSNSで標準機能となっている「友達と相互リンク」する機能はないが、マグネッツはマグネット上の友達のことを『マグ友』と呼び[90]、マグネッツ各々が工夫して『マグ友』との繋がりを深めていたと考えられる。スーパーマグネッツには専用の「アドレスブック」という機能があり、マグネッツを誰でも登録しておける機能で、登録したマグネッツに対して手軽にマグポストでメッセージを送信できるが、これは他のマグネッツに公開されない言葉通りの「アドレス帳」である為、友達相互リンク機能とは異なる物である[3][4]

ゲーム編集

サンリオキャラクターが登場するミニゲームが用意されていた[45]。サンリオのエデュテインメントソフト「サンリオタイニーパーク」に収録されているゲームを流用する形で、Shockwaveで作成されている為ウェブブラウザ上で楽しむことができる[73][91]

ゲーム大会を開催したり[92]、得点登録対応ゲームで上位の得点を獲得するとランキングにニックネームとマグネッツナンバーが掲載されるなど、課金は無いもののいわゆるソーシャルゲームに近いシステムとなっていた[45]

チャット編集

画像外部リンク
  チャットのウィンドウ[93]

1997年8月1日に設置された[94]、マグフレンズやサンリオキャラクターのアバターが選べるMUDのチャットである[14][46][47]長方形2次元空間上で、クリックした位置にアバターを移動させることができる[93]

米国LikeMinds社との共同開発により当初はプレリリース版Javaで構築され[14][46][47][95]、同じ部屋のマグネッツと絵を描けるホワイトボード機能や、画面共有してネットサーフィンするコブラウジング: Cobrowsing機能、対戦ゲーム機能を有した[73][14][96]。開発当時LikeMinds社員であったマクロメディアのPritham Shettyによれば、このチャットの為に実装した分散バケットと呼ばれるデータ同期手法は、のちにMacromedia Flash Communication ServerのShared Objectsを設計する際に参考にされたという[47]

1999年7月2日、Shockwaveで作成したチャットに変更される[48]。理由として、Macintoshに対応する為であることをメールマガジンで示唆している[97]

まずチャットにログインすると、「こんにちはひろば」に入る[93]。(「こんにちはひろば」が満員であった場合、「こんにちはひろば2」に転送される)。「ひろば」は複数あるため、他の「ひろば」に移動することもできる[98]。「ひろば」は不特定多数のマグネッツと会話できるが、限られたマグネッツ同士でチャットを楽しみたい場合の為にそれぞれ「ひろば」には部屋を作ることが可能で、部屋の中ではリバーシ対戦を通じて交流を深めることができる[73][94][93][99]。部屋主は「かぎをかける」ことも可能で、その際は他のマグネッツが入室しようとした際に応否を選択できる[100]。拒否した場合、相手方には「おへやがいっぱいです!」と表示される。

かつてチャットでは荒らしや不快な発言が頻発していたため、マグネット事務局に苦情が殺到し、チャットが1ヶ月以上閉鎖されてしまう時期があった。チャットが一時閉鎖する以前は誰でも「ひろば」の中に部屋を作成したり、アバターを自由に選ぶことができた[101][102]。しかし2002年8月1日復活してからはスーパーマグネッツのみが部屋を作成できるようになり[61][4]、無料会員は使用できるアバターが少数(ナップ、ゴクナップ、てるてるバナナの皮、ゴミ袋、マグネットのロゴ等)に制限され、サンリオのアバターは殆ど選べなくなった。また、不快な発言をユーザーが簡単に通報できる機能が導入され、単語リスト(非公表)と照合して警告メッセージが表示されると共に事務局のサーバに記録されるシステムが整備された[103]

このShockwaveのチャットには軽いバグがあり、あるテクニックによって本来移動することが出来ないフィールド外に抜け出したり(壁抜け)、アバターのキャラクター部分を無くして名札だけにしてしまうことができた。マグネッツは、これらバグをも遊びとして楽しんでいたようである。

掲示板(マグフォーラム)編集

マグフォーラムでは、ジャンルごとに「スクエア」が用意されている[90]。それぞれスクエア内にマグネッツはスレッドを作成できるが、マグネットではスレッドのことをテーマと呼んでいる[90]。テーマ内で新しい投稿があってもそのテーマが上部に移動することはない[90]

マグフォーラムには、スクエア全体で共通のルールが事務局からの「お願い」という形で用意されていた[90]マグポストと同様のコンテンツフィルタリングが為されていたものの、煽りや荒らし[89][104]ギャル文字の使用が頻発するなどの問題が発生することがあった。

マグドル
2000年に入ってから旧アイドル&スタースクエアで「マグドル」と呼ばれるいわゆるアイドルごっこが一部のマグネッツによって行われるようになった[105]。主なマグドルの活動内容は以下の通りである。
  • i)作詞。またそれを公開[106]
  • ii)掲示板への定期的なメールマガジン形式での記事の投稿[106]
  • iii)チャット上における仮想のコンサートなどの開催(コンサートごっこ)[106]
iの作詞に関しては、特に公開することを「CD販売」、iiの投稿については「"雑誌販売"をする」等と呼ばれていた[106]
作詞した物を公開するには掲示板に書き込むか、希望者のみに配布するためにマグポストを利用するといった2つの方法があった[106]
本来、アイドル&スタースクエアは芸能情報等について語る所であったが[105]、ある日突然「マグドル」の活動場所になってしまった事で事実上ジャックされる格好になってしまい、また明示的なローカルルールがなかったためスクエアが荒れることもしばしばで、本来の住人との争いが絶えなかった。そこで、前者は2004年4月の大規模なスクエア再編時にマグドル専用のマグドルスクエアを新設することで解決[9]。また後者は新設する際に、マグネット事務局公認でローカルルールとマグドルの名簿をまとめた「マグドルBOOK[107]」を制定することで緩和された[108][109]。もっともローカルルール制定前も自治が行われていた模様である。
ココロスクエア
悩みなどの相談を行うココロスクエアでは論争や罵倒、荒らしの出現が深刻化していた為、2004年頃から住人のマグネッツ同士でココロスクエアのローカルルールを制定しようとする動きがみられた。この動きにマグネット事務局が介入し、まずココロスクエア独自のココスクサポーター制度の導入が発表され、2004年6月にかけて募集が行われる[110]。ココスクサポーターはマグネット事務局と連携し、わからないことなどのマグネッツからの質問に答えたり、論争が起きた場合はそれを正しく解決させるなどが役割である[111]。サポーターに立候補したマグネッツの中から、事務局が審査して合格した数人がサポーターに就任した[112]
その後同年9月、住人が出し合ったローカルルール案がまとめられ、公式なローカルルールが「ココスクBOOK」として制定された[108]

キャンペーン編集

旧マグネットでは、不定期でキャンペーンが開催されていた。一例は以下の通り。

懸賞
キャンペーン期間中にマグポストでメッセージを送受信すると、メッセージに抽選権が付与される『ガラポン』と呼ばれる懸賞もあった[6][113]
マグラリー
スタンプラリーの様なもの。マグネット上のあらゆるページに隠されたパーツを見つけ、全て集めるとプレゼントがもらえる[114][9]
ホームページコンテスト[115]
ゴミゼロキャンペーン
神奈川県藤沢市片瀬東浜海水浴場における清掃活動に参加し、ごみ拾いを行う[116][117][118]。新マグネットにおいても引き続き開催[15][119]

派生サイト編集

英語であそぼ』の公式サイト内で2005年4月6日まで運営されていたインターネットコミュニティ(ラララネット → ファンファンタウン)はNTTデータがサイト制作に協力していた関係から、旧マグネットのシステムをベースとし、デザインやコンテンツを『英語であそぼ』仕様に差し替えた物であった[120][121]。マグネットとのコミュニティ上の繋がりはない。

コミュニティサイトからブログサイトへ編集

2005年1月26日、『子供のインターネット利用が一般化していく時代に相応しいサービスを提供する為』として、ブログサイトにリニューアルする計画が告知された[27]。子供向けには、ガウス博士というキャラクターが『ブログを研究、発明に成功した』と称して理由を説明している[122]。既存のマグネッツが自動的に新マグネットへ移行されることはなく、新マグネットも引き続き利用したい場合は改めて新規登録が必要で[15]、16歳未満に制限されることも併せて告知される[27]

同年2月28日にチャットのみを終了し、3月21日に旧マグネット全体のサービスが終了した[123]。同年3月末の再開予定は遅れ[123]5月31日に新マグネットのサービスが開始された[124][125]

新マグネット編集

旧マグネットから大きく変わった点は、SNSのようなコミュニティサイトからブログサービスに変わったことである[15]。利用するには小中学生であることが条件で、アカウント登録することにより無料でブログを作成できた[23][24]。小中学生以外は登録できないが、閲覧のみ可能。ただし年齢認証は自己申告である[126]。会員数は2006年8月時点で1万7000人、うち9割が女子であった[25]

会員登録のことを家の鍵を受け取る手続きに擬えて、1アカウントにつき1つのブログが自分の家に見立てた形で作成される[24]。アカウント名はそのままmagnet.ne.jpのサブドメインにしてブログのURLとする関係上英数字のみ使用可能となった[24]

記事を書く際にカテゴリを指定すると、該当するカテゴリの「スクエア」ページにヘッドラインとして表示される仕組みになっていた。この「スクエア」にはココロスクエアやマグドルスクエアもあり、旧マグネットのマグフォーラム内のスクエアを一部踏襲している[127]

また以前のマグネットと違いオープンであり、記事を「公開する」に設定すれば外部のブログにトラックバックしたり、登録していない人でもコメントを書けるようになっていた[128]。このように比較的オープンな仕様になったが、これではまだ他のブログレンタルサイトと変わらない上、スキンも3種類のみで[24][129]、まだ開発途上な部分もみられた。

なお、新マグネットではスーパーマグネッツのような有料サービスは存在せず、全機能を無料で利用できた[130]。理由は、NTTデータとサンリオがお互いの得意とする分野を生かし、子供を取り巻くインターネット社会の健全的な発展に寄与するCSR(企業の社会的責任)プロジェクトに基づいている為としている[15][65]。また、インターネット上で遭遇するであろう問題を挙げ、それをテーマに会員に意見を出し合ってもらうこと、ひいてはブログによる情報発信を子供が実際に体験しながらネチケットやモラルを学習してもらうことを運営目的とし、子供でも安心して利用できるようにする点は一般的なブログサービスとの差別化を図っていた[23][24][25][26]

しかし『これまでの成果を検証し、より良いサービスを提供していく方法の検討を重ねた結果』として、サービスの終了計画を2007年3月29日に発表[17]。同年6月30日をもってサービス終了となり、翌日以降は書き込み、閲覧ともにできなくなった[17]。その後2010年までマグネットのウェブサイト自体は存続し、「サービス終了のお知らせ」、「マグフレンズからのメッセージ」、「ネチケット検定」、「ネチケットクイズ」が残されていた[18]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 但しWeb of the Year 1999の講評において、「子供には難しい用語が使われており、飛躍する為には大人の視点を抜き去ることが必要」と指摘されている[22]
  2. ^ 「magnet」という名称はNTTデータとサンリオの登録商標であったが、第4639678号の1は2012年4月9日商標法第50条に基づき登録取消(取消2011-301077)[34]、第4624455号は同年11月22日に存続期間が満了し、商標権が消滅した[35]
  3. ^ 「子供情報ハイウェー」はサンリオの登録商標であったが、第4028814号と第4028815号は2007年7月18日に、第4079124号は同年11月7日に存続期間が満了し、商標権が消滅した[37]
  4. ^ アルファベット3つと数字4桁で、下1桁は家族メンバーを表す。1家族単位でAAA001x、AAA002x、AAA003x・・・というパターンで付与され、例えばAAA001xを保有した家族内で2人登録した場合、それぞれAAA0011、AAA0012となる[53][54]
  5. ^ 「スーパーマグネッツ」という名称はNTTデータとサンリオの登録商標(第4458518号)であったが、2011年3月9日に存続期間が満了し、商標権が消滅した[56]。なお、「スーパーマグネッツ」という登録商標の一部について他社に異議(異議2001-090443)を申し立てられたことがあったが、NTTデータ・サンリオ側が勝っている[34]
  6. ^ 2002年7月以前は登録料700円、1家族月額200円[57][58]
  7. ^ 2000年後半頃までの名称は「マグネティック・フィールド[73][74]

出典編集

  1. ^ 96年11月8日ダイジェストニュース”. Impress Watch (1996年11月8日). 2013年7月7日閲覧。
  2. ^ “4TH・AVENUE、マグネット、ちょぼや、その他(ホームページ新規開設)”. 日経産業新聞: p. 2. (1997年5月5日)  | 日経テレコンにて閲覧
  3. ^ a b c d e スーパーマグネッツってな~に? (マグネット)”. 2000年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g スーパーマグネッツってな~に? (マグネット)”. 2004年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  5. ^ 広告掲載に関して(マグネット)”. 2002年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月26日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k ビジネスコミュニケーション 1998.
  7. ^ a b c d okiyama 1998.
  8. ^ a b 鈴木 1999.
  9. ^ a b c マグネット 2004年4月のトップページ”. 2004年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  10. ^ 2000年8月23日時点のトップページ上にあるキャッチコピー画像(マグネット) (GIF)”. 2000年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月18日閲覧。
  11. ^ a b c d 金子由李 (2003年1月5日). “【サイト】サンリオキャラクターと無料で遊べちゃう ネットでサンリオざんまい!”. All About. オールアバウト. 2022年6月21日閲覧。
  12. ^ a b 非会員向けのエラーページ(マグネット)”. 2004年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月26日閲覧。
  13. ^ 酒井 1997, pp. 85–86.
  14. ^ a b c d e f “子ども向けインターネット・サービス「magnetTM」で子どもたちのコラボレーションを実現するコミュニティーサービス「magnet-Chat」をリリース” (プレスリリース), NTTデータ, (1997年7月31日), オリジナルの2012年3月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120305081458/http://www.nttdata.co.jp/release/1997/073100.html 2008年12月28日閲覧。 
  15. ^ a b c d e f g 村松 2005.
  16. ^ 酒井 1997, p. 82.
  17. ^ a b c d e 「マグネット」サービス終了のお知らせ(マグネット事務局【お知らせ】)”. 2007年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  18. ^ a b c d e 「マグネット」サービス終了のお知らせ(閉鎖後のマグネット トップページ)”. 2010年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月1日閲覧。
  19. ^ 上田真弓; et al. (日本総合研究所) (24 January 2007). "携帯版SNS 家庭での管理が第一歩" (PDF). リスクマネジメントABC. 日刊工業新聞. 日刊工業新聞社. p. 35. 2022年7月17日閲覧
  20. ^ 酒井 1997, pp. 82, 84–85.
  21. ^ a b c d e 山城雄一郎; 帆足英一; 野村みどり; 細渕安弘; 赤澤晃; et al. (2002). "平成13年度分担研究報告書". 子どものためのインフォームドコンセントを推進するプリパレーションツールの開発(総括報告書概要). 厚生労働科学研究成果データベース (Report). 厚生労働科学研究費補助金 総合的プロジェクト研究分野 子ども家庭総合研究. pp. 185-187. 文献番号:200200385A. 2022年11月10日閲覧
  22. ^ a b Web of the Year 1999”. ITmedia. 2013年6月14日閲覧。
  23. ^ a b c マグネットをご利用のみなさまへ - このサイトについて”. 2006年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月13日閲覧。
  24. ^ a b c d e f 荒木早苗 『はじめての無料ブログデビューのツボとコツ』秀和システム、2006年、155-156頁。ISBN 4798012823https://books.google.com/books?id=5gbYfefNjZgC&pg=PA155 
  25. ^ a b c 藤原 2006.
  26. ^ a b ITmedia 2005.
  27. ^ a b c 新マグネット開始に関する重要なお知らせ (マグネット)”. 2005年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  28. ^ a b マグネットフレンズ紹介(マグネット)”. 2006年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月26日閲覧。
  29. ^ ダウンロード かべがみ(マグネット)”. 2005年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月19日閲覧。
  30. ^ RBB TODAY 2002.
  31. ^ メンバーのちかい(マグネット)”. 2000年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月12日閲覧。
  32. ^ ファンレターのおくりかた(マグネット)”. 2005年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  33. ^ マグネット・ツアー - マグネットって、なんだー!? (マグネット)”. 2005年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  34. ^ a b 審決検索”. 特許情報プラットフォーム. 工業所有権情報・研修館. 2022年5月28日閲覧。
  35. ^ 登録4624455”. 特許情報プラットフォーム. 工業所有権情報・研修館. 2022年5月28日閲覧。
  36. ^ 水野文也 (1999年4月1日). “インタビュー:2000年3月期は増配含みに=辻サンリオ社長”. ロイター. Factiva fdja000020010906dv4100tyc 
  37. ^
  38. ^ 酒井 1997, pp. 82, 85–86.
  39. ^ 日本経済新聞 1996.
  40. ^ 酒井 1997, pp. 82, 86–87.
  41. ^ 酒井 1997, pp. 82–84.
  42. ^ 酒井 1997, pp. 84–86.
  43. ^ a b 酒井 1997, p. 85.
  44. ^ a b c d マグネット・ツアー!(マグネット)”. 1999年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  45. ^ a b c d ゲーム (マグネット)”. 2005年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  46. ^ a b c Williams 1997.
  47. ^ a b c d Lesser, Brian; Guilizzoni, Giacomo; Lott, Joey; Reinhardt, Robert; Watkins, Justin (2005). “Foreword”. Programming Flash Communication Server. O'Reilly Media. p. xii. ISBN 0596005040. https://books.google.com/books?id=cJmZ_JIxwNwC&pg=PT14 
  48. ^ a b チャットへようこそ!(Shockwave版)(マグネット)”. 1999年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  49. ^ "エヌ・ティ・ティ・データ". Microsoft エンカルタ 総合大百科 2005 (DVD-ROM). 日本: マイクロソフト. 22 October 2004.
  50. ^ a b c 電子商取引推進協議会 電子政府WG (March 2002). 電子政府の戦略的実現の提言 (PDF) (Report). pp. 105–106. 2022年6月17日閲覧
  51. ^ a b c d Web of the Year 2000”. ITmedia. 2013年6月15日閲覧。
  52. ^ きゅうきゅうセンター - ニックネームをかえたい (マグネット)”. 2005年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月14日閲覧。
  53. ^ ログインできない!(マグネット)”. 2001年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月27日閲覧。
  54. ^ a b スーパーマグネッツって、いくらなの?(マグネット)”. 2004年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  55. ^ なぞのワームホール (マグネット)”. 2000年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月18日閲覧。
  56. ^ 登録4458518”. 特許情報プラットフォーム. 工業所有権情報・研修館. 2022年5月28日閲覧。
  57. ^ スーパーマグネッツパワーアップ よこくへん4(マグネット)”. 2002年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月29日閲覧。
  58. ^ スーパーマグネッツって、いくらなの?(マグネット)”. 2000年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  59. ^ マグネット 2003年8月のトップページ”. 2003年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  60. ^ ウェブメールってなーに? (マグネット)”. 2003年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  61. ^ a b
  62. ^ 日経産業新聞 1998.
  63. ^ a b c d e 「プロバイダーのサービスを使いこなす - 電子メールやホームページのオプションにも注目」、『日経パソコン』(1998年7月13日号)、日経BP社ISSN 0287-9506 pp. 236-239 | 日経BP記事検索サービスにて閲覧。
  64. ^ プロフィール(マグネット)”. 2001年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月14日閲覧。
  65. ^ a b
  66. ^ マグモニターってなあに?(マグネット)”. 2000年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  67. ^ Yahoo! Web of the Year 1999(マグネット)”. 2000年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月14日閲覧。
  68. ^ Web of the Year 2001”. ITmedia. 2013年6月15日閲覧。
  69. ^ Web of the Year 2002”. ITmedia. 2013年6月15日閲覧。
  70. ^ Web of the Year 2003”. 2006年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月14日閲覧。
  71. ^ a b “ホームページ マリオン”. 朝日新聞 夕刊: p. 7. (2001年3月1日)  | 聞蔵IIビジュアルにて閲覧。
  72. ^ a b c d マグネタウン - 3.デザインやプロフィールをきめる・かえる (マグネット)”. 2000年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  73. ^ a b c d 酒井 1997, p. 84.
  74. ^ マグネティック・フィールド(マグネット)”. 2000年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  75. ^ a b c d e f g h i j マグネタウン - 4.「おうち」のページでできること…(マグネット)”. 2000年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  76. ^ a b c マグスターシップ(マグネット)”. 2001年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  77. ^ ぬりえ(マグネット)”. 2004年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  78. ^ a b c マグネタウン - 「あきち」をさがそう!(マグネット)”. 2000年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  79. ^ a b マグネタウン ばんちょうのほし エメラルドタウン 1ブロック(マグネット)”. 2001年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月29日閲覧。
  80. ^ マグネタウン - 9.「おひっこし」しよう! (マグネット)”. 2000年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  81. ^ わすれものばんちょうワールド(マグネット)”. 2001年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月29日閲覧。
  82. ^ マグネタウンスポンサー(マグネット)”. 2003年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月26日閲覧。
  83. ^
  84. ^ 「おかしのほし」で使われていた画像(マグネット) (GIF)”. 2004年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月1日閲覧。
  85. ^ a b マグネタウン - 6.タウンをたんけんにでかけよう!(マグネット)”. 2000年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  86. ^ マグネタウン - 7.「おともだち」をさがそう!(マグネット)”. 2000年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  87. ^ マグポスト (マグネット)”. 2002年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  88. ^ マグネタウン - 5.「ポスト」のつかいかた… (マグネット)”. 2000年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  89. ^ a b おうちのかたへ・・・ (マグネット)”. 2005年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  90. ^ a b c d e マグフォーラムを楽しむために マグネット事務局からのおねがい(マグネット)”. 2004年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月29日閲覧。
  91. ^ このソフトだけは、てにいれて!(マグネット)”. 2005年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月13日閲覧。
  92. ^ おためしばん ゲーム (マグネット)”. 2005年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月14日閲覧。
  93. ^ a b c d チャットのあそびかた(マグネット)”. 2004年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  94. ^ a b 日経産業新聞 1997.
  95. ^ チャットへようこそ!(Java版)(マグネット)”. 1999年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  96. ^ “NTT DATA and Sanrio Launch LikeMinds Enabled Site for Kids”. PR Newswire. (1997年7月31日). Factiva prn0000020011008dt7u01usj 
  97. ^ マグネットつうしんVol.3(マグネット)” (1999年8月12日). 2004年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月29日閲覧。
  98. ^ ほかのひろばに、いってみよう(マグネット)”. 2004年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  99. ^ きゅうきゅうセンター - リバースゲームについて (マグネット)”. 2005年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  100. ^ キミのおへやを、つくろう (マグネット)”. 2004年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  101. ^ チャットをのぞいてみよう(マグネット)”. 2000年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月1日閲覧。
  102. ^ チャット (マグネット) (Adobe Shockwave)”. 2001年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月1日閲覧。(Shockwave Playerが必要)
  103. ^ チャット - マグネット事務局からのお願い(マグネット)”. 2002年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月1日閲覧。
  104. ^ マグフォーラム - 『マグネット事務局からのおしらせ』”. 2001年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月29日閲覧。
  105. ^ a b マグネットつうしんVol.209(マグネット)” (2004年2月19日). 2004年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月29日閲覧。
  106. ^ a b c d e
  107. ^ マグドルBOOK(マグネット)”. 2004年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月29日閲覧。
  108. ^ a b マグネット(2004年10月1日のトップページ)”. 2004年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月5日閲覧。
  109. ^ マグネットつうしんVol.219(マグネット)” (2004年5月7日). 2004年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月29日閲覧。
  110. ^ マグネット(2004年6月24日のトップページ)”. 2004年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月5日閲覧。
  111. ^ ココスクサポーターをよろしくネ!(マグネット)” (2004年12月20日). 2005年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月29日閲覧。
  112. ^ マグネット(2004年12月11日のトップページ)”. 2004年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月5日閲覧。
  113. ^ ガラポン・おてがみばんごうってなに!?(マグネット)”. 2003年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月22日閲覧。
  114. ^ マグラリーってなに?(マグネット)”. 2004年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月26日閲覧。
  115. ^ ホームページコンテスト (マグネット)”. 2004年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月14日閲覧。
  116. ^ フジサンケイ ビジネスアイ 2005a.
  117. ^ “NTTデータ、「magnet」会員が環境ボランティアに参加”. 毎日企業ニュースリリース (毎日新聞社). (1999年5月25日). Factiva maicnr0020010907dv5p006ve 
  118. ^ かながわゴミゼロキャンペーン!(マグネット)”. 2000年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月28日閲覧。
  119. ^ ゴミゼロキャンペーンに参加してきたヨ!(マグネット)”. 2006年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月24日閲覧。
  120. ^ えいごであそぼ 2005年12月2日の公式サイト”. 2005年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月13日閲覧。
  121. ^
  122. ^ マグネット ビッグニュース よこくへん1 (マグネット)”. 2005年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  123. ^ a b マグネット 2005年3月17日のトップページ”. 2005年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月5日閲覧。
  124. ^ 日経MJ 2005.
  125. ^ マグネット 2005年5月20日のトップページ”. 2005年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月5日閲覧。
  126. ^ メンバーとうろくクイズ (マグネット)”. 2005年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月13日閲覧。
  127. ^ スクエアいちらん (マグネット)”. 2006年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月13日閲覧。
  128. ^
  129. ^ ブログの使い方ガイド レベル3(マグネット)”. 2007年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月26日閲覧。
  130. ^ フジサンケイ ビジネスアイ 2005b.

参考文献編集

雑誌編集

  • 酒井康治「クリックしたくなる画像を効果的に配置 - 子供向けコンテンツを追求するサンリオの「マグネット」」、『日経ネットビジネス(旧:日経マルチメディア)』(1997年4月号)、日経BP社ISSN 1341-3058 pp. 82-89 | 日経BP記事検索サービスにて閲覧。
  • 「子供向けインターネットサービスmagnet™ 商用サービスを開始」、『月刊ビジネスコミュニケーション』(1998年3月号 第35巻)、ビジネスコミュニケーション社、ISSN 0385-695XNDLJP:3286982/29doi:10.11501/3286982 p. 54 | 国立国会図書館デジタルコレクションにて閲覧。

新聞編集

  • “NTTデータ・サンリオ、子供向け“電脳”社交場――対戦ゲームや会話。”. 日本経済新聞 朝刊: p. 13. (1996年11月7日)  | 日経テレコンにて閲覧。
  • “ネット上で友達と遊ぼう、NTTデータが子供向けサービス(サイバーナビ)”. 日経産業新聞: p. 3. (1997年8月1日)  | 日経テレコンにて閲覧。
  • Williams, Martyn (1997年8月4日). “New Kids Site Launched In Japan With LikeMinds”. Newsbytes News Network英語版. Factiva nbyt000020011007dt8400c78. Gale A19762377 
  • “NTTデータ通信、サンリオの子供向けコミュニティーサービス(ヒットの裏側)”. 日経産業新聞: p. 3. (1998年1月6日)  | 日経テレコンにて閲覧。
  • “NTTデータとサンリオ 子供向けサイト一新 小中学生対象、書き込みも”. フジサンケイ ビジネスアイ (日本工業新聞社). (2005年6月2日). Factiva nihkog0020050601e1620001p 
  • “NTTデータ、子供向けサイトをリニューアル(サイトseeing)”. 日経MJ: p. 7. (2005年6月17日)  | 日経テレコンにて閲覧。
  • “子供向けインターネットサイト「マグネット」をリニューアル”. フジサンケイ ビジネスアイ (日本工業新聞社). (2005年6月23日). Factiva nihkog0020050622e16n0000t 
  • 藤原泰子 (2006年8月9日). “「小学生ブロガー」家族でどう見守る?”. 朝日新聞 朝刊: p. 28  | 聞蔵IIビジュアルにて閲覧。

Webニュース編集

外部リンク編集