マグロ (テレビドラマ)

2007年の日本のテレビドラマ

新春ドラマスペシャル・マグロ』(しんしゅんドラマスペシャル・マグロ)は、テレビ朝日系列2007年1月4日5日の21:00 - 23:25(JST)に放送されたテレビドラマで、テレビ朝日と石原プロモーションが共同製作する正月ドラマのスペシャルである。2009年1月5日と6日の14:00 - 16:25(JST)に再放送された。

新春ドラマスペシャル
マグロ
ジャンル テレビドラマ
企画 早河洋(テレビ朝日)
小林正彦(石原プロモーション)
脚本 鎌田敏夫
監督 石橋冠
出演者 渡哲也
ナレーター 渡辺宜嗣(テレビ朝日アナウンサー)
音楽 住友紀人
言語 日本語
チーフ・
プロデューサー
五十嵐文郎(テレビ朝日)
プロデューサー 西河喜美子(テレビ朝日)
山崎智広(石原プロモーション)
制作 テレビ朝日
石原プロモーション
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1夜
放送期間 2007年1月4日
放送時間 木曜21:00 - 23:25
放送分 145分
回数 1回
第2夜
放送期間 2007年1月5日
放送時間 金曜21:00 - 23:25
放送分 145分
回数 1回
テンプレートを表示
テレビ朝日・六本木ヒルズに撮影で使用された新坂竜丸・マグロ漁船の展示風景

青森県大間町に実在するマグロ漁師をモデルに、マグロに挑む漁師とその家族のドラマを描いている。

あらすじ編集

主人公の漁師・竜男は、魚群探知機など近代設備に一切頼らず経験と勘だけで漁をしてきたマグロ漁師。しかし、そんな彼にも長男を片腕を切断する事故に巻き込んでしまった過去がある。

ある日、竜男の船が遭難した、との連絡が次女・真由のもとに入る。真由から連絡を受けた長女・夏海は急遽仕事を切り上げ母のもとに駆けつける。

キャスト編集

坂崎家編集

坂崎 竜男
演 - 渡哲也
一本釣りにこだわる大間のマグロ漁師。仲間からの信頼も篤い。しかし、息子たちにとっては大きな壁となる。長年、過酷な一本釣りに取り組んできた。
坂崎 夏海
演 - 天海祐希
主人公の長女。何もない大間に反発して上京、女性だけのネット関連企業を友人・亜矢子と共同経営している。勝気な性格。
坂崎 洋道
演 - 徳重聡
主人公の長男で夏海の弟。
坂崎 真由
演 - 内田有紀
主人公の次女で夏海・洋道の妹。母と共に食堂を営む。
坂崎 航
演 - 渡邉邦門
主人公の次男で夏海・洋道・真由の弟。
坂崎 康子
演 - 野波麻帆
洋道の妻。妊娠しており後に出産する。
坂崎 操
演 - 松坂慶子
主人公の妻。食堂経営。

その他編集

チョイ役ではあるが、第一部に出演。このときの模様は2006年12月に当時富川が担当していた「スーパーJチャンネル」の関東ローカル「ウワサ検証人」コーナーにて紹介された。
ナレーション。また、ドラマ本編の前に見所などのミニ番組的なものが流され、そのナレーターを務めた。従って、2日とも本編は21:04から始まっている。

特別出演(Special Guests)編集

  • 一枝亜矢子(夏海の友人で上記の企業を共同経営している) - 高島礼子
  • 海上保安庁・巡視艇船長 - 舘ひろし(前編のみ)
  • 児島医師 - 長嶋一茂(同上)
  • 弁護士 - 神田正輝(後編のみ)

スタッフ編集

事前及び告知番組編集

このドラマの放送に先駆けて、下記の日程で放送された。

その他編集

  • 総制作費に破格の10億円を投じ[1]、局側は2日間の合計視聴率45%(やしきたかじんは、「50%だろう」と予想)を目指した[1]が、前編は13.5%、翌日の後編は16.4%と、目標には及ばなかった。
  • 青森県大間が舞台であるが、大間町内とされる映像も含め、その多くが海を越えた函館市北海道)で撮影されていた。
  • このドラマで徳重聡高橋克典と共演したことがきっかけとなり、高橋が主演のドラマ主人公・只野仁を演じる特命係長 只野仁(3rdシーズン)24話(2007年1月26日放送)に徳重がゲスト出演することになった。
  • 2006年12月29日にTBS系列みのもんたの朝ズバッ!8時またぎ年末SP『2006年今年またぎ』の特別番組内にて8:30 以降「今年またぎ」として俳優渡哲也がゲスト出演した時、司会進行のみのもんたが気を利かせて番組終了直前に「今日、ゲスト出演している渡哲也さんが主演したスペシャルドラマ【マグロ】が年明けに放映されます」と他局にも関わらず告知してスタジオ内の多くの番組スタッフの笑を誘っていた。告知された渡哲也は苦笑いしながら「みのちゃん、他局の事だから言わないで」と述べた。

CMについて編集

放送前にはたびたび告知用のスポットCMが放送された。長さは数秒で、渡哲也ひとりが後ろ姿から画面方向に振り向いて登場し、「マグロ、○○」と一言だけ口にするもの(撮影快調、二夜連続などパターンが数種類ある)。

この告知CMのインパクトから、モノマネのネタなどに使用されることが多かった。

  • 水曜どうでしょう』の2006年新作の前後枠でも大泉洋がスポットCMベースのモノマネを行っている。
  • 中山秀征メイン司会の『おもいッきりDON!1155』の終盤に「マグロ」というコーナーがあった(コーナーの内容・出演者はいずれもドラマとは一切無関係)。なお渡は2009年9月24日に同番組に出演。
  • 週刊少年ジャンプ』2007年13号の『魔人探偵脳噛ネウロ』にて、「マグロ 二夜連続」、煽り文で「マグロ!!ご期待ください!?」という表現がされた。
  • テレビアニメ『とある科学の超電磁砲』BD/DVD5巻予約特典映像「もっとまるっと超電磁砲II」にて、「マグロ 二夜連続」という台詞が登場した。

脚注編集

  1. ^ a b 渡10億円ドラマで視聴率2日間45%超目標”. ORICON STYLE (2006年9月25日). 2011年9月25日閲覧。

関連項目編集