マケドニア王朝 (東ローマ)

1025年 バシレイオス2世没時のマケドニア王朝東ローマ帝国の版図

マケドニア王朝(マケドニアおうちょう、ギリシア語: Μακεδονική Δυναστεία)は、東ローマ帝国中期の王朝867年 - 1057年)。

目次

歴史編集

867年マケドニア地方生れのアルメニア系農民出身のバシレイオス1世が、クーデターでアモリア朝3代目の皇帝ミカエル3世を倒して皇帝に即位し、新王朝を開いた。

バシレイオス1世の子孫からは、法律や行政に優れたレオーン6世や、文化人として知られたコンスタンティノス7世、さまざまな軍事的功績をあげたバシレイオス2世などを輩出し、政治・経済・軍事・文化などの面で東ローマ帝国は躍進を遂げた。

コンスタンティノス7世の息子ロマノス2世の未亡人テオファノと結婚して帝位についた軍人皇帝ニケフォロス2世フォカスは、アンティオキアを約300年ぶりにイスラム勢力から奪回し、ニケフォロスを殺して帝位を奪ったヨハネス1世ツィミスケスも、ブルガリアやキエフ大公国軍を破り、シリアパレスチナを制圧した。ヨハネスの死後実権を取り戻したロマノス2世の息子バシレイオス2世は東西で戦いを進め、1018年には宿敵第1次ブルガリア帝国を滅ぼして、ユスティニアヌス1世の時代以来最大の版図を実現。バシレイオス2世の下で南イタリアバルカン半島小アジア・北シリア・アルメニアを支配する東地中海の大帝国として、東ローマ帝国は最盛期を迎えた。

しかし、バシレイオス2世が後継者を残さずに没した後は、享楽的な弟のコンスタンティノス8世、ついでコンスタンティノスの娘ゾエの結婚相手が相次いで皇帝となったが、無能・老齢・病弱な皇帝が続き、農民の貧富の差の拡大や大貴族勢力の伸張、財政破綻、トルコ人の侵入といった問題にも有効な手が打てないまま、帝国は衰退しはじめた。1054年にはコンスタンティノポリス教会とローマ教会が完全分裂(大シスマ)し、西欧との関係も悪化した。

1056年に女帝テオドラが没し、翌1057年にはテオドラの養子ミカエル6世が反乱で失脚したためにマケドニア王朝は断絶。以後30年近くに渡って内乱や外敵の侵入が相次ぎ、アレクシオス1世コムネノスによって建て直されるまで東ローマ帝国は滅亡寸前の状態となった。

この時代の東ローマ帝国は、それまでの実力主義的で身分的な上昇が容易な社会から、血統を尊重し身分の違いを重視する傾向が生じ始め、また同時に地方での軍事貴族の勢力が拡大しはじめた時期である。そのため何度かレカペノス家やフォカス家などの軍事貴族出身者が皇帝となることがあったものの、軍人出身の皇帝たちはむしろマケドニア王朝との縁戚関係の構築により自らの即位を正当化し、正統な皇子(いわゆるポルフュロゲネトス英語版)を名目的な共同皇帝として残さざるを得なかった。彼らはいずれも自分の実子に帝位を伝えることはできなかった。

なお、ギリシャ人は、古代以来氏姓や名字を名乗ることはなかったが、9-10世紀頃から名字を名乗るようになり、軍事貴族たちの多くも、レカペノス、ツィミスケス、ドゥーカスなどの名字を名乗っていた。しかし、マケドニア王朝のメンバーは名字を名乗っていない。農民出身のバシレイオス1世にはもともと名字はなく、その後の皇帝・皇族も、ただ自らの高貴な血統と高い爵位さえあれば、あえて名字を名乗って自らの家系を他と区別する必要はなかった。

マケドニア王朝皇帝一覧編集

注:強い強調のものはバシレイオス1世の子孫。それ以外はバシレイオス1世の血を引いていない。

皇帝の名前 在位年 備考
バシレイオス1世 867年 - 886年 アルメニア系農民出身
レオーン6世“フィロソフォス”[1] 886年 - 912年 バシレイオス1世の次男
アレクサンドロス 912年 - 913年 バシレイオス1世の三男
コンスタンティノス7世“ポルフュロゲネトス”[2] 913年 - 959年 レオーン6世の息子。920年 - 944年は共同皇帝
ロマノス1世レカペノス 920年 - 944年 帝国海軍司令長官。コンスタンティノス7世の皇后ヘレネの父
ロマノス2世 959年 - 963年 コンスタンティノス7世の息子
ニケフォロス2世フォカス 963年 - 969年 スコライ軍団司令長官(帝国中央軍総司令官)。ロマノス2世の皇后テオファノの再婚相手
ヨハネス1世ツィミスケス 969年 - 976年 ニケフォロス2世の甥。ニケフォロスを暗殺して即位。コンスタンティノス7世の娘テオドラと結婚。
バシレイオス2世“ブルガロクトノス”[3] 976年 - 1025年 ロマノス2世の長男。963年 - 976年は共同皇帝
コンスタンティノス8世 1025年 - 1028年 ロマノス2世の次男。963年 - 1025年は共同皇帝
ロマノス3世アルギュロス 1028年 - 1034年 首都長官。コンスタンティノス8世の娘ゾエの夫。
ミカエル4世 1034年 - 1041年 コンスタンティノス8世の娘ゾエの2番目の夫。
ミカエル5世 1041年 - 1042年 ミカエル4世の甥。
ゾエテオドラ 1042年 コンスタンティノス8世の娘2人の共同統治。
コンスタンティノス9世モノマコス 1042年 - 1055年 元老院議員。コンスタンティノス8世の娘ゾエの3番目の夫。
テオドラ 1055年 - 1056年 女帝。コンスタンティノス8世の娘が再び即位。
ミカエル6世ストラティオティコス 1056年 - 1057年 元老院議員。テオドラの養子。

系図編集

 
バシレイオス1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レオーン6世
 
アレクサンドロス
 
ロマノス1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンスタンティノス7世
 
ヘレネ
 
クリストフォロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロマノス2世
 
テオファノ
摂政
 
ニケフォロス2世
 
テオドラ
 
ヨハネス1世
 
コンスタンティノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バシレイオス2世
 
コンスタンティノス8世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テオファヌ
 
オットー2世
神聖ローマ皇帝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テオドラ
 
 
 
 
 
 
 
 
ロマノス3世
 
ゾエ
 
ミカエル4世
 
マリア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンスタンティノス9世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミカエル5世
 
(養子)
ミカエル6世
 
 
 

脚注編集

  1. ^ 「哲学者」を意味するあだ名
  2. ^ 「緋色の産室生まれ」を意味するあだ名。皇后専用の産室の壁に赤い大理石を用いたことから、皇帝が即位してから誕生した皇子を意味する。本来はこの条件を満たす皇子はすべて「ポルフュロゲネトス」であるが、コンスタンティノスの場合はレカペノス家の皇帝たち(正帝ロマノス1世のほか、ロマノスの息子たちも共同皇帝となっていた)との対比で特に個人的なあだ名としてこう呼ばれた。
  3. ^ 「ブルガリア人殺し」を意味するあだ名。詳細はバシレイオス2世を参照。

関連項目編集