マゴベエ探偵団

推理クイズ マゴベエ探偵団』(すいりクイズ マゴベエたんていだん)は、一部NET(1977年4月からはテレビ朝日)系列局で放送された名古屋放送(現・名古屋テレビ)製作の視聴者参加型クイズ番組。製作局の名古屋放送では1976年4月3日から1980年12月27日まで放送。

推理クイズ マゴベエ探偵団
Me-teleAnnex.JPG
番組の収録が行われた名古屋放送(現:名古屋テレビ)旧社屋(現:メ〜テレアネックス)
ジャンル クイズ番組
放送時間 土曜 17:00 - 17:30(30分)
放送期間 1976年4月3日 - 1980年12月27日
放送国 日本の旗 日本
制作局 名古屋放送
出演者 大野しげひさ
九鬼三千代
笑福亭鶴光
ほか
音声 モノラル放送
オープニング (歌:子門真人
テンプレートを表示

目次

概要編集

当時雑誌の付録などで人気を上げた推理クイズを映像化した番組である。

様々な芸能人が繰り広げる推理ドラマが受けて、名古屋放送の放送エリアでは人気が有った。しかし、ネット局のNETテレビ(現・テレビ朝日)では編成上の都合により土曜の朝のち日曜の朝に放送せざるを得ず、関東地区での人気は今一つだった。当時NETテレビは、土曜17時台で『前武のヤングアップ』(後のヤングアップ、司会 - 前田武彦ほか)→『ハチャメチャ生放送』(司会 - 松本ちえこあのねのね)といった若者向けの生放送バラエティ番組や、長寿演芸番組『末廣演芸会』を放送していた。

ルール編集

2人1組の解答者(概ね小学校高学年のペア)による対抗戦で、毎回3チームが参加。

犯行が行われた直後の現場で、大野マゴベエ探偵容疑者たちが繰り広げるドラマを見て、犯人と犯行方法を導き出していた。解答は1組ずつ行い、他のチームはその間はヘッドホンをして解答が聞こえないようにしていた。各チームの解答が出揃ったところで、マゴベエが正解となる推理と犯人の公表を行った。

犯人と犯行方法の両方を当てると名探偵賞が、どちらか一方だけを当てると推理賞が、どちらも当たらないとマゴマゴ賞が貰えた。

出演者編集

主題歌編集

提供編集

放送局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
中京広域圏 名古屋放送 NET→テレビ朝日系列 土曜 17:00 - 17:30 (本放送、1976年4月 - 1980年12月)
土曜 07:30 - 08:00 (再放送、1980年10月 - 1981年3月)
製作局
関東広域圏 NETテレビ → テレビ朝日 土曜 08:01 - 08:30 (初期)
日曜 07:30 - 08:00 (中期)
日曜 06:30 - 07:00 (末期)
広島県 広島ホームテレビ 土曜 07:30 - 08:00 (1979年8月25日時点)[1]

備考編集

  • 放送開始当初は、同局の子供番組『こどもワイドショー ブンブンバンバン』のキャラクター・バンバンがマゴベエの助手役として出演していた。
  • ドラマパートには、轟二郎由利徹大山のぶ代らが準レギュラーもしくはゲストで出演していた。このうち、大山の役名は「大山花子」で、職業の設定は回により異なっていた(例 - テレビ局プロデューサー、歌手、警部など)。また、大山は『ドラえもん』の放送開始後、犯人役を務めた際にドラえもんの声でCM挿入告知を担当したことがある。
  • ポップコーントライアングルといった歌手がゲストの回では、番組のラストで彼らが持ち歌を披露していた。
名古屋放送 土曜17:00枠
前番組 番組名 次番組
宇宙の騎士テッカマン
(17:00 - 17:30)
推理クイズ マゴベエ探偵団
(1976年4月 - 1980年12月)
ドラ猫大将
(17:00 - 17:30)

脚注編集

  1. ^ 読売新聞(岡山版)、1979年8月25日、テレビ・ラジオ欄(第20面)