マゴメド・アンカラエフ

マゴメド・アンカラエフ英語: Magomed Ankalaevロシア語: Магомед Анкалаев1992年6月2日 - )は、ロシア男性総合格闘家ダゲスタン共和国マハチカラ出身。ゴレッツ・ファイトチーム所属。UFC世界ライトヘビー級ランキング2位[2]

マゴメド・アンカラエフ[1]
2018年
本名 マゴメド・アリブラトヴィチ・アンカラエフ
(Magomed Alibulatovich Ankalaev)
生年月日 (1992-06-02) 1992年6月2日(32歳)
出身地 ロシアの旗 ロシア
ダゲスタン共和国マハチカラ
国籍 ロシアの旗 ロシア
身長 191 cm (6 ft 3 in)
体重 93 kg (205 lb)
階級 ライトヘビー級
リーチ 191 cm (75 in)
スタイル 総合格闘技
コンバットサンボ
レスリング
拠点 ダゲスタン共和国マハチカラ
トレーナー スフラブ・マゴメドフ (ヘッドコーチ)
シャミル・アリバティロフ
ランク アマチュア総合格闘技 (国際スポーツマスター)
コンバットサンボ (スポーツマスター)
現役期間 2014年 -
総合格闘技記録
試合数22
勝利19
ノックアウト11
判定8
敗戦1
タップアウト1
引き分け1
無効試合1
その他
大学 ダゲスタン国立大学
総合格闘技記録 - SHERDOG
獲得メダル
男子 アマチュア総合格闘技
ロシアの旗 ロシア
WMMAA世界選手権
2013 バクー 93kg級
2014 ミンスク 93kg級
2015 プラハ 93kg級
2016 マカオ 93kg級
ロシア選手権
2014 ハンティ・マンシースク 93kg級
2014 モスクワ 93kg級
2014 ハバロフスク 93kg級
2015 ダゲスタン 93kg級
2015 グロズヌイ 93kg級
2015 オムスク 93kg級
2016 オレンブルク 93kg級
男子 コンバットサンボ
ダゲスタン選手権
2016 ダゲスタン ライトヘビー級
テンプレートを表示

来歴

編集

ダゲスタン国立大学時代にグレコローマンレスリングを始める。スポーツ学部を卒業後、コンバットサンボを始め、後にスポーツマスターの称号を授与された。その後、コンバットサンボと総合格闘技が類似していたため、総合格闘技に移行することを決意し、アマチュア総合格闘技のロシア国内選手権、世界選手権で王者となった。また、アマチュア総合格闘技で後のBellator世界王者ワジム・ネムコフワレンティン・モルダフスキーに勝利している[3]

総合格闘技

編集

2014年、プロ総合格闘技デビュー。ローカル団体で10戦10勝の戦績を残す。

2018年3月17日、UFC初参戦となったUFC Fight Night: Werdum vs. Volkovポール・クレイグと対戦。全局面で圧倒したものの、試合終了1秒前に三角絞めで逆転の3R一本負け[4]。キャリア初黒星を喫した。

2018年9月15日、UFC Fight Night: Hunt vs. Oliynykでマルチン・プラフニオと対戦し、左ハイキックでダウンを奪いパウンドで1RKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[5]

2019年11月9日、UFC Fight Night: Zabit vs. Kattarでダルチャ・ランギアムブーラと対戦し、左前蹴りで3RKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[6]

2020年2月29日、UFC Fight Night: Benavidez vs. Figueiredoイオン・クテラバと対戦し、開始38秒にスタンドパンチ連打でTKO勝ちを収めたが、レフェリーのストップを巡って論争が起こり、再戦が組まれることとなった[7]

2020年10月24日、UFC 254イオン・クテラバと再戦し、カウンターの左ストレートでダウンを奪いパウンドで1RKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[8]

2021年2月27日、UFC Fight Night: Rozenstruik vs. Ganeでライトヘビー級ランキング8位のニキータ・クリーロフと対戦し、3-0の判定勝ち[9]

2021年10月30日、UFC 267でライトヘビー級ランキング8位のヴォルカン・オーズデミアと対戦し、3-0の判定勝ち[10]

2022年3月12日、UFC Fight Night: Santos vs. Ankalaevでライトヘビー級ランキング5位のチアゴ・サントスと対戦し、3-0の5R判定勝ち[11]

2022年7月30日、UFC 277でライトヘビー級ランキング5位のアンソニー・スミスと対戦し、パウンドで2RTKO勝ち。9連勝となった[12]

2022年12月10日、UFC 282のUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチでライトヘビー級ランキング3位のヤン・ブラホヴィッチと対戦し、1-1の5R判定ドロー[13]。王座獲得に失敗した。海外のMMAメディアサイトの採点では25人中23人の記者がアンカラエフの勝利を支持した[14]

2023年10月21日、UFC 294でライトヘビー級ランキング7位のジョニー・ウォーカーと対戦。1Rにアンカラエフが反則であるグラウンド状態での顔面への膝蹴りを放ってしまい、ウォーカーは試合続行をアピールしたがドクターがストップを要請したためノーコンテストとなった[15]。しかし、この医師の判断は物議を醸し、医師がウォーカーのダメージを確認するため「今どこにいる?」と質問したのに対し、ウォーカーは「砂漠にいる」と答えていたが、ダナ・ホワイトCEOは、ウォーカーの答えは「間違っていない」とし、医師のことを「経験が浅い」と批判、また以前からUFCで度々、言語の違いからレフェリーおよび医師と選手の間で意思の疎通に齟齬が生じることが起こっていたことから、改善していきたいと語った[16]

2024年1月13日、UFC Fight Night: Ankalaev vs. Walker 2でライトヘビー級7位のジョニー・ウォーカーと再戦し、右フックでダウンを奪いパウンドで2RKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[17]

戦績

編集
総合格闘技 戦績
22 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
19 11 0 8 0 1 1
1 0 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ジョニー・ウォーカー 2R 2:42 KO(右フック→パウンド) UFC Fight Night: Ankalaev vs. Walker 2 2024年1月13日
ジョニー・ウォーカー 1R 3:13 ノーコンテスト(反則の膝蹴りによるドクターストップ) UFC 294: Makhachev vs. Volkanovski 2 2023年10月21日
ヤン・ブラホヴィッチ 5分5R終了 判定1-1 UFC 282: Błachowicz vs. Ankalaev
【UFC世界ライトヘビー級王座決定戦】
2022年12月10日
アンソニー・スミス 2R 3:09 TKO(パウンド) UFC 277: Peña vs. Nunes 2 2022年7月30日
チアゴ・サントス 5分5R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Santos vs. Ankalaev 2022年3月12日
ヴォルカン・オーズデミア 5分3R終了 判定3-0 UFC 267: Błachowicz vs. Teixeira 2021年10月30日
ニキータ・クリーロフ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Rozenstruik vs. Gane 2021年2月27日
イオン・クテラバ 1R 4:19 KO(左ストレート→パウンド) UFC 254: Khabib vs. Gaethje 2020年10月24日
イオン・クテラバ 1R 0:38 TKO(スタンドパンチ連打) UFC Fight Night: Benavidez vs. Figueiredo 2020年2月29日
ダルチャ・ランギアムブーラ 3R 0:29 KO(左前蹴り) UFC Fight Night: Zabit vs. Kattar 2019年11月9日
クリッドソン・アブレウ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Błachowicz vs. Santos 2019年2月23日
マルチン・プラフニオ 1R 3:09 KO(左ハイキック→パウンド) UFC Fight Night: Hunt vs. Oliynyk 2018年9月15日
× ポール・クレイグ 3R 4:59 三角絞め UFC Fight Night: Werdum vs. Volkov 2018年3月17日
セルソ・リカルド・ダ・シウバ 1R 1:11 KO(パウンド) WFCA 43 2017年10月4日
ワグナー・プラド 1R 3:33 KO(パウンド) WFCA 38
【WFCAライトヘビー級タイトルマッチ】
2017年6月21日
マキシム・グリシン 4R 1:13 TKO(左ハイキック→パウンド) WFCA 30
【WFCAライトヘビー級タイトルマッチ】
2016年10月4日
アルツール・アスタコフ 5分3R終了 判定3-0 WFCA 23 2016年6月11日
ロイド・マーシュバンクス 1R 0:15 TKO(パウンド) WFCA 18 2016年4月9日
ナディール・ブルハダロフ 1R 4:45 KO(パンチ) Supercup of Russia 2015 2015年12月5日
ドブレツァン・ヤギムラドフ 5分3R終了 判定3-0 Oplot Challenge 103 2014年10月18日
ストラヒンヤ・デニッチ 5分3R終了 判定3-0 Tesla Fighting Championship 4 2014年6月14日
ワシリー・バビッチ 5分3R終了 判定2-0 Oplot Challenge 96 2014年1月18日

獲得タイトル

編集
  • WFCAライトヘビー級王座(2016年)

表彰

編集
  • UFCパフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(4回)

脚注

編集
  1. ^ マゴメド・アンカラエフ UFC 公式サイト
  2. ^ [1] UFC 公式サイト
  3. ^ Valetudo.Ru Новости ММА valetudo.ru 2022年12月8日
  4. ^ Submission! Watch Paul Craig tap Magomed Ankalaev with one second left at UFC London MMA Mania 2018年3月17日
  5. ^ UFC Moscow: Magomed Ankalaev ices Marcin Prachnio with nasty combination Fansided 2018年9月15日
  6. ^ UFC Moscow Results: Magomed Ankalaev KO’s Lungiambula Cageside Press 2019年11月9日
  7. ^ Magomed Ankalaev Defeats Ion Cutelaba After Controversial Stoppage – UFC Norfolk Results Low Kick MMA 2020年2月29日
  8. ^ UFC 254 results: Magomed Ankalaev puts Ion Cutelaba to sleep with vicious first-round knockout MMA Fighting 2020年10月24日
  9. ^ Magomed Ankalaev defeated Nikita Krylov in tough fight Harbord 2021年2月28日
  10. ^ UFC 267 results: Magomed Ankalaev picks apart Volkan Oezdemir, extends winning streak to seven MMA Junkie 2021年10月30日
  11. ^ Magomed Ankalaev defeats Thiago Santos by decision in UFC Fight Night main event ESPN 2022年3月13日
  12. ^ UFC 277: Magomed Ankalaev Finishes Anthony Smith, “Lionheart” Suffers Leg Injury Cageside Press 2022年7月30日
  13. ^ Magomed Ankalaev drew with Jan Blachowicz MMA Decisions 2021年12月10日
  14. ^ Magomed Ankalaev drew with Jan Blachowicz MMA Decisions 2021年12月10日
  15. ^ UFC 294 Results: Makhachev vs. Volkanovski 2 MMA Fighting 2022年10月21日
  16. ^ Dana White criticizes ‘inexperienced’ doctor who stopped Magomed Ankalaev vs. Johnny Walker fightMMA Fighting 2023年10月21日
  17. ^ UFC Vegas 84 Results: Ankalaev vs. Walker 2 MMA Fighting 2024年1月13日

関連項目

編集

外部リンク

編集
  • "マゴメド・アンカラエフ". UFC.com.
  • TAPOLOGY 選手データ
  • ESPN 選手データ
  • MMA Junkie 選手データ
  • マゴメド・アンカラエフの戦績 - SHERDOG(英語)