メインメニューを開く

マサノミネルバ日本の元競走馬

マサノミネルバ
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2005年5月17日(14歳)
ラムタラ
ハートステイジ
母の父 カコイーシーズ
生国 日本の旗 日本北海道三石町
生産 中田英樹
馬主 中村正子→吉田千津
調教師 堂山芳則北海道)→川島正行船橋
競走成績
生涯成績 11戦4勝
獲得賞金 2601万3000円
テンプレートを表示

戦績編集

2007年、2歳でデビューを迎え、5月24日旭川競馬場で行われたフレッシュチャレンジ競走五十嵐冬樹が騎乗してデビューするが、1番人気で2着だった。以降しばらく五十嵐が騎乗することになる。5月29日にデビュー2戦目で初勝利を挙げ、6月21日のウィナーズチャレンジも制し2勝目を挙げる。初の重賞挑戦となった栄冠賞 (H2) では、6番人気ながらハートオブクィーンらを相手にレースを制し、3連勝で重賞初勝利を挙げた。続くリリーカップで5着、ブリーダーズゴールドジュニアカップで3着、サンライズカップで5着となる。エーデルワイス賞では、前走から騎乗している山口竜一を背に、2着だったモエレプットに5馬身差をつけて圧勝[1]した。なお、11月2日門別競馬場で行われたトレーディングセールへ上場され、5010万円(税抜)で社台グループに購入されている。その後は兵庫ジュニアグランプリに出走登録を行ったが回避した。

2008年、エーデルワイス賞以来レースに出走することなく4月11日付で競走馬登録を抹消されたが、再び川島正行厩舎所属として登録され、関東オークスに出走するが12着と敗れた。その後のスターライトカップでも13着と大敗した。8月25日付で地方競馬登録を抹消され、現役を引退した。

引退後は社台ファーム繁殖牝馬として繋養され、スアデラ[2]、ボーダレスガール[3]と2頭の地方重賞優勝馬を送り出している。

血統表編集

マサノミネルバ血統ニジンスキー系 / Northern Dancer 3×5=15.63%(父内)、Tom Fool 4×5=9.38%(母内)、Menow 5×5=6.25%、Native Dancer 5×5=6.25%、Nasrullah 5×5=6.25% (血統表の出典)

*ラムタラ
Lammtarra
1992 栗毛
父の父
Nijinsky II
1967 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
父の母
Snow Bride
1986 栗毛
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
Awaasif Snow Knight
Royal Statue

ハートステイジ
1993 鹿毛
*カコイーシーズ
Cacoethes
1986 鹿毛
Alydar Raise a Native
Sweet Tooth
Careless Notion Jester
Miss Uppity
母の母
ハートブレイク
Heartbreak
1981 栗毛
Stage Door Johnny Prince John
Peroxide Blonde
Royal Folly Tom Fool
Golden Sari F.No.9-f


脚注編集

  1. ^ 北海道所属馬の優勝は、2000年のナミ以来7年ぶり3頭目。
  2. ^ スアデラ”. JBISサーチ. 2017年11月9日閲覧。
  3. ^ ボーダレスガール”. JBISサーチ. 2017年11月9日閲覧。

外部リンク編集