メインメニューを開く

マシュー・ジョージ・イーストン(Matthew George Easton、1823年6月3日1894年1月5日[1]、ないし、2月27日[2])は、スコットランド長老派教会説教者著作家。最もよく知られている著作は、死後3年が経ってから出版された『イーストン聖書辞典 (Easton's Bible Dictionary)』(1897年)である。その他にも、フランツ・デリッチドイツ語版の著作である注釈書2点の英語への翻訳などが業績としてある。

イーストンは、グラスゴー大学に学び、1843年修士 (MA)、1874年名誉神学博士 (DD) となった[2]

イーストンは、サウス・エアシャーガーバン英語版イースト・エアシャーダーベル英語版で、スコットランド国教会教区教会の牧師を務め、後にはダーベルの自由教会の牧師となった[2]。 また、禁酒運動への参画によっても知られていた[1]

イーストンは、1893年に没した妻メアリ・ヘザリントン・イーストン (Mary Heatherington Easton) とともに、ダーベル旧墓地 (Darvel Old Cemetery) に埋葬された[3]

脚注編集

  1. ^ a b Looking for George and Mary Easton”. Gravestone pix. 2015年8月13日閲覧。
  2. ^ a b c Graduate Record for Matthew George Easton”. University of Glasgow. 2015年8月13日閲覧。
  3. ^ Matthew George Easton - Find a Grave

外部リンク編集