メインメニューを開く

マジェスティック』(原題: The Majestic)は、2001年アメリカ映画。主演はジム・キャリー。主人公ルークの生前の声は、マット・デイモンが演じている。

マジェスティック
The Majestic
監督 フランク・ダラボン
脚本 マイケル・スローン
製作 フランク・ダラボン
マイケル・スローン
製作総指揮 ジム・ベンク
出演者 ジム・キャリー
音楽 マーク・アイシャム
撮影 デヴィッド・タッターサル
編集 ジム・ペイジ
製作会社 キャッスル・ロック・エンターテインメント
ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年12月21日
日本の旗 2002年6月22日
上映時間 152分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $72,000,000[1]
興行収入 $37,317,558[1]
テンプレートを表示

キャッチコピー編集

  • 自分のことすら知らない男を、町の誰もが"希望"と呼んだ。

ストーリー編集

1951年、アメリカは第二次赤狩りの真っただ中、ハリウッドの新進脚本家ピーター・アプルトンはB級映画の脚本を書きながら、いずれは"A級"の作品も手がけたいと奮闘していた。そんな時、学生時代に女の子の気を引くために共産主義/反戦集会 (Food Not Bombsに参加していたことが下院非米活動委員会の知るところとなり、共産主義者との疑いをかけられる。その結果、ピーターの新作公開は延期され、クレジットから名前がはずされ、スタジオとの契約も破棄されてしまう。

キャリアを絶たれてしまったピーターは、絶望から飲酒運転をしたうえ、道路に飛び出したオポッサムを避けようとして、橋から落ちてしまう。事故で記憶喪失になってしまった彼が流れ着いた町“ローソン”は、戦争で多くの若者を失い、残った人々の心に大きな傷を残していた。彼は第二次大戦で行方不明 (MIA) になっていた町の英雄ルーク・トリンブルにそっくりであったため、町中の人々からルークと勘違いされ受け入れられてしまう。

ピーターは、町の復興の第一歩としてルークの映画館“マジェスティック”の再建に尽力するのであった。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ピーター・アプルトン/ルーク・トリンブル ジム・キャリー 森田順平
ハリー・トリンブル マーティン・ランドー 納谷悟朗
アデル・スタントン ローリー・ホールデン 込山順子
スタントン医師 デヴィッド・オグデン・スティアーズ 岩田安生
スタン・ケラー ジェームズ・ホイットモア 大木民夫
アーニー・コール町長 ジェフリー・デマン 佐々木敏
レオ・クーベルスキー アレン・ガーフィールド 園江治
サンドラ・シンクレア アマンダ・デトマー 斎藤恵理
エルヴィン・クライド院内顧問 ボブ・バラバン 廣田行生
セシル・コールマン保安官 ブレント・ブリスコー 後藤哲夫
ドイル議員 ハル・ホルブルック 小山武宏
ケヴィン・バナマン ロン・リフキン 宮田光
エメット・スミス ジェリー・ブラック 小関一
探検家ローランド ブルース・キャンベル
スタジオの重役 カール・ライナー
ルーク・トリンブルの声 マット・デイモン

スタッフ編集

作品解説編集

本作は、ハリウッド・ブラックリスト(ハリウッド・テン=ハリウッドの10人の映画監督と脚本家)の実話から着想を得ている。劇中では『アフリカの女王』のポスターが確認でき、『地球の静止する日』が上映される。撮影は、カリフォルニア州ハンボルト郡ファーンデール英語版で行われた。

出典編集

  1. ^ a b The Majestic (2001)” (英語). Box Office Mojo. 2010年11月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集