マジェルテーン (英語: Majeerteen, ソマリ語: Majeerteen, アラビア語: ماجرتين‎; also spelled Majerteen, Macherten, Majertain,Mijurtin)[1]ソマリ族氏族ダロッド氏族の支族。主にソマリアバリ州ヌガール州ムドゥグ州に住む。現在のソマリアは連邦制を取っており、ソマリア東北にあるプントランドはマジェルテーン主体の国である。ソマリア独立前にはマジェルテーン・スルタン国を作っていた。

Majeerteen
ماجرتين
Kingosmanbargaalcast.jpg
バルガル英語版に残るマジェルテーンスルターン国の城址
居住地域
言語
ソマリ語
宗教
イスラム教
関連する民族
ダロッド氏族

居住地編集

関連地図(国境は現在のもの)

マジェルテーンは昔から、現在のバリ州ヌガール州ムドゥグ州に当たる地域に住む[2]。北はバンダル・シヤダ英語版からガラカド英語版の辺りの海岸沿いに住む[3]。また、ガローウェガルカイヨといった内陸部の都市に住む者もいる。

19世紀に同じダロッド氏族のドゥルバハンテ英語版、ダシーシュ、ワルセンゲリなどと共にソマリア南部のキスマヨにも移住している。

この他、エチオピアソマリ州オガデン付近に住む者もいる[4]

歴史編集

マジェルテーンによるスルターン国編集

昔のマジェルテーンの政治形態ははっきりしない。17世紀初頭にはマジェルテーンとして氏族集団を形成していたらしい。18世紀半ばにはスルターン国と呼べるほどの勢力になっていた(マジェルテーンスルターン国英語版)。

1860年に即位したスルターンであるオスマン・マハムド英語版の頃[5]、ヨーロッパ人との交流が始まった。オスマン・マハムド王は時代の波に乗り、カルカール州英語版ヌガールなどを支配下に置いた。さらに交易網を強化し、外国と条約を結んで、強力な中央集権制度を敷いた[6][7]。ところが、いとこのユスフ・アリ・ケナディド英語版の勢力と争いが生じ、当初はケナディドをアラビア半島イエメンに追放することに成功するが、ケナディドはホビョハウィエ氏族を1878年に制圧してホビョスルターン国英語版を作った[5][8][9]。しばらくはオスマン・マハムドとユスフ・アリ・ケナディドの王国が並立する状態が続いた[6][10]。両国の活動記録文書も残されている[11]

1888年、ユスフ・アリ・ケナディドはオスマン・マハムドに対抗するため、自国をイタリア保護領とした。翌1889年にはオスマン・マハムドも自国をイタリア保護領とする条約を結ぶ。この頃、イギリスとイタリアは競うようにしてソマリア各地の氏族集団を保護する条約を結び、支配を広げていった。

20世紀になると、イスラーム聖職者(ムッラー)のサイイド・ムハンマド・アブドゥラー・ハッサンが大規模な反乱を起こし、一時はイタリアやイギリスの軍を破って勢力を伸ばした。イタリアはユスフ・アリ・ケナディドに対してイギリス軍への協力を要請するがケナディドはこれを拒否し、結局ケナディドはイエメンのアデンに、その息子はエリトリアに追放されてしまう[12]

ケナディドの別の息子であるオスマン・ユスフ・ケナディド英語版は有名な詩人、学者であり、1920年代にソマリ語を表記するために、ラテン文字でもアラビア文字でもない独自のオスマニヤ文字を考案している[13]

イタリアはサイイド・ムハンマド・アブドゥラー・ハッサンの反乱鎮圧を通じて勢力を伸ばし、最終的にマジェルテーン居住地を含めたソマリアの多くをイタリア領ソマリランドとして支配することになった。

ソマリア独立後編集

1960年のソマリア独立当初は大統領、首相、国会議長をハウィエダロッドイサックの3氏族で分け合っていた。初代首相のシェルマルケ、2代目のアブディリザクはともにダロッドのマジェルテーン氏族だった。シェルマルケは2代目大統領となった。

クーデターで3代目大統領となったモハメド・シアド・バーレはダロッドではあったがマレハン英語版氏族出身である。バーレは自政権の終わりに、自分が所属するマレハン氏族の優遇措置を取った。1978年にマジェルテーンの一族はクーデターを企てるが失敗し、多くが処刑された。生き残ったマジェルテーンの有力者の一人アブドゥラヒ・ユスフは、軍閥ソマリ救済民主戦線英語版 (SSDF) を設立する。SSDFは当初はイサックハウィエも含んでいたが、やがてマジェルテーン氏族中心の軍閥となる。バーレ政権崩壊後はソマリア内戦となり、SSDFも2つの派閥に割れる。

1998年、マジェルテーン氏族を中心とするハルティは、ソマリア北東部でプントランドの建国を宣言する。プントランドの大統領は、初代アブドゥラヒ・ユスフから現職のアブディウェリ・モハメド・アリまで、全てマジェルテーンで占められている。2011年時点のプントランド議会は、65議席中の30議席がマジェルテーン氏族の割り当てとなっている[14]

一方、2004年に発足したソマリア暫定連邦政府の初代大統領はマジェルテーン氏族で初代プントランド大統領だったアブドゥラヒ・ユスフである。次代大統領はハウィエのアフマドであったが、アフマドは首相にマジェルテーン氏族のシルマルケアブディウェリなどを任じている。

氏族の系統編集

血縁集団である氏族ではあるが、その系統は分からなくなっている部分も多い。ここでは世界銀行が2005年に発行した Conflict in Somalia: Drivers and Dynamics[15]イギリス内務省が2001年に発行した Somalia Assessment 2001[16] を元に説明する。

アリ・サレバーン支族はボサソに古くから拠点を持つ一族である[17]:19。第3代大統領のバーレはアリ・サレバーン氏族とクマール・マハムード氏族を競わせてマジェルテーンの弱体化を図った[17]:19。、

1960年代は、アリ・サレバーン、ワダルムゲ、シース・マハムド支族がキスマヨの経済界で力を持っていた[17]:19

現在では、マハムード・サレバーン支族の下部であるオマル・マハムード、オスマン・マハムード英語版、イセ・マハムードの3支族がプントランドで大きな権力を握っており、歴代の大統領はこの3支族が交替で受け持っている[14]。この他、ムセ・サレバーン、ウガール・サレバーン支族が大きい[17]:17

  • ダロッド
    • マレハン英語版
    • カバラー (Kabalah)
      • ハルティ
        • ドゥルバハンテ英語版 (Dolbahante)
        • ダシーシュ (Dishiishe, Dishishe)
        • ワルセンゲリ英語版
        • マジェルテーン
          • Wabeeneeye
          • Idigfale (Muuse Noleys)
          • Danweyne (Abdalle Noleys)
          • Amaanle
          • Guddoonwaaq
          • Filkucaag
          • Amartiwaaq
          • Tabale
          • アリ・ジブラヒル (Ali Jibraahiil)
          • Nuux Jibrahiil
          • Cabdirixiin Ibraahim
          • Wadalmoge
          • Reer Umar
          • Reer Maxamuud
            • Abukar Maxamuud
              • Faarax Ismacil
              • Ciise Ismacil
              • Maxamed Ismacil
            • Qaasin Maxamuud
              • Maxamed Qaasin
              • Axmed Qaasin
              • Aadan Qaasin
              • Bare Qaasin
              • Ibraahim Qaasin
          • Reer Bicidyahan
          • Siwaaqroon
            • Abdirahman
              • Adan Abdiraxman
                • Ibrahim Abdisamad
                • Yoonis Abdisamad
                • Mohamud Abdisamad
              • Cawlyahan (Obokor Abdiraxman)
                • Ciise Cawlyahan
                • Jibriil Cawlyahan
                • Hashim Cawlyahan
            • Mohammed
          • Ugaar Saleebaan
          • Ismail Saleebaan
          • アリ・サレバン (Ali Saleebaan)
            • Bicidyahan Ali
            • Auliyahan Ali
            • ウマル・アリ (Omar Ali)
            • Adam Ali
            • Ismail Ali
          • マハムード・サレバーン (Maxamuud Saleebaan)
            • Cumar Maxamuud
            • Cusmaan Maxamuud
            • Ciise Maxamuud

著名人編集

参考文献編集

  1. ^ Central Intelligence Agency (2002年). “Ethnic Groups”. Somalia Summary Map. Perry–Castañeda Library英語版. 2010年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月18日閲覧。
  2. ^ Royal African Society, African Affairs, Volume 101, (Oxford University Press: 2002) p.101.
  3. ^ Somalia's Complex Clan Dynamics”. fragilestates.org (2012年1月10日). 2017年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月6日閲覧。
  4. ^ Humphrey, James Harry (6 May 2018). Issues in Contemporary Athletics. Nova Publishers. ISBN 9781594545955. オリジナルの30 December 2017時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171230230230/https://books.google.co.uk/books?id=OneDq8BbtuUC&pg=RA1-PA25&lpg=RA1-PA25&dq=majeerteen+ogade&source=bl&ots=0TVRDrrKzH&sig=jf7uzWwbQfXXH9n8y0yJVYRw2VI&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjsx7Dn47HYAhVrJ8AKHYnwAjAQ6AEIUDAG#v=onepage&q=majeerteen+ogade&f=false 2018年5月6日閲覧。 
  5. ^ a b Helen Chapin Metz, Somalia: a country study, (The Division: 1993), p.10.
  6. ^ a b Horn of Africa, Volume 15, Issues 1-4, (Horn of Africa Journal: 1997), p.130.
  7. ^ Transformation towards a regulated economy, (WSP Transition Programme, Somali Programme: 2000) p.62.
  8. ^ Lee V. Cassanelli, The shaping of Somali society: reconstructing the history of a pastoral people, 1600-1900, (University of Pennsylvania Press: 1982), p.75.
  9. ^ Lea, David; Rowe, Annamarie (2001). A Political Chronology of Africa. Europa Publications. p. 378. ISBN 1857431162. https://books.google.com/books?id=ROR1xreEJTsC&printsec=frontcover&dq=A+Political+Chronology+of+Africa#q=hobyo 
  10. ^ Michigan State University. African Studies Center, Northeast African studies, Volumes 11-12, (Michigan State University Press: 1989), p.32.
  11. ^ Sub-Saharan Africa Report, Issues 57-67. Foreign Broadcast Information Service. (1986). p. 34. https://books.google.com/books?id=8FlEAQAAIAAJ 
  12. ^ Sheik-ʻAbdi (1993:129)
  13. ^ Yasin Osman Kenadid • Puntite”. puntite.com (2017年8月1日). 2017年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月6日閲覧。
  14. ^ a b 高野秀行 (2013). 謎の独立国家ソマリランド. 本の雑誌社. p. 254-263. ISBN 9784860112387 
  15. ^ Worldbank, Conflict in Somalia: Drivers and Dynamics Archived 2018-06-16 at the Wayback Machine., January 2005, Appendix 2, Lineage Charts, p.55 Figure A-1
  16. ^ Country Information and Policy Unit, Home Office, Great Britain, Somalia Assessment 2001, Annex B: Somali Clan Structure Archived 2011-07-16 at the Wayback Machine., p. 43
  17. ^ a b c d Marchal, Roland (2010年5月). “The Puntland State of Somalia: A Tentative Social Analysis”. Sciences Po. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月15日閲覧。

外部リンク編集