ATPツアー・マスターズ1000

マスターズ1000から転送)

ATPツアー・マスターズ1000(英語:ATP Tour Masters 1000)は、男子プロテニス協会 (以下ATP) が運営するテニス競技大会の規格名称であり、グランドスラムATPファイナルズに次ぐ規格に分類される大規模大会群である。カテゴリの色は金。

男子プロテニス

概要編集

マスターズ1000はATPが1990年に男子プロツアーから引き継いで開始されたのが源流で、当初はATPチャンピオンシリーズ、96年より9大会開催されたことからスーパー9と呼ばれ、2000年よりテニス・マスターズ・シリーズ、2004年よりATPマスターズ・シリーズと改称。2009年よりATPワールドツアーの改編に伴って、名称と指定開催地に変更が施され、現在のATPマスターズ1000となった。

なお、現在も年9大会が開催されており、各大会の優勝者にはATPレース・ポイントおよびATPエントリー・ポイントが一律1000点与えられる。

ATPエントリー・ランキングの上位シード選手に出場資格義務があり、不当な理由で欠場した場合は翌年に参戦できないことがある。ただし、2009年よりATPが選手達の負担を考慮して、例外的にモンテカルロ・マスターズについては出場義務を課さないことが決定した。また、ある規定の条件の実績を残した選手には出場義務が軽減される。

出場義務免除の条件編集

  • 通算600試合出場。
  • 年間12大会以上出場した年から12年プレー。
  • 満31歳に達すること。

上記の条件を1つ満たすごとに、1大会の出場義務が免除される。また、3つの条件すべてを満たした選手については、全大会の出場義務が免除される。

ATPポイント編集

大会 (ドロー) 優勝 準優勝 ベスト4 ベスト8 ベスト16 ベスト32 ベスト64 ベスト128 予選通過 予選2 予選1
シングルス (96) 1000 600 360 180 90 45 25 10 16 8 0
シングルス (56/48) 45 10 N/A 25 16
ダブルス (32/24) 0 N/A N/A N/A N/A N/A

記録編集

大会一覧編集

大会名 開催地 会場 開始年 サーフェス 開催月 ドロー 賞金 公式サイト
BNPパリバ・オープン
BNP Paribas Open
  アメリカ合衆国 インディアンウェルズ インディアンウェルズ・テニスガーデン英語版 1974 ハード 3月上旬 96 $8,761,725 [1] 
マイアミ・オープン
Miami Open presented by Itaú
  アメリカ合衆国 マイアミガーデンズ ハードロック・スタジアム 1985 ハード 3月下旬 96 $8,761,725 [2]
モンテカルロ・マスターズ
Rolex Monte-Carlo Masters
  フランス ロクブリュヌ=カップ=マルタン モンテカルロ・カントリークラブ英語版 1897 クレー 4月中旬 56 €5,572,875 [3]
ムチュア・マドリード・オープン
Mutua Madrid Open
  スペイン マドリード ラ・カハ・マヒカ 2002 クレー
[† 1]
5月上旬
[† 2]
56 €6,901,635 [4]
BNLイタリア国際
Internazionali BNL d'Italia
  イタリア ローマ フォロ・イタリコ 1930 クレー 5月中旬
[† 3]
56 €5,572,875 [5]
ナショナル・バンク・オープン
National Bank Open presented by Rogers
  カナダ トロント アビバ・センター英語版 1881 ハード 8月上旬 56 $6,104,210 [6]
モントリオール スタッドIGA英語版
ウエスタン・アンド・サザン・オープン
Western & Southern Open
  アメリカ合衆国 メイソン英語版[† 4] リンドナー・ファミリー・テニスセンター英語版[† 4] 1899 ハード 8月中旬 56 $6,458,545 [7]
上海マスターズ
Rolex Shanghai Masters
  中国 上海市 上海旗忠森林体育城テニスセンター 2009 ハード 10月中旬頃 56 $7,875,885 [8]
パリ・マスターズ
Rolex Paris Masters
  フランス パリ12区 ベルシー・アレナ 1986 ハード (室内)
[† 5]
11月上旬頃 48 €5,572,875 [9]
以前開催されていた大会
大会名 開催地 会場 開始年 サーフェス 開催月 ドロー 賞金 備考 公式サイト
ハンブルク・マスターズ[† 6]
Masters Series Hamburg
  ドイツ ハンブルク アム・ローテンバウム英語版 1892 クレー 5月中旬 64 €2,270,000 2009年から500シリーズに降格 [10] 
  1. ^ 2008年までは室内・ハード
  2. ^ 2008年までは10月中旬
  3. ^ 2020年は新型コロナウイルス感染症の世界的流行に伴うスケジュール変更により9月中旬に開催
  4. ^ a b 2020年は新型コロナウイルス感染症の世界的流行に伴うスケジュール変更によりニューヨークUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター (全米オープンの会場) で開催
  5. ^ 2006年までは室内・カーペット
  6. ^ 500シリーズ降格前の2008年のデータ
 
 
インディアンウェルズ
 
マイアミ
 
モンテカルロ
 
マドリード
 
ローマ
 
モントリオール
 
トロント
 
シンシナティ
 
上海
 
パリ
ATPツアー・マスターズ1000 (地球)

優勝者一覧編集

  インディアン
ウェルズ
  マイアミ
  モンテカルロ
  マドリード
  ローマ
  カナダ
  シンシナティ
  上海
  パリ
2009   ナダル   マリー   ナダル   フェデラー   ナダル   マリー   フェデラー   ダビデンコ   ジョコビッチ
2010   リュビチッチ   ロディック   ナダル   ナダル   ナダル   マリー   フェデラー   マリー   セーデリング
2011   ジョコビッチ   ジョコビッチ   ナダル   ジョコビッチ   ジョコビッチ   ジョコビッチ   マリー   マリー   フェデラー
2012   フェデラー   ジョコビッチ   ナダル   フェデラー   ナダル   ジョコビッチ   フェデラー   ジョコビッチ   フェレール
2013   ナダル   マリー   ジョコビッチ   ナダル   ナダル   ナダル   ナダル   ジョコビッチ   ジョコビッチ
2014   ジョコビッチ   ジョコビッチ   ワウリンカ   ナダル   ジョコビッチ   ツォンガ   フェデラー   フェデラー   ジョコビッチ
2015   ジョコビッチ   ジョコビッチ   ジョコビッチ   マリー   ジョコビッチ   マリー   フェデラー   ジョコビッチ   ジョコビッチ
2016   ジョコビッチ   ジョコビッチ   ナダル   ジョコビッチ   マリー   ジョコビッチ   チリッチ   マリー   マリー
2017   フェデラー   フェデラー   ナダル   ナダル   A.ズベレフ   A.ズベレフ   ディミトロフ   フェデラー   ソック
2018   デル・ポトロ   イズナー   ナダル   A.ズベレフ   ナダル   ナダル   ジョコビッチ   ジョコビッチ   ハチャノフ
2019   ティーム   フェデラー   フォニーニ   ジョコビッチ   ナダル   ナダル   メドベージェフ   メドベージェフ   ジョコビッチ
2020
中止[* 1]
  ジョコビッチ
中止[* 1]
  ジョコビッチ
中止[* 1]
  メドベージェフ
2021   ノリー   フルカチュ   チチパス   A.ズベレフ   ナダル   メドベージェフ   A.ズベレフ
中止
  ジョコビッチ
2022   フリッツ   アルカラス   チチパス   アルカラス   ジョコビッチ   カレーニョ・ブスタ   チョリッチ
中止
  ルーネ
  • BIG4は色づけした。
  1. ^ a b c 2020年は新型コロナウイルス感染症の世界的流行に伴うスケジュール変更による。

優勝回数ランキング編集

1970~編集

選手名 回数
1.   ノバク・ジョコビッチ 38
2.   ラファエル・ナダル 36
3.   ロジャー・フェデラー 28
4.   イワン・レンドル 22
5.   ジョン・マッケンロー 19
6.   ジミー・コナーズ 17
  アンドレ・アガシ
8.   ビヨン・ボルグ 15
9.   アンディ・マリー 14
10.   ボリス・ベッカー 13
11.   ピート・サンプラス 11

太字は現役選手

現制度(2009年~)編集

選手名 回数
1.   ノバク・ジョコビッチ 34
2.   ラファエル・ナダル 24
3.   ロジャー・フェデラー 14
4.   アンディ・マリー 12
5.   アレクサンダー・ズベレフ 5
6.   ダニール・メドベージェフ 4
7.   ステファノス・チチパス 2
  カルロス・アルカラス
9.   ニコライ・ダビデンコ 1
  イワン・リュビチッチ
  アンディ・ロディック
  ロビン・セーデリング
  ダビド・フェレール
  スタン・ワウリンカ
  ジョー=ウィルフリード・ツォンガ
  マリン・チリッチ
  グリゴール・ディミトロフ
  ジャック・ソック
  フアン・マルティン・デル・ポトロ
  ジョン・イズナー
  カレン・ハチャノフ
  ドミニク・ティーム
  ファビオ・フォニーニ
  フベルト・フルカチュ
  キャメロン・ノリー
  テイラー・フリッツ
  パブロ・カレーニョ・ブスタ
  ボルナ・チョリッチ
  ホルガ・ルーネ

太字は現役選手

キャリア・ゴールデン・マスターズ編集

選手生活の間に9大会全てに優勝することをキャリア・ゴールデン・マスターズと呼ぶ。 また複数回達成(9大会すべてで複数回優勝)した選手は、名前の右の括弧内に回数を示す。

シングルス編集

- 達成者 インディアンウェルズ マイアミ モンテカルロ マドリード ローマ カナダ シンシナティ 上海 パリ
1   ノバク・ジョコビッチ (2) 2008年 2007年 2013年 2011年 2008年 2007年 2018年 2012年 2009年

ダブルス編集

- 達成者 インディアンウェルズ マイアミ モンテカルロ マドリード ローマ カナダ シンシナティ 上海 パリ
1   ダニエル・ネスター 1997年 2002年 2009年 2002年 1997年 2000年 1996年 2011年 2009年
2   ブライアン兄弟
  ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
2013年 2007年 2007年 2006年 2008年 2002年 2003年 2014年 2005年

テレビ中継編集

日本では放映権をGAORAが獲得しており、2016年は1回戦から生放送(一部録画放送あり)している。

2015年から2022年までNHK BS1(一部地上波総合テレビ)でも放送されていた[2]

脚注編集

  1. ^ Federer Hails Novak’s ‘Amazing Accomplishment’ ATP 2018年8月20日
  2. ^ 週刊ゴルフダイジェスト (2022年12月2日). “NHKがPGAツアー放映から撤退。GOLFTVも終了…どうなるゴルフ中継?”. Myゴルフダイジェスト. 2022年12月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集