マズダク教(マズダクきょう)とは、5世紀末から6世紀にかけてサーサーン朝ペルシャ(現在のイラン)に起こった宗教である。当時の主流であったゾロアスター教を批判しつつ禁欲や平等を説いたが、サーサーン朝によって宗教弾圧に遭った。

処刑されるマズダクを描いた『シャー・ナーメ』の押絵

歴史編集

ザルドシュルト編集

ザルドシュルトはマニ教指導者であり、マズダクの先駆者とされる。詳細は分かっていないが、名前からザラスシュトラと混同され、これがもとで一部資料においてマズダク教がザルドシュルト教=ゾロアスター教と誤解される元となった[1]

マズダク編集

開祖のマズダクバビロニア出身のゾロアスター教僧侶であった。マニ教の影響も受けていたとされる[1]

マズダクはサーサーン朝のカワード1世488年-531年)により、貴族の政治勢力に対抗するための政治的手段として宰相に取り立てられた。これは、カワードが即位前にエフタル人質に出されていたため、ペルシャ国内の政治的基盤がもろかったためである。しかし、マズダク教は国王の意図を超えて社会運動として広まりを見せ、財産や女性の共有などを説いたため、社会が混乱に陥った。即位前のホスロー1世がこれを徹底的に弾圧し、社会秩序を再建した

ムカンナアの反乱編集

マズダク教は絶滅したわけではなく、イスラム期に入ってからも、780年頃に中央アジアで勃発したムカンナの反乱(776年-783年)ではイデオロギーとして復活している。

ホッラム教編集

イラン高原北部にマズダク教の流れをくむホッラム教が成立した。彼らは他人を害することを極力控える平和な農民たちであったが、イスラム教シーア派グラートが合流すると、武装集団に変質した。アッバース朝の内乱に伴い、バーバクという人物の指導の下、イラン高原北西部で反乱を起こし、816年 - 837年にわたって独立勢力となった。これはイラン人がイスラム教以外の宗教を旗印に反乱を起こした最後の例となった[2]

教義編集

マズダクの教えは、一切の平等を説く社会的抗議運動だったと思われる。そのため一時期、共産主義国の学者によって積極的に研究された[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 青木健『新ゾロアスター教史』(刀水書房、2019年)177-178ページ。
  2. ^ 前掲青木243-245ページ。