メインメニューを開く

マセイオポルトガル語: Maceió)はブラジル北東部の海岸沿いにあるアラゴアス州の州都で、同州最大の都市である[1]。人口は922,458人(2006年)。おおよそ1,180,000人(2005年)の人がマセイオ都市圏に住んでいる。

マセイオ
Município de Maceió
ブラジルの旗
Pajuçara Beach in Maceió
Pajuçara Beach in Maceió
マセイオの市旗 マセイオの市章
市旗 市章
愛称 : The Paradise of Waters
位置
アラゴアス州内のマセイオの位置の位置図
アラゴアス州内のマセイオの位置
ブラジル内のアラゴアス州の位置の位置図
ブラジル内のアラゴアス州の位置
座標 : 南緯9度39分49.32秒 西経35度44分15秒 / 南緯9.6637000度 西経35.73750度 / -9.6637000; -35.73750
歴史
建設 1815年12月5日
行政
ブラジルの旗 ブラジル
 地方 北東部
  アラゴアス州
 市 マセイオ
地理
面積  
  市域 511 km2
標高 7 m
人口
人口 (2006年現在)
  市域 922,458人
その他
等時帯 UTC-3 (UTC-3)
夏時間 UTC-2 (UTC-2)
公式ウェブサイト : http://www.maceio.al.gov.br/

歴史編集

マセイオは19世紀に古い精糖所とプランテーションの複合から始まった。開発はジャラグアードスル湾から木材をとる船の到着で始まった。

精糖所の設備にともなって、砂糖タバコココナッツ皮革、いくつかの香辛料の輸出が始まった。開拓による繁栄により1815年12月15日に村になった。その後も成長が続いたおかげで、1839年12月9日にアラゴアス州の州都になった。

マセイオはまた港町でもあり、200年前の港湾開発により村から都市へと発展した。

地理編集

ムンダウー湖英語版大西洋の間に位置する。

気候編集

熱帯性気候で年平均気温は25度の中で暮らしている。

交通編集

空港編集

ズンビ・ドス・パウマーレス国際空港英語版はマセイオと多くのブラジル国内の都市を連絡しており、またいくつかの国際便も運行されている。

教育編集

マセイオはアラゴアス連邦大学英語版の本拠地である。

スポーツ編集

サッカー編集

マセイオをホームとするサッカークラブがある。

姉妹都市編集

ゆかりの人物編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『地球の歩き方 2016〜17 ブラジル ベネズエラ』ダイヤモンド・ビッグ社、2016年、262頁。ISBN 978-4-478-04851-1

外部リンク編集