マセラティ・クーペMaserati Coupé )およびそのオープンモデルマセラティ・スパイダーMaserati Spyder )はイタリアマセラティ2002年から2007年まで販売されていた高級スポーツカーマセラティ グランスポーツMaserati GranSport )は2005年から2007年まで販売されていた、空力特性の改善、サスペンション、エンジン、トランスミッションの再調整、よりスポーティなインテリアが特徴のスポーツ・バージョン。後継モデルはグラントゥーリズモ

マセラティ・クーペ
マセラティ・スパイダー
マセラティ・グランスポーツ
クーペ
スパイダー
グランスポーツ
概要
販売期間 クーペ: 2002年 - 2007年
スパイダー: 2002年 - 2007年
グランスポーツ: 2005年 - 2007年
デザイン イタルデザイン・ジウジアーロ
ボディ
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドア クーペ
駆動方式 FR
パワートレイン
エンジン 4.2L V型8気筒
クーペ, スパイダー: 390PS
グランスポーツ: 401PS
変速機 GT 6速MT
Cambiocorsa 6速セミAT
グランスポーツ 6速セミAT
ダブルウィッシュボーン
ダブルウィッシュボーン
車両寸法
ホイールベース クーペ: 2,660mm
スパイダー: 2,440mm
グランスポーツ: 2,660mm
全長 クーペ: 4,523mm
スパイダー: 4,303mm
グランスポーツ: 4,510mm
全幅 クーペ: 1,822mm
スパイダー: 1,822mm
グランスポーツ: 1,825mm
全高 クーペ: 1,305mm
スパイダー: 1,305mm
グランスポーツ: 1295mm
車両重量 クーペ: 1,670kg
スパイダー: 1,730kg
グランスポーツ: 1,680kg
系譜
先代 3200GT
後継 グラントゥーリズモ
テンプレートを表示

スタイル・機構

編集

クーペ

編集

先代3200GTをベースに開発、デザインはジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタルデザインが担当、テールランプ、ボンネットグリッド以外は先代のデザインをほぼ受け継いでいる。

トランスミッションは6速MTとパドルシフトで変速を行う6速セミATの2つが用意され、それぞれ6MT仕様車には"GT"、6AT仕様車には“カンビオコルサ”という名称が与えられている。

エンジン・駆動系はマセラティ伝統のV8・FRレイアウトがとられ、4.2L 90°V8 最高出力287kW(390PS)/7,000rpm、最大トルク451Nm(46kgm)/4,500rpmと先代より大幅にパワーアップされている。左/右ハンドルから選べる。

スパイダー

編集

2001年フランクフルトモーターショーで初披露、翌2002年デトロイトモーターショーから生産開始。デザインはクーペと同じくイタルデザイン。クーペの2シーターオープンモデルである。クーペよりも全長4,303mm、全幅1,822mm、全高1,305mm、ホイールベース2,440mmと、ホイールベースが220mm短縮、それに伴い全長も220mm短くなっている。クーペと同様、“カンビオコルサ”と称するセミオートマがラインナップされている。左/右ハンドルから選べる。

Maserati Spyder 90th Anniversary2004年、マセラティ創立90周年を記念して発売したモデルである。専用設計された前後スポイラー、サイドスカート、ヘッドレスト後部のロールバーにはカーボン製のフェアリングが付きエアロダイナミクス設計され、見た目以上の特別設計が成されている。内外装は専用ブルーカラー、フェンダーには“Casa de Tridente”(マセラティロゴ)が付く。価格は1522万5,000円で世界限定180台が生産され、日本には8台が割り当てられた。

ギャラリー

編集

関連項目

編集

外部リンク

編集