MC20は、イタリアマセラティが開発したスーパーカーである。

マセラティ・MC20
Maserati MC20 Milano 1.jpg
Maserati MC20 Milano 2.jpg
リアビュー
概要
販売期間 2020年 -
ボディ
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン位置 ミッドシップ
駆動方式 後輪駆動
パワートレイン
エンジン 2,992cc V型6気筒DOHC ツインターボ
最高出力 630 PS / 7,500 rpm
最大トルク 74.4 kgf·m / 3,000 - 5,500 rpm
変速機 8速DCT
車両寸法
ホイールベース 2,700mm
全長 4,669 mm
全幅 1,965 mm
全高 1,224 mm
車両重量 1,500 kg
系譜
先代 MC12
テンプレートを表示

概要編集

MC12以来16年ぶりとなる自社製スーパーカーとして2020年2月にその名が明かされ、同年9月9日モデナで開催されたブランドリローンチイベント「MMXX:Time to be audacious」でワールドプレミア。同時に日本およびアメリカでも発表された[注 1]。当初は同年5月末の発表を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行を受け延期されていた。

マセラティブランドの新時代の幕開けを象徴するモデルとして、「100% メイド・イン・モデナ」「100%メイド・イン・イタリー」を基本理念に開発された。マセラティ車としては22年ぶりに自社製エンジンを搭載しているほか、将来の電動化にも対応した設計となっている。

車名は「MC」が「マセラティ・コルセ(イタリア語でレーシングの意)」の略を、「20」はマセラティが「新時代の幕開け」と位置づけた2020年をそれぞれ意味する。

ホモロゲーションモデルであったMC12とは異なりカタログモデルとして販売されるが、本車によるモータースポーツへの復帰も計画されている。

メカニズム編集

パワートレイン編集

「ネットゥーノ(Nettuno、英語でネプチューンの意)」と命名された自社製の3.0L 90度V型6気筒DOHC ツインターボエンジンをミッドシップに搭載。内径×行程は88mm×82mm、圧縮比は11:1。

最大の特徴は「MTC(マセラティ・ツイン・コンバスチョン)」と呼ばれる新開発の燃焼システムを組み込んだ点である。フォーミュラ1カーで常用されるプレチャンバー(副燃焼室)をロードカーで初めて採用し、状況に応じて通常の点火とプレチャンバーによる点火を使い分けることで、燃焼効率とレスポンスの向上を図っている。ポート噴射直噴を併用しているため、点火プラグとインジェクターは各気筒に2個ずつ(計12個)備えられている。

その他、低重心化のためにドライサンプを採用し、ターボチャージャーもバンクの内側ではなく両サイドの下側に設けられている。

スペックは最高出力630ps/7,500rpm、最大トルク74.4kgf·m/3,000-5,500rpmを発生。リッターあたり210psという高出力を実現した。組み合わせられるトランスミッションは8速DCT

「ネットゥーノ」はMC20のワールドプレミアに先んじて2020年7月に発表されており、マセラティによればMC20を皮切りに搭載車種を展開していく予定であるとしている。

エクステリア編集

 
バタフライドアを開放した状態

ボディは2ドアクーペで、将来のカブリオレモデル展開も見据えた設計となっている。ドアはマセラティ史上初となるバタフライドアを採用した。

デザインでは、マセラティがブランドアイデンティティと位置づけるエレガンス、パフォーマンス、快適性を基本指針とした上で、ボディのアッパー(上部)とアンダー(下部)それぞれに異なるテーマを持たせるという手法が取り入れられている。アッパーではサイドのエアダクトやエアロパーツの類を一切廃し、美麗なボディラインを追求した。リアスポイラーも装着されていないが、ボディ自体の空力性能の向上で十分なダウンフォースが得られるとしている。アンダーは機能美を徹底するという指針からカーボンファイバー製パーツが多用され、スポーツ性能を高めている。ダラーラの空洞実験室において、2,000時間以上に及ぶテストや1,000回以上の数値流体力学シミュレーションを行った。その他、フロントグリルやサイドにはマセラティ伝統のシンボルであるトライデントのエンブレムが装着され、リアガラスのルーパーもトライデントをイメージした形状になっている。

外装色には専用色として「ビアンコ・アウダーチェ」「ジャッロ・ジェニオ」「ロッソ・ヴィンチェンテ」「ブルー・インフィニート」「ネロ・エニグマ」「グリジオ・ミステロ」の6色を用意。すべてMC20のために開発された新色である。

インテリア編集

インテリアは「ドライバーが運転に集中しやすい環境」を第一に設計された。カーボンファイバー製のセンターコンソールにはワイヤレス式のスマートフォン充電器、ドライビングモードセレクター(GT、Wet、Sport、Corsa、ESC Off)、ギアシフト用ボタン、パワーウィンドウスイッチ、マルチメディアシステムコントロールなどが集中配置され、機能性の向上を図っている。素材はレザーアルカンターラを基調とし、上質さを演出している。

コネクテッドシステムには「マセラティ・コネクト・プログラム」を搭載。常時インターネットに接続することで、ナビゲーションシステムAlexaWi-fiスポットといったサービスが提供され、スマートフォンやスマートウォッチの専用アプリで管理することも可能となっている。

パフォーマンス編集

車重は1,500kgで、パワーウェイトレシオは2.33kg/PS。マセラティによればこのパワーウェイトレシオはクラス最高値だという。0-100km/h加速は2.9秒以下、最高速は325km/h以上と公表されている。

販売編集

2020年9月10日より受注を開始。日本での販売価格は2,650万円。2021年初頭からマセラティ本社に隣接する工場で生産が開始され、日本では同年夏ごろからデリバリーされる予定となっている。

2021年1月5日から2月1日にかけて「ジャパンツアー」と称し、日本全国のマセラティディーラーでMC20の巡回展示を実施した。

その他編集

脚注編集

  1. ^ 日本では時差の関係で翌9月10日の発表となった。

参考文献編集

外部リンク編集


マセラティ S.p.A. ロードカータイムライン 1940-
タイプ 1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代 2020年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
エントリー ビトゥルボシリーズ ギブリIII
4ドアグランツーリスモ ロワイヤル
クアトロポルテ I II III IV V VI
グランツーリスモ A6 3500GT セブリング 228 ギブリII
ミストラル カリフ グラントゥーリズモ
5000GT ギブリ カムシン シャマル 3200GT クーペ
2+2 メキシコ キャラミ
インディ
ミッドシップ メラク
ボーラ MC20
SUV レヴァンテ
オーナー オルシ・ファミリー シトロエン P デ・トマソ フィアット フェラーリ フィアット
レーシングカー: 26M8CV8RI6CM4CL/4CLT150Sティーポ63ティーポ65250F200S300S350S450Sティーポ61(バードケージ)ティーポ151ティーポ154MC12 GT1トロフェオ
ホモロゲーションモデル: バルケッタMC12
コンセプトカー: マセラティ・ブーメランバードケージ 75th
公式WEBサイト: MASERATI