マタンゴ』は、1963年8月11日に公開された日本特撮ホラー映画変身人間シリーズの番外編的作品[注釈 2]。製作・配給は東宝[2]イーストマン・カラー東宝スコープ、89分[1]。同時上映作品は『ハワイの若大将[1]

マタンゴ
MATANGO[1]
監督
脚本 木村武
原案
製作 田中友幸
出演者
音楽 別宮貞雄
撮影
編集 兼子玲子
製作会社 東宝[2][注釈 1]
配給 東宝[2][注釈 1]
公開 日本の旗 1963年8月11日
上映時間 89分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

ウィリアム・H・ホジスンの海洋綺譚「夜の声」を原作とし[5][3][6]、翻案・脚本化された。当初は早川書房の雑誌『S-Fマガジン』にて「空想科学小説コンテスト」を共催し、それに入選した作品の映画化を予定していたが該当作が無かったため、同誌の編集長であった福島正実の提案によって原作を決定し、福島自身が脚色を手掛けた[7]

奇談怪談に属する内容だが、同時上映の明るい青春映画『ハワイの若大将』とのギャップも手伝い、今日でもSFホラー映画マニアの間で語り継がれる作品である。また、カルト映画の1つとしても知られている[8]。海外での人気も高い[9]

興行的には成功であったとは言えず[3]、本作品と翌年の『宇宙大怪獣ドゴラ』が低迷に終わったことで本格SF路線はゴジラシリーズなどの怪獣路線へ吸収されていった[10][注釈 3]

あらすじ編集

東京の病院に収容されている1人の青年が、自らが遭遇した恐怖の体験を語り始めた。

ある日、豪華なヨットで海に繰り出した7人の若い男女が嵐に遭って難破し、無人島に漂着した。そこは、カビと不気味なキノコに覆われた孤島であった。波打ち際で唯一見つかった難破船には、少数の食料が残されていたものの生存者はおらず、「船員が日々消えていく」と書かれた日誌や、「キノコを食べるな」という警告が残っていた。男女は当初は協力していたが、食料と女性を奪い合って対立する飢餓と不和の極限状態が訪れ、7人の心はバラバラになっていく。また、島の奥からは等身大のキノコに似た不気味な怪物が出没し始め、1人、また1人と禁断のキノコに手を出していく。

唯一キノコに手を出さず怪物の魔手からも逃れ、ヨットで島を脱出した青年は幸運にも救助され、こうして病院へ収容されることとなったが、そこは精神病院の鉄格子の中だった。難を逃れたはずが狂人として隔離されてしまった青年は、「戻ってきてきちがいにされるなら、自分もキノコを食べて恋人と島で暮らしたほうが幸せだった」と後悔し、窓から平和な東京の町を眺めて悲観に暮れながら鉄格子の方を振り返る。病院関係者たちの好奇と畏怖の注目を集める青年の顔には、彼が島で見たキノコが生え始めていた。

第三の生物 マタンゴ編集

諸元
マタンゴ
Matango[12][13]
別名 第三の生物[14][15][12][16][注釈 4]
体長 10cm - 2.5m[17][14][15][13][16]
体重 50g - 300kg[17][13][16][注釈 5]
出身地

劇中では、「どこかの国が行った水爆実験の放射線によって変異したキノコを食した人間の成れの果て」と設定されている。マタンゴを食した者の全身は次第に胞子で覆われていくが、それにつれて知性は失われ、成体(キノコ人間[16])へ変身してしまえば人としての自我は消失し、怪物への変異が完了する[注釈 7]。難破船の日誌には、「麻薬のように神経をイカレさせてしまう物質を含む」とある(劇中でマタンゴを食べた者は幻覚を見て気分が高揚し、血色がよくなって笑顔のままでいる)。難破船の船員は、日誌に「島で発見した新種のキノコ」と記録していた。

変身途上のマタンゴは、無施錠のドアを開ける、背後から人を襲って島の内陸部に拉致するといった程度の知能は残っているが、明確な言葉は発さずうめき声程度しか発しない。薬品や火、光に弱いとされており、銃弾では死なないが、銃身で殴られて腕がもげる(ただし、血は大して流れない)など、骨肉の強度は人間のそれより劣る。

マタンゴが自生する島は木々が多々茂っているうえにいつも霧に包まれており、昼でも暗い。歩けば1日もかからず反対側に行ける広さしかないこの島には、潮や霧の影響から多くの船が島に引き寄せられて座礁するため、近海地域は「南太平洋の船の墓場」と形容されている[16]。浜にはウミガメが産卵に来るが、鳥類は決して島に近づこうとしない。

  • 名はキノコの一種であるママダンゴから採られた[18]。変身途上のマタンゴを、マタンゴ怪人と記述した書籍もある[15][6][12][19]。小松崎茂による完全体のデザイン画では、マッシュルームに由来するマグマという名称が記されていた[20]
  • 劇場公開当時のポスターでは「吸血の魔手で人間を襲う“第三の生物”マタンゴの恐怖!」と記述されている[注釈 8]が、作品にそのような設定や描写は無い。また、「核実験で生まれたキノコ」という設定以外に文明批評的なものも無く、人間の我欲の行き着くところが無我・無自性のキノコ怪人であり、それが人間性に潜在する本性であるかのようなニヒリスティックなストーリー構成となっている。
  • スーツは、ワンピース状の1体と頭部と胴体が分かれたツーピース状の4体が作られた[22]。全高は3メートルほどだが、ラテックス製のため、重量は従来の怪獣よりも最も軽い30キログラムほどであった[22]。表面には光を反射するスコッチライトや蛍光塗料などを施して青白く発光するようになっている[22]。マタンゴ怪人のマスクもラテックス製[22][13]。マスク制作は、怪獣の頭部原型を手掛ける利光貞三ではなく、八木寛寿らが担当した[23]。森の中のキノコの造形物は、発泡剤を石膏や一斗缶に入れて膨らませている[13][23]
  • 複数出現したマタンゴ成体の中には、シメジに似た形態の個体もいた[22][6][注釈 9]。これは小松崎茂によるデザインに基づいた造形の着ぐるみであるが[22]、1体しか製作されていないらしく、出番は少ない。なお、現実世界でブナシメジが人工栽培に成功して広く出回るようになったのは1970年である[25]ため、シメジをモチーフとしているかも不明である。
  • 声は『ウルトラQ』に登場するケムール人リリー、『ウルトラマン』に登場するバルタン星人などの声に流用されたほか、ジョージ・A・ロメロ監督『ゾンビ』の日本公開版の予告編ではゾンビの呻き声としても流用されている[13]

スタッフ編集

キャスト編集

製作編集

制作に際し、合成機器としてオックスベリー社の最新光学合成撮影機「オプチカルプリンター1900シリーズ」が本作品のために購入されている[7]。撮影助手を務めていた川北紘一は、同年の映画『大盗賊』で本格的に使用するため、本作品でテストを兼ねていたものと推測している[22]

ロケ伊豆大島八丈島で行われたが、マムシが頻繁に出没するうえ、森のシーンではムカデなどが多く、スタッフやキャストを悩ませた。笠井役の土屋嘉男によると、の演出のためにスモークを焚いたところ、樹上からいろいろな虫が落ちてきて大騒ぎになったという。

キノコのミニチュアには、開発されたばかりでまだ使用目的の無かった発泡ウレタンが使われた[7]。キノコがみるみるうちに発育していくシーンは、実際に発泡ウレタンが反応して膨れ上がる様子をそのまま使っている[22]。土屋は、撮影までマタンゴの姿を知らずセットで初めて見たが、着ぐるみはヨチヨチ歩きで、セットも『白雪姫』のような雰囲気であったため、笑ってしまったという[9]

キャストが食べる劇中のキノコは、蒸し菓子(米粉を練った和菓子素材)を食紅などで着色したもの(「新粉細工」と呼ばれるもの[27])である。菓子は成城凮月堂が映画用に作っており、毎朝撮影所に蒸したてが届けられた。そのままでは味気なかったため、土屋の提案で砂糖を加えて食べやすくしたところ大変好評で[注釈 11]、麻美役の水野久美は特に気に入って食べていたといい[28]、スタッフたちも撮影の合間につまみ食いをしていたという。なお、後年にみうらじゅんが水野に尋ねたところによれば、彼女がキノコを手に取って妖艶な仕草で美味しさを伝えるシーンは、若くてよく意味がわからないまま監督に何度も駄目出しされたそうである[29]

ヨットの造形物は、フルスケールの本編セットと特撮スタジオプールでのミニチュアが用いられた[22]

小山役の佐原健二は『モスラ対ゴジラ』のオーディオコメンタリーで「『マタンゴ』では歯の治療中だったため、抜いてそのままで出演した」と語っているが、自著では「本作品の役作りのために抜いた」と記している[30]。また、佐原はセットで歯を紛失して大変であったとも述べている[9]

ラストシーンで村井の入れられた病室の窓から見える景色は、合成ではなくミニチュアで表現された[22]

登場人物のモデル編集

遭難する登場人物たちには、それぞれモデルとなった人物が存在する[6]。これは脚本の木村武と監督の本多猪四郎が、脚本を仕上げていく段階で設定された。

ヨットのオーナーである会社社長・笠井は西武グループ堤義明清二兄弟、小心者の推理作家・吉田は大藪春彦、仲間を見捨ててヨットで逃げ出す船長・作田は堀江謙一、大学助教授・村井はワイドショーで人生相談に出演していた学者(学生の明子を自分の恋人にしている)、歌手・麻美は「芸能界のどこにでもいた女性」、ヨットマン助手・小山はそんな彼らを庶民の視点から見る人物となっている。

この設定はプロデューサーの田中友幸を怒らせたが、本多はほとんど直さずに作品を仕上げている[31]

備考編集

  • 本作品公開の前月である1963年7月に公開された『日本一の色男』(監督:古澤憲吾)の劇場予告編の末尾には、およそ20秒ほどの尺に描き文字と効果音のみで構成された本作品の告知が追加されている。
  • 水野久美は、本作品が一番気に入っていると数々の雑誌インタビューなどで語っている[要文献特定詳細情報]。また、水野の私物である青と白のツートンカラーの水着スナップも現存している。
  • 土屋嘉男は、後年に海外でタクシー運転手から出演作を見たと言われ、黒澤映画かと思ったが挙がった題名は本作品であったという[9]
  • 映画監督のスティーブン・ソダーバーグは、幼少期に本作品を見た影響から30代ごろまでキノコを食べられなかったと語っている[32]。また、ソダーバーグは本作品のリメイクを企画していたが、東宝との合意に至らず断念している[33]
  • 俳優の斎藤洋介も、幼少期に本作品を見た影響からしばらくはキノコを食べられなかったという[34]

映像ソフト編集

  • LD、VHS
    • 1998年12月23日発売、新装版[19]
    • LD版には水野久美のフィギュア購入券、VHS版にはマタンゴ怪人のフィギュア購入券が封入された[19]
  • DVD
    • 通常版、2003年12月25日発売。
    • 期間限定プライス版、2013年11月8日発売。
    • 東宝DVD名作セレクション版、2015年7月15日発売。
    • 東宝特撮映画DVDコレクション 15、2010年4月13日発売:デアゴスティーニ・ジャパン発売のDVD付マガジン。
  • BD
    • 2017年11月3日発売。

書籍編集

  • 『怪獣総進撃(怪獣小説全集 1)』(福島正実の小説版を収録) ISBN 4882930714
  • 『怪獣文学大全』(小説版の他、関連作品数編を収録) ISBN 4309405452
  • 石ノ森章太郎歯車 - 石ノ森章太郎プレミアムコレクション』(『少年』1963年9月号初出の漫画版を収録) ISBN 4043610025

関連作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b c ノンクレジット。
  2. ^ 資料によっては、本作品を変身人間シリーズの最終作と記述している[3][4]
  3. ^ これにより、『ガス人間第一号』の続編として企画されていた『フランケンシュタイン対ガス人間』は怪獣路線に転向し、『フランケンシュタイン対地底怪獣』へ至ったとされる[11]
  4. ^ 資料によっては、きのこ怪獣と記述している[17]
  5. ^ 資料によっては、「10グラム-300キログラム」と記述している[14][15]
  6. ^ 資料によっては「不明」と記述している[13]
  7. ^ 劇中では「キノコを食べていると自分もやがてキノコになる」との台詞がある。また、あらすじにも記されているように、キノコを食べなくても胞子を浴びてしまうとキノコに変身する可能性があることが示唆されている。
  8. ^ このポスターは、2018年に講談社のDVD付きムック『ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX』Vol.54に復刻収録された[21]
  9. ^ 資料によっては、エノキタケと記述している[13][24]
  10. ^ 実質的にはラストについての意見を出したこと以外ほぼノータッチである[3][26]
  11. ^ 土屋は、気が触れているのだから美味そうに食べるため、要望したという[9]

出典編集

  1. ^ a b c d 東宝特撮映画大全集 2012, p. 70, 「『マタンゴ』」
  2. ^ a b c d e f g 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2020年5月1日閲覧。
  3. ^ a b c d ゴジラ大全集 1994, pp. 60-61, 「東宝特撮映画史 ゴジラ誕生 ゴジラの復活」
  4. ^ 超常識 2016, p. 309, 「東宝変身人間映画の系譜」
  5. ^ 映画「マタンゴ」パンフレット
  6. ^ a b c d e 東宝特撮全怪獣図鑑 2014, p. 29, 「マタンゴ」
  7. ^ a b c d e 東宝特撮映画大全集 2012, p. 71, 「『マタンゴ』作品解説/俳優名鑑」
  8. ^ “恐怖と笑いが共存する世界の珍妙ホラーベスト5!! 日本からは「マタンゴ」「HOUSE」がランクイン!”. ハリウッドチャンネル. (2011年8月31日). オリジナルの2012年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120113070744/http://www.hollywood-ch.com/news/11083116.html?cut_page=1 2016年9月18日閲覧。 
  9. ^ a b c d e ゴジラ大全集 1994, p. 204, 「3大俳優座談会 素晴らしき東宝特撮映画」
  10. ^ ゴジラ大全集 1994, pp. 62-63, 「東宝特撮映画史 ゴジラ誕生 路線の変化」
  11. ^ ゴジラ大全集 1994, pp. 64-65, 「東宝特撮映画史 ゴジラ誕生 怪獣新シリーズの展開」
  12. ^ a b c d 東宝特撮映画大全集 2012, p. 72, 「『マタンゴ』怪獣図鑑/資料館」
  13. ^ a b c d e f g h オール東宝怪獣大図鑑 2014, pp. 79-80, 「『マタンゴ』マタンゴ」
  14. ^ a b c ゴジラ大全集 1994, p. 103, 「昭和30年代 怪獣グラフィティ」
  15. ^ a b c d e ゴジラ来襲 1998, p. 201, 「第7章 特選!東宝怪獣名鑑'98」
  16. ^ a b c d e 全怪獣大図鑑 2021, p. 262.
  17. ^ a b c 怪獣大全集 1991, p. 69, 「東宝モンスター名鑑」
  18. ^ DVD特典映像「製作ノート(劇場公開時パンフレットより)」
  19. ^ a b c 「'98TV映画特撮LD・ビデオ&CD」『宇宙船YEAR BOOK 1999』朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1999年5月1日、65頁。雑誌コード:01844-05。
  20. ^ ゴジラ大全集 1994, p. 132, 「図説東宝特撮映画 CHAPT.3 デザイン」
  21. ^ @godzillaDVDの2018年7月23日のツイート2020年12月6日閲覧。
  22. ^ a b c d e f g h i j 東宝特撮映画大全集 2012, p. 73, 「『マタンゴ』撮影秘話/川北監督に訊く」
  23. ^ a b 村瀬継蔵 2015, p. 264, 「村瀬継蔵インタビュー 村瀬継蔵 造形人生」
  24. ^ 村瀬継蔵 2015, p. 61, 「『マタンゴ』」
  25. ^ キノコ事業のご案内”. タカラバイオ. 2012年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月6日閲覧。
  26. ^ 加藤まさし「日本SFの勃興を告げる『マタンゴ』」『東宝特撮映画DVDコレクション』第15号、デアゴスティーニ・ジャパン、2010年5月、 9頁。
  27. ^ 世界大百科事典 第2版. “新粉細工” (日本語). コトバンク. 2020年9月24日閲覧。
  28. ^ rightwide (2014年3月21日). “東宝特撮映画「マタンゴ」のキノコ”. FoodWatchJapan. 香雪社. 2021年3月14日閲覧。
  29. ^ “今も甘美なトラウマ映画「マタンゴ」 食べれば食べるほど妖艶になっていく女… (2/2ページ)”. zakzak (産経デジタル). (2018年3月28日). https://www.zakzak.co.jp/ent/news/180328/ent1803286077-n2.html 2021年3月14日閲覧。 
  30. ^ 佐原健二『素晴らしき特撮人生』小学館、2005年、159-165頁。ISBN 4-09-387597-9。「歯を抜いた!――『マタンゴ』」
  31. ^ 切通理作『本多猪四郎 無冠の巨匠』洋泉社、2014年、187-188頁。ISBN 978-4-8003-0221-2
  32. ^ “日本のカルト映画を観てキノコ嫌いに!? 噂を鬼才ソダーバーグ監督に直撃!!”. クランクイン! (ブロードメディア). (2013年8月11日). https://www.crank-in.net/news/26036/1 2021年3月14日閲覧。 
  33. ^ 映画秘宝 on Twitter”. Twitter (2017年8月29日). 2017年9月3日閲覧。
  34. ^ “『ゴジラ誕生祭2018』斎藤洋介&橋爪淳がゴジラ64回目の誕生日に「ファイヤー!」”. マイナビニュース (マイナビ). (2018年11月4日). https://news.mynavi.jp/article/20181104-718880/ 2021年3月14日閲覧。 

参考文献編集

外部リンク編集