メインメニューを開く

マタ・ハリ(Mata Hari, 1876年8月7日 - 1917年10月15日)は、フランスパリを中心に活躍したフリースラント系オランダ人の踊り子(ダンサー)、ストリッパー第一次世界大戦中にスパイ容疑でフランスに捕らえられ、有罪判決を受けて処刑された[1]。「マタ・ハリ」はダンサーとしての芸名であり、本名はマルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレ(Margaretha Geertruida Zelle)。世界で最も有名な女スパイとして、女スパイの代名詞的存在となった[2]

マタ・ハリ
Mata Hari
Mata Hari 2.jpg
生誕 マルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレ(Margaretha Geertruida Zelle)
1876年8月7日
オランダの旗 オランダレーワルデン
死没 1917年10月15日(1917-10-15)(41歳)
フランスの旗 フランス共和国ヴァンセンヌ
死因 銃殺刑
国籍 オランダの旗 オランダ
配偶者 ルドルフ・ジョン・マクリード(1895年 - 1903年
子供 2人

目次

生涯編集

オランダフリースラント州レーワルデンにて、アムステルダム生まれのアダム・ツェレ(1840年10月2日 - 1910年3月10日)と、フリースラント系の祖先をもつ母アンテェ・ファン・デル・ムーレンの間にて、4人兄弟の長女として生まれる[3]。父が石油産業への投資の成功や人気帽子店を経営していたことにより、一家は贅沢な暮らしができるほど裕福であった[4]。唯一の娘ということもありマルガレータは父から溺愛され、何不自由無い生活を送り、13歳まで上級学校に通えた[5]

しかし、マルガレータの父が石油株投資に失敗すると事態は一変する。損失を借金で補填すると、その借金は雪だるま式に増えていき、1889年ついに破産。その後両親は離婚し、マルガレータを含め子供達はそれぞれ別の親戚の元へ引き取られる。母は1891年に亡くなった[4][5]。父はアムステルダムにて、1893年2月9日にスザンナ・カタリーナ(Susanna Catharina ten Hoove, 1844年3月11日 - 1913年12月1日)と再婚した。

一家は離散し、マルガレータは自分の後見人であるHeer Visserを頼ってライデンに移住する。経済的独立に迫られたマルガレータは、同地にて幼稚園教諭になるために勉強するも、学長が彼女と露骨に戯れるようになったため、気分を害した後見人によって施設から追われた[4][5][6]。わずか数か月後、彼女は叔父の家があるデン・ハーグに逃れている[6]

19歳の時、新聞に掲載された結婚相手募集の広告に応募し、21歳年上のオランダ軍将校ルドルフ・ジョン・マクリード大尉と結婚する。出会いから僅か100日のことだった。結婚後は夫の仕事に伴い、駐留先のボルネオスマトラジャワへ帯同し、2児を儲ける。しかし、元々愛のある結婚ではなく、若く派手好きなマルガレータとの価値観の不一致、加えて夫の女癖の悪さや暴力から夫婦仲はすぐに悪化してしまう。さらに息子が亡くなったことで、結婚から7年後の1902年に離婚。子供は夫が引き取った。

離婚したマルガレータはオランダへ帰国し、間もなく職を求めフランスのパリへ渡る。だが、なかなか恵まれた仕事に就くことが出来ず生活は困窮していく。ある日、友人のパーティーの余興で見よう見まねのジャワ舞踊を披露するとそれが受け、ダンサーの話が持ちかけられる。1905年、エキゾチックな容姿を活かし、「インドネシア・ジャワ島からやって来た王女」ないしは「インド寺院の踊り巫女」という触れ込みでダンサーとしてデビュー。「オリエンタル・スタイル」の舞踊を演じた。ショーは好評を博し、興行的にも成功を収めた。この成功を機にマルガレータの踊りは話題となっていく。最初は小さなサロンで少人数の客を相手に踊りを披露する程度であったが、やがて活動の場は欧州中に広がり、遂にはイタリアのミラノ・スカラ座で公演を果たすなど、一躍人気ダンサーとなった。この頃から、より観客に受けるよう東洋的な「マタ・ハリ」の芸名を名乗り始める。なお「マタ・ハリ」とは、「太陽」あるいは「日の眼」を意味するムラユ語マレー語またはインドネシア語)に由来する。

 
宝石とブラジャーを身に付けたマタ・ハリ(1906年
 
頭部に宝石を身に付けたマタ・ハリ(1910年

彼女はまた、多くの高級士官あるいは政治家を相手とする高級娼婦でもあった。「マタ・ハリ」ことマルガレータは、数知れないほど多数のフランス軍将校あるいはドイツ軍将校とベッドを共にしたとされ、国際的な陰謀の道具となっていった。

1917年2月、彼女はフランスにおいて二重スパイとして第一次世界大戦で多くのドイツ人、およびフランス人兵士を死に至らしめたとの容疑で起訴された。その逮捕は、ドイツの在スペイン駐在武官がマタ・ハリを暗号名「H-21」なるドイツのスパイとした通信がフランスによって解読されたことからなされた。

当時、戦況はフランスにとって不利であり、政府は戦争による甚大な被害の責任の所在を追求されていた。そのため、フランス政府にとって全ての軍事上の失敗をマタ・ハリの責に帰することは大変好都合だった(輸送船がUボートに沈められたのも彼女の働きにされた)。

1917年7月24日、彼女は有罪となり死刑判決が下された。同年10月15日、サンラザール刑務所にて銃殺刑に処せられた。

マタ・ハリはフランス軍およびドイツ軍にとって非常に低級レベルでの諜報要員であったことは確かだが、彼女が独仏どちらの陣営に対しても意味のある情報をもたらした証拠は一つもない。また、諜報活動が正確にどのようなものであったかについては、歴史家も明らかにできていない。

裁判、処刑についてもさまざまな逸話がある。よく知られたものは、裁判の際は処刑を免れるため妊娠していると支援者より申告を勧められたが本人が拒否した。処刑の際、銃殺隊はマタ・ハリの美貌に惑わされないよう目隠しをしなければならなかったというものがあるが、これが真実とすればいったいどうやって正確に彼女を狙撃できたのだという疑問がでてくる。他にも、彼女は銃殺の前兵士たちにキスを投げた、あるいは銃殺寸前にロング・コートの前をはだけ、全裸で銃殺された、という話もある。

処刑前のマタ・ハリは泰然自若としており、気付けのラム酒一口は受けたものの目隠しあるいは木にくくりつけられることは拒絶したといわれている。これにはさらに疑わしい尾ひれがあって、ピエール・ド・モリサックなる青年が銃殺隊に賄賂を送って銃には空砲が込められるように図られていたのに実際には実弾が発射されてしまい彼の企みは失敗したというものである。しかし、実際にはありえないもので、プッチーニのオペラ『トスカ』にヒントを得た作り話と見られる。

ブリタニカ百科事典』によればマルガレータはしばしばマルガレータ・ヘルトロイダ・マックレオドとも名乗り、舞台でも「レディー・マックレオド」と名乗っていたこともあったという。

マタ・ハリの生家は美容院として使用されていたが、2013年10月19日に火災で焼失した[7]

マタ・ハリを題材にしたフィクション作品編集

 
オランダにあるマタ・ハリの像

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ “Mata Hari”. Encyclopædia Britannica. http://www.britannica.com/women/article-9051346 2007年8月21日閲覧. "The daughter of a prosperous hatter, she attended a teachers' college in Leiden. In 1895 she married an officer of Scottish origin, Captain Campbell MacLeod, in the Dutch colonial army, and from 1897 to 1902 they lived in Java and Sumatra. The couple returned to Europe but later separated, and she began to dance professionally in Paris in 1905 under the name of Lady MacLeod. She soon called herself Mata Hari, said to be a Malay expression for the sun (literally, “eye of the day”). Tall, extremely attractive, superficially acquainted with East Indian dances, and willing to appear virtually nude in public, she was an instant success in Paris and other large cities." 
  2. ^ 時事ドットコム:美人スパイの素顔 写真特集 時事通信
  3. ^ www.praamsma.org - Mata Hari
  4. ^ a b c Article of the About.com Internet site. [1]
  5. ^ a b c Out of World of Biography Internet site. [2]
  6. ^ a b Mata Hari
  7. ^ 美人女スパイ、マタ・ハリの生家焼失 オランダ - AFPBB News、2013年10月21日

関連項目編集