メインメニューを開く

マダン: Madang)は、パプアニューギニアモマセ地方マダン州の州都。 ニューギニア島の北岸に位置する。 2011年の人口は3万5971人[1]で、国内4位。 19世紀ドイツ人によって最初に開かれた町で、ドイツ名はフリードリッヒ・ヴィルヘルム・ハーフェン(Friedrich-Wilhelm-Hafen)。 マダンにはディバインワード大学英語版があり、留学生を受入れている。

マダン
沿岸監視員記念灯台
沿岸監視員記念灯台
マダンの位置(パプアニューギニア内)
マダン
マダン
マダンの位置
南緯5度13分 東経145度48分 / 南緯5.217度 東経145.800度 / -5.217; 145.800座標: 南緯5度13分 東経145度48分 / 南緯5.217度 東経145.800度 / -5.217; 145.800
パプアニューギニアの旗 パプアニューギニア
地方 モマセ地方
マダン州の旗 マダン州
設立 1884年
標高
3m
人口
 • 合計 35,971人
等時帯 UTC+10

人口編集

歴史編集

ロシア人生物学ニコラス・ミクルーホ=マクライが、恐らくマダンを訪れた最初のヨーロッパ人である。彼は1871年に15ヶ月間、アストロラーブ湾英語版、現代のマダン市街の真南に滞在した。彼は、マラリアで健康を害するまで地域社会とよい関係を保っていた。

1884年には、ドイツニューギニア会社英語版が進出し、現代のマダンに拠点を確立しようとしたが、絶えずマラリアの脅威にさらされ、結局ラバウルへ移転した。

1942年日本軍第二次世界大戦中に、まだ戦いのなかったマダンを占領した。 1943年9月に、オーストラリア軍は、マダン方面を奪回する作戦を開始し、町を1944年4月24日に占領した。戦闘により町は破壊され、後に再建されなければならなかった。

写真編集

外部リンク編集

脚注編集