マチュー・ダルザス

マチュー・ダルザス(フランス語:Mathieu d'Alsace, 1137年頃 - 1173年7月25日)は、フランス王国の貴族。ブローニュ伯(在位:1160年 - 1173年)。フランドル伯ティエリー・ダルザスシビーユ・ダンジューの長男でフランドル伯フィリップ・ダルザスは弟、フランドル女伯マルグリット・ダルザスは妹。

マチュー・ダルザス
Mathieu d'Alsace
ブローニュ伯
在位 1160年 - 1173年

出生 1137年
死去 1173年7月25日
配偶者 ブローニュ女伯マリー
  ヴェルマンドワ女伯エレオノール
子女 イド
マティルド
家名 ロレーヌ家
父親 フランドル伯ティエリー・ダルザス
母親 シビーユ・ダンジュー
テンプレートを表示
ブローニュ伯の紋章

生涯編集

マチューは1160年に、修道女であったイングランドスティーブンの娘マリー・ド・ブローニュを誘拐し、強引に結婚した。そして妻の権利により、ブローニュ伯位を主張した。マリーとの間に2女をもうけた[1]

この強引な結婚は教会法に違反しており、最終的に1170年に解消された。しかし結婚の解消後もマチューはブローニュ伯として領地を支配した。

1171年、マチューはヴェルマンドワ伯ラウル1世の娘エレオノールと結婚したが、早世した1女をもうけたのみであった[3]

マチューはイングランド王若ヘンリー王を支援し[4]、イングランドの領地を与えられた。マチューは弟フィリップの主導により行われたヘンリー2世の息子たちによるヘンリー2世に対する反乱の最中に、ドリヤンクールの包囲戦で戦死した[5]石弓の矢が当たり、回復しなかった[6]

脚注編集

  1. ^ McDougall 2017, p. 204.
  2. ^ George 1875, p. table xxix.
  3. ^ Dyggve 1935, p. 67-68.
  4. ^ Strickland 2016, p. 139.
  5. ^ Flori 2007, p. 106.
  6. ^ Gillingham 1989, p. 67.

参考文献編集

  • Dyggve, Holger Petersen (1935). “Personnages historiques figurant dans la poésie lyrique française des XII e et XIII e siècles. III: Les dames du »Tournoiement» de Huon d'Oisi” (French). Neuphilologische Mitteilungen 36 (2): 65–91. 
  • Flori, Jean (2007). Eleanor of Aquitaine: Queen and Rebel. Edinburgh University Press 
  • George, Hereford Brooke (1875). Genealogical Tables Illustrative of Modern History. Oxford at the Clarendon Press 
  • Gillingham, John (1989). Richard the Lionheart. Yale University Press 
  • McDougall, Sara (2017). Royal Bastards: The Birth of Illegitimacy, 800-1230. Oxford University Press 
  • Strickland, Matthew (2016). Henry the Young King, 1155-1183. Yale University Press 
先代
マリー
ブローニュ伯
1160年 - 1173年
(1170年までマリーと共治)
次代
イド