メインメニューを開く

マックス・クララ(Max Clara、1899年 - 1966年)は、オーストリア解剖学者。クララ細胞の発見者として知られる。

概要編集

1935年ライプツィヒ大学の解剖学教授に就任。ナチスと親しい関係にあった事が知られており、処刑された囚人の体を使った彼の研究は批判を受けている。クララの代表的な論文である「Das Nervensystem des Manschen(人の神経系)」は1942年ナチス・ドイツの独裁下で発表され、1953年ソビエト連邦の独裁下でも発表された。 1937年に人の肺から未知の細胞を発見し、後にクララ細胞と名付けられた[1][2]

脚注編集

  1. ^ Winkelmann, Andreas; Noack, Thorsten (2010). “The Clara cell - a "Third Reich eponym"?”. European Respiratory Journal Express 36 (4): 722–727. doi:10.1183/09031936.00146609. PMID 20223917. http://erj.ersjournals.com/cgi/content/abstract/09031936.00146609v1. 
  2. ^ Woywodt, A.; S. Lefrak, E. Matteson (October 1, 2010). “Tainted Eponyms in Medicine: the "Clara" Cell Joins the List”. European Respiratory Journal 36 (4): 704–706. doi:10.1183/09031936.00046110. http://erj.ersjournals.com/content/36/4/706.full 2010年11月2日閲覧。. 

関連項目編集