メインメニューを開く

マックス (ディズニーキャラクター)

マックス (Max) は、イヌをモチーフとしたディズニーキャラクターである。本名はマキシミリアン・グーフ (Maximilian Goof) 。日本での誕生日(スクリーンデビュー日)は9月5日。父親はグーフィー・グーフ。母親は未登場の為不明。

マックス (ディズニーキャラクター)
Max Goof
初登場 パパはグーフィー
原語版声優 ダナ・ヒル英語版 (パパはグーフィー)
ショーン・フレミング英語版 (ミッキーのクリスマスの贈りもの)
ジェイソン・マースデン英語版 (グーフィー・ムービー ホリデーは最高!!)
日本語版声優 坂本千夏 (パパはグーフィー)
山口勝平
常盤祐貴 (ミッキーのクリスマスの贈りもの)
詳細情報
種族 {{{種類}}}
性別
テンプレートを表示

初出作品は『パパはグーフィー』第1話(1992年9月5日)。グーフィーの息子[1]として位置づけられているが、年齢は出演作品によって異なる(後述)。外見はグーフィーと似ているが、身長は父より低く、髪型も異なる形で描かれている。

グーフィーの息子は短編映画『グーフィーのお父さん』(1951年)にも登場しているが、こちらはジョージ・グーフ Jrという名前で、マックスとも大幅に外見が異なる。

スクリーンデビューに関しては、Funderful Disney 会報誌 Vol.38 にて『グーフィー・ムービー ホリデーは最高!!』と紹介されていたことから、日本では長年4月7日だと思われて来た。しかし、株式会社オリエンタルランドが担当部署へ確認を行ったところ、スクリーンデビュー日は『パパはグーフィー』放送開始日の9月5日との回答があり、間違いであったと訂正された。以降、スクリーンデビュー日は『パパはグーフィー』放送開始の1992年9月5日として扱われている。(このことから株式会社オリエンタルランドのスクリーンデビュー日は、映画に限らず、テレビ放送を含む出演作品公開日で扱われることがわかった。)(尚、担当部署への確認と記載されているため、米ウォルトディズニーへ問い合わせを行なったのかは不明)

作品によって年齢が異なるが、東京ディズニーリゾートでの設定は11歳とされている。

但し声優は11歳である『パパはグーフィー』のマックスを演じた坂本千夏ではなく、『グーフィー・ムービー ホリデーは最高!!』以降のマックスを演じている山口勝平が務めている。

目次

主な出演作品編集

特に記載の無い場合、声優は原語版ジェイソン・マースデン英語版、日本語吹替山口勝平

  • Christmas Maximus - 成人後の姿が描かれている。

周辺人物編集

『パパはグーフィー』では、ピートの息子P.J.が彼の親友として描かれており、後の長編2作ではそこへボビーが加わる。ガールフレンドは『グーフィー・ムービー/ホリデーは最高!!』ではロクサーヌ、『ポップアップ ミッキー/すてきなクリスマス』ではモナが登場するが、この二者の関係は明かされていない。

東京ディズニーランドのスペシャルイベント『ディズニー・ロック・アラウンド・ザ・マウス』では、ディズニーハイスクールに通う高校生として登場。同じ高校にミッキーマウスミニーマウスらも通っているという設定であった。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ グーフィー|ミッキー&フレンズ|ディズニー公式”. ディズニー. 2017年3月21日閲覧。