メインメニューを開く

マッシモ・ボンテンペッリ

マッシモ・ボンテンペッリMassimo Bontempelli1878年5月12日 - 1960年7月21日)はイタリアの小説家、詩人劇作家

マッシモ・ボンテンペッリ
Massimo Bontempelli
Massimo Bontempelli 54.jpg
誕生 1878年5月12日
イタリアの旗 イタリア コモ
死没 (1960-07-21) 1960年7月21日(82歳没)
イタリアの旗 イタリア ローマ
職業 小説家詩人劇作家
言語 イタリア語
国籍 イタリアの旗 イタリア
文学活動 マジック・リアリズム
代表作 『鏡の前のチェス盤』(1922年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴編集

1878年、ロンバルディア州コモに生まれる。トリノ大学を卒業後、国語教師を経てフィレンツェで編集者となり、小説・詩を発表するようになる。代表作『鏡の前のチェス盤』を始めとしたマジック・リアリズム的な幻想作品が特徴。

1926年、作家・ジャーナリストのクルツィオ・マラパルテと共に文芸誌『900』を創刊[1]。1953年、『誠実な恋人』でストレーガ賞を受賞。1960年、ローマにて死去[2]

日本語訳編集

  • 『我が夢の女』 岩崎純孝訳、河出書房、1941年(のちに改題して『わが夢の女 - ボンテンペルリ短篇集』 ちくま文庫、1988年)
  • 『怪奇文学大山脈〈Ⅱ〉 西洋近代名作選 20世紀革新篇』荒俣宏編、東京創元社、2014年(「私の民事死について」収録)
  • 『鏡の前のチェス盤』(La scacchiera davanti allo specchio, 1922) 橋本勝雄訳、光文社古典新訳文庫、2017年

脚注編集

  1. ^ 『光の帝国/迷宮の革命 鏡のなかのイタリア』伊藤公雄、青弓社、1993年、57頁
  2. ^ 『鏡の前のチェス盤』橋本勝雄訳、光文社古典新訳文庫、2017年、解説