マッチョとは、男性がもつという「強靱さ、逞しさ、勇敢さ、好戦性」といった性質を基礎とした思想や信条、行動をあらわす言葉。

メキシコスペイン語 macho(マチョ)「雄の〜」という形容詞が変化したもの。 machismo (マチスモ、もしくはマチズモ)は「男性優位主義」を指し、男性としての優位性、男性としての魅力、特徴を誇示する、という意味合いがある。 イデオロギー(政治的信条)としては「タカ派右翼保守男尊女卑」といったものと結びつきやすく、「ハト派左派リベラル、両性平等」といった信条は軟弱と退けられる。

マッチョという言葉にはスペイン語とポルトガル語の歴史と並び、長い歴史がある。元々は社会的な役割として男性に求められる理想像を指す言葉であった。

日本での使われ方編集

日本では、ボディビルダーなど筋肉質筋肉美を指す言葉として使われることがある。ただし、前述の通り本来のマッチョの意味は筋肉美を含むが、それに限定しない。

ボディビルを愛好している(していた)著名人についてはボディビル項・「ボディビルをしている(いた)著名人」参照。

関連項目編集