マット・ウィータース

マシュー・リチャード・ウィータース(Matthew Richard Wieters, 1986年5月21日 - )は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州チャールストン出身のプロ野球選手捕手)。右投両打。MLBセントルイス・カージナルス所属。

マット・ウィータース
Matt Wieters
セントルイス・カージナルス #32
Matt Wieters (46979260394) (cropped).jpg
セントルイス・カージナルス時代
(2019年5月2日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 サウスカロライナ州チャールストン
生年月日 (1986-05-21) 1986年5月21日(33歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 捕手
プロ入り 2007年 MLBドラフト1巡目
初出場 2009年5月29日 デトロイト・タイガース
年俸 $2,000,000(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

愛称はウィーティー[1]ジェイソン・バリテックジョージア工科大学の先輩のため「バリテック2世」とも呼ばれる[2]

経歴編集

プロ入りとオリオールズ時代編集

ジョージア工科大学在籍時に捕手と投手クローザー)を兼任し、最速で96mph(154.5km/h)を計測[3]2007年MLBドラフト1巡目(全体5位)でボルチモア・オリオールズから捕手として指名された。代理人にはスコット・ボラスが付き、ウィータースは契約金として1,100万ドルを要求。それに対し、オリオールズ側は500万ドルを提示。契約期限の8月15日午後11時59分(東部標準時)の9分前に契約金600万ドルで合意に達した[4]

2008年1月に発表されたベースボール・アメリカ誌の有望株ランキングで、ウィータースはオリオールズ傘下での最高評価を受けた[5]。同年、A+級フレデリック・キーズ英語版とAA級ボウイ・ベイソックスでプレー。130試合に出場して打率.355、27本塁打、91打点を記録した。ウィータースはベースボール・アメリカ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞に選出され、2009年2月に発表されたベースボール・アメリカ誌の有望株ランキングではメジャー全体で最高評価を受けた[6]

 
ボルチモア・オリオールズ時代
(2009年8月30日)

2009年は開幕をAAA級ノーフォーク・タイズで迎えたが、球団は5月29日に同じ捕手のチャド・モーラー英語版をAAA級ノーフォークへ降格させ、ウィータースをメジャーへ昇格させた[7]。同日、「7番・捕手」として先発出場し、メジャーデビューを果たした。

2010年は、開幕前にスポーツ・イラストレイテッドの表紙を飾るなど、高い期待を掛けられていた[8]。しかし、130試合の出場で打率.249、11本塁打、55打点という数字に終わった。一方、リード面では、監督がバック・ショーウォルターに交代してから投手コーチ、先発投手と細かなプランを立てて試合に臨むようになった事から、自信を深めたとされている[8]

2011年には、初めてオールスターに選ばれた。また、この年はゴールドグラブ賞を受賞した。

2012年4月16日のシカゴ・ホワイトソックス戦の10回にキャリアで初めて満塁本塁打を放った。また、この年もオールスターに選ばれ[9]、ゴールドグラブ賞も受賞している。

2014年2月6日にオリオールズと770万ドルの1年契約に合意した[10]。この年は開幕から好調を維持し、26試合に出場して打率.308、5本塁打、18打点、OPS0.839という好成績で、主砲格の活躍を見せた。しかし、試合中の送球で右肘の靭帯を損傷し、初期治療では保存療法を試みたが、結局トミー・ジョン手術を受け、5月10日の出場を最後に、残りの試合を全て欠場した[11]。打撃好調だったため、オールスターのファン投票では初めて捕手部門の1位を獲得して選出されたが、辞退した。

2015年は前年の手術の影響で6月5日に復帰し、75試合に出場して8本塁打、25打点に留まったものの、打率・出塁率・長打率は例年とほぼ同じ水準であった。守備面では守備防御点 - 7だったが、盗塁阻止率は31%で、肘の手術の影響を感じさせなかった。オフの11月2日にFAとなった[12]。11月13日、クオリファイング・オファーを受け入れ、オリオールズと年俸1580万ドルの1年契約を結んだ[13]

 
ボルチモア・オリオールズ時代
(2016年8月18日)

2016年は久々にほぼ年間通じてプレーし、3年ぶりの100以上となる124試合に出場。打率は更に低下して.243ながら、17本塁打を放って66打点を挙げるなど、打撃面で一定の復活を果たした。117試合でマスクを被った捕手守備は、エラーを量産してアメリカンリーグワーストの11失策だったものの、盗塁阻止率で35%を記録した。なお、同年はオールスターの一員にも選出された。オフの11月3日にFAとなった[12]

ナショナルズ時代編集

 
ワシントン・ナショナルズ時代
(2018年8月13日)

2017年2月24日にワシントン・ナショナルズと契約を結んだ[14]。この年は123試合に出場して打率.225、10本塁打、52打点、1盗塁を記録した。

2018年は76試合に出場して打率.238、8本塁打、30打点を記録した。オフの10月29日にFAとなった[12]

カージナルス時代編集

2019年2月27日にセントルイス・カージナルスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[15]。3月22日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[12]。シーズンでは67試合に出場して打率.214、11本塁打、27打点を記録した。オフの10月31日にFAとなった[16]が、2020年1月22日にカージナルスと単年200万ドルで再契約を結んだ[17]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2009 BAL 96 385 354 35 102 15 1 9 146 43 0 0 0 2 28 2 1 86 11 .288 .340 .412 .753
2010 130 502 446 37 111 22 1 11 168 55 0 1 0 7 47 7 2 94 13 .249 .319 .377 .695
2011 139 551 500 72 131 28 0 22 225 68 1 0 0 1 48 3 2 84 16 .262 .328 .450 .778
2012 144 593 526 67 131 27 1 23 229 83 3 0 0 3 60 4 4 112 17 .249 .329 .435 .764
2013 148 579 523 59 123 29 0 22 218 79 2 0 1 12 43 5 0 104 7 .235 .287 .417 .704
2014 26 112 104 13 32 5 0 5 52 18 0 1 0 2 6 0 0 19 1 .308 .339 .500 .839
2015 75 282 258 24 69 14 1 8 109 25 0 0 0 3 21 0 0 67 4 .267 .319 .422 .742
2016 124 464 423 48 103 17 1 17 173 66 1 0 1 3 32 1 5 85 10 .243 .302 .409 .711
2017 WSH 123 465 422 43 95 20 0 10 145 52 1 0 0 4 38 4 1 94 14 .225 .288 .344 .632
2018 76 271 235 24 56 8 0 8 88 30 0 1 1 2 30 3 3 45 5 .238 .330 .374 .704
2019 STL 67 183 168 15 36 4 0 11 73 27 1 1 0 2 12 0 1 47 3 .214 .268 .435 .702
MLB:11年 1148 4387 3959 437 989 189 5 146 1626 546 9 4 3 41 365 29 19 837 101 .250 .313 .411 .724
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績編集

捕手守備


捕手(C)






















2009 BAL 86 489 35 5 12 .991 3 86 65 21 .244
2010 126 775 51 5 10 .994 2 77 53 24 .312
2011 132 855 70 5 14 .995 1 92 58 34 .370
2012 134 994 52 10 7 .991 5 83 51 32 .386
2013 140 1021 58 3 6 .997 5 68 44 24 .353
2014 22 169 5 1 0 .994 0 12 11 1 .083
2015 55 423 23 5 3 .989 2 26 18 8 .308
2016 117 871 50 11 6 .988 1 66 43 23 .348
2017 WSH 118 1023 43 8 5 .993 5 76 57 19 .250
2018 73 579 24 3 5 .995 2 46 29 17 .370
2019 STL 54 379 15 2 5 .995 2 19 11 8 .421
MLB 1057 7578 426 58 73 .993 28 651 440 211 .324
一塁守備


一塁(1B)












2011 BAL 1 4 0 0 2 1.000
2015 3 22 1 0 2 1.000
MLB 4 26 1 0 4 1.000
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 各年度の太字年ゴールドグラブ賞受賞

表彰編集

MiLB
MLB

記録編集

背番号編集

  • 15(2009年)
  • 32(2010年 - )

脚注編集

  1. ^ Explaining Nats Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月22日閲覧
  2. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』廣済堂出版、2009年、111頁。ISBN 978-4-331-51370-5
  3. ^ 「新人王候補一挙大公開! マット・ウィータース」 『月刊スラッガー』2009年5月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-5、58頁。
  4. ^ Spencer Fordin (2007年8月16日). “O's ink top pick before deadline” (英語). MLB.com. 2016年3月18日閲覧。
  5. ^ Will Lingo (2008年1月1日). “Prospects: Rankings: Organization Top 10 Prospects: Baltimore Orioles” (英語). BaseballAmerica. 2016年3月18日閲覧。
  6. ^ Top 100 Prospects: 1-20” (英語). Baseball America (2009年2月24日). 2016年3月18日閲覧。
  7. ^ “Press Releases Orioles select contract of CA Matt Wieters” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2009年5月29日), http://baltimore.orioles.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20090529&content_id=5026028&vkey=pr_bal&fext=.jsp&c_id=bal 2016年3月18日閲覧。 
  8. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』廣済堂出版、2011年、77頁。ISBN 978-4-331-51518-1
  9. ^ Brittany Ghiroli (2012年7月1日). “Orioles trio tabbed for AL All-Star squad”. MLB.com. 2016年3月18日閲覧。
  10. ^ Adam Berry (2014年2月6日). “Orioles clear arbitration slate with Wieters deal”. MLB.com. 2016年3月18日閲覧。
  11. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、40頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  12. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2019年4月2日閲覧。
  13. ^ Matt Wieters accepts $15.8 million qualifying offer from Orioles”. NBC SPORTS (2015年11月13日). 2015年11月15日閲覧。
  14. ^ Jamal Collier (2017年2月24日). “Rizzo has 'difficult' talk with Norris about Wieters”. MLB.com. 2017年2月26日閲覧。
  15. ^ Derrick Goold (2019年2月27日). “Cards bring in Wieters; former All-Star catcher agrees to minor-league deal” (英語). St. Louis Post-Dispatch. 2019年3月20日閲覧。
  16. ^ Thomas Harrigan, Manny Randhawa and Paul Casella (2019年11月8日). “Here are every team's free agents this winter” (英語). MLB.com. 2019年12月2日閲覧。
  17. ^ Anne Rogers (2020年1月22日). “Cards, Wieters make 1-year deal official” (英語). MLB.com. 2020年1月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集