マツダスカイアクティブズ広島

日本のラグビーチーム

マツダスカイアクティブズ広島: Mazda Skyactivs Hiroshima)は、広島県を拠点とする、JAPAN RUGBY LEAGUE ONEに所属しているラグビーチームである。

マツダスカイアクティブズ広島
クラブカラー  
ユニオン 日本ラグビー協会
創設年 1963年
本拠地 広島県安芸郡府中町
グラウンド Coca-Cola West Hiroshima Stadium.jpg
バルコムBMWスタジアム
Coca colawest1.jpg
バルコムBMWラグビースタジアム
収容人数 13800(メインスタジアム)
1100(ラグビースタジアム)
代表者 圓山雅俊(部長)
コーチ 中居智昭
所属リーグ JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
公式サイト
www.skyactivs.com
テンプレートを表示

概要編集

1963年創部[1]中国地方を代表する社会人ラグビーチームである。

母体は自動車メーカーマツダ。陸上競技部とともにカンパニースポーツとして活動している[1]。チーム名の由来はSKYACTIV TECHNOLOGY参照。チームカラーは「赤」。マスコットキャラはラグビーを愛するヒバゴンをイメージした「ウィズリー」。

本拠地はマツダ本社のある安芸郡府中町。練習場は安芸郡坂町にあるマツダ鯛尾グラウンド、試合会場は広島市にある広島県総合グランド陸上競技場ラグビー場)を主に使用している。

同じく広島県を拠点とする中国電力レッドレグリオンズとの対戦は広島ダービーと呼ばれている。

歴史編集

1961年、東洋工業(現・マツダ)ラグビー同好会として発足。1963年に正式に会社の競技部となる。

1971年度に初めて全国社会人大会に出場。以降、1999年度までに21回出場した(最高位はベスト8)。

1972年に創設された西日本社会人リーグには、初年度から参加し、優勝を果たした。この頃、オイルショックの影響でチームの強化が進まなくなっていったが、1980年代に入ると持ち直し、1983年には2回目の優勝を遂げた。翌1984年、社名変更に伴い登録名をマツダに変更。その後も西日本社会人リーグでは優勝争いに絡み続け、1987年には3回目の優勝を遂げた。1990年に初の外国人選手を採用。翌1991年に西日本社会人リーグで全勝優勝すると、1998年までの8年間で5回の優勝を遂げた。1972年に同リーグが開幕してから2002年に終了するまでの間、全31シーズンにわたり1部リーグに在籍し続けた[注 1]。優勝回数は最多の8回を誇る。

2003年トップリーグが開幕すると、2部リーグ相当のトップキュウシュウAに所属。トップリーグを目指す他チームの強化やバブル崩壊の影響から一時はBリーグ降格も危ぶまれた。しかし徐々に持ち直し、2006年にはトップチャレンジ2に初進出、翌2007年はトップキュウシュウA優勝を遂げトップチャレンジ1に初進出したが、いずれもトップリーグ初昇格はならなかった。2008年2009年も同様にトップチャレンジ1及び入替戦で苦杯をなめ、昇格を逃した。2012年2013年はトップチャレンジ2に進出するも、トップチャレンジ1に進出はならなかった。

この途中にチーム呼称をブルーズーマーズとした。チームカラーは、マツダのコーポレートカラーでもある青[1]。「ブルーズーマーズ」は「青(blue)」とマツダのブランドエッセンス「ZOOM-ZOOM」を組み合わせた造語で[1]、略称は「MBZ」[1]

2017年、新たに創設されたトップチャレンジリーグに参入した。

2022年に発足する新リーグJAPAN RUGBY LEAGUE ONEの2部リーグに参加、それに伴いチーム名称をマツダスカイアクティブズ広島に、チームカラーも赤に変更されることになった[2]

タイトル編集

最上位リーグ

下位リーグ

成績編集

全国社会人大会戦績編集

年度 地区 成績 備考
24 1971 中国 1回戦敗退 1 0 0 1 3 82 -79 東洋工業のチーム名で出場
25 1972 中国 ベスト8 2 1 0 1 22 48 -26
27 1974 中国 1回戦敗退 1 0 0 1 12 47 -35
28 1975 中国 1回戦敗退 1 0 0 1 31 36 -5
29 1976 中国 1回戦敗退 1 0 0 1 14 39 -25
30 1977 中国 ベスト8 2 1 0 1 47 73 -26
31 1978 中国 1回戦敗退 1 0 0 1 11 45 -34
32 1979 中国 1回戦敗退 1 0 0 1 3 68 -65
33 1980 中国 1回戦敗退 1 0 0 1 0 51 -51
34 1981 中国 1回戦敗退 1 0 0 1 3 49 -46
37 1984 中国 1回戦敗退 1 0 0 1 4 46 -42 マツダにチーム名変更
43 1990 西日本 1回戦敗退 1 0 0 1 6 80 -74
44 1991 西日本 1回戦敗退 1 0 0 1 12 20 -8
45 1992 西日本 ベスト8 2 1 0 1 67 40 27
46 1993 西日本 ベスト8 2 1 0 1 71 47 24
47 1994 西日本 1回戦敗退 1 0 0 1 29 30 -1
48 1995 西日本 ベスト8 4 1 0 3 110 137 -27
49 1996 西日本 予選プール敗退 3 0 0 3 54 184 -130
50 1997 西日本 予選プール敗退 3 0 0 3 67 117 -50
51 1998 西日本 予選プール敗退 3 1 0 2 69 113 -44
52 1999 西日本 予選プール敗退 3 0 0 3 55 188 -133

リーグ戦戦績編集

トップリーグ創設以前編集

年度 所属リーグ Div. 順位 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差 備考
1972 西日本社会人リーグ 1部 優勝 5 4 0 1 173 78 95 三すくみで同率優勝
1973 西日本社会人リーグ 1部 2位 5 3 0 2 105 121 -16 三すくみ
1974 西日本社会人リーグ 1部 3位 5 3 0 2 178 146 32
1975 西日本社会人リーグ 1部 3位 5 3 0 2 109 141 -32
1976 西日本社会人リーグ 1部 4位 7 3 0 4 165 239 -74 三すくみ
1977 西日本社会人リーグ 1部 3位 7 4 0 3 237 224 13 同率
1978 西日本社会人リーグ 1部 5位 7 3 0 4 172 200 -28
1979 西日本社会人リーグ 1部 4位 7 3 0 4 136 245 -109 同率
1980 西日本社会人リーグ 1部 6位 7 2 1 4 104 134 -30
1981 西日本社会人リーグ 1部 4位 8 5 0 3 200 143 57 同率
1982 西日本社会人リーグ 1部 2位 8 6 0 2 192 85 107 同率
1983 西日本社会人リーグ 1部 優勝 8 6 1 1 246 77 169 同率優勝
1984 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 3位 4 1 0 3 47 54 -7 三すくみ
1985 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 2位 4 3 0 1 73 49 24 同率1位。順位は当該決戦による
1986 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 2位 5 3 0 2 120 82 38
1987 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 優勝 5 4 0 1 182 57 125 同率優勝
1988 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 4位 5 2 1 2 130 117 13
1989 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 5位 6 2 0 4 118 140 -22
1990 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 2位 6 4 1 1 190 84 106
1991 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 優勝 6 6 0 0 232 36 196
1992 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 3位 7 6 0 1 399 58 341 三すくみで1位。順位は当該チーム間の得失トライ差による
1993 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 優勝 6 6 0 0 315 56 259
1994 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 2位 7 6 0 1 377 68 309
1995 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 優勝 7 6 0 1 372 66 306 同率1位。順位は当該決戦による
1996 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 優勝 7 6 0 1 338 160 178 同率1位。順位は当該決戦による
1997 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 2位 7 6 0 1 387 126 261 同率1位。順位は当該決戦による
1998 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 優勝 7 6 0 1 263 135 128 同率1位。順位は当該決戦による
1999 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 3位 7 6 0 1 356 136 220 三すくみで1位。順位は当該チーム間の得失点差による
2000 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 4位 7 4 0 3 310 181 129
2001 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 4位 7 4 0 3 285 147 138
2002 西日本社会人リーグ Aリーグ 1部 4位 7 4 0 3 215 195 20

トップリーグ創設以降編集

  • 2003-2004シーズン トップキュウシュウA 5位
  • 2004-2005シーズン トップキュウシュウA 4位
  • 2005-2006シーズン トップキュウシュウA 3位、トップチャレンジ順位決定戦・3位
  • 2006-2007シーズン トップキュウシュウA 2位、トップチャレンジ順位決定戦・2位、トップチャレンジ2・3位、トップキュウシュウA残留
  • 2007-2008シーズン トップキュウシュウA 優勝、トップチャレンジ順位決定戦・1位、トップチャレンジ1・3位、トップリーグ入替戦・敗退、トップキュウシュウA残留
  • 2008-2009シーズン トップキュウシュウA 優勝、トップチャレンジ順位決定戦・1位、トップチャレンジ1・3位、トップリーグ入替戦・敗退、トップキュウシュウA残留
  • 2009-2010シーズン トップキュウシュウA 優勝、トップチャレンジ順位決定戦・1位、トップチャレンジ1・3位、トップリーグ入替戦・敗退、トップキュウシュウA残留
  • 2010-2011シーズン トップキュウシュウA 2位、トップチャレンジ2・3位、トップキュウシュウA残留
  • 2011-2012シーズン トップキュウシュウA 3位
  • 2012-2013シーズン トップキュウシュウA 2位(予選リーグ 5勝1敗・2位、決勝リーグ1-3位グループ 1勝1敗)、トップチャレンジ2・3位、トップキュウシュウA残留
  • 2013-2014シーズン トップキュウシュウA 2位(予選リーグ 5勝1敗・2位、決勝リーグ1-3位グループ 1勝1敗)、トップチャレンジ2・2位、トップキュウシュウA残留
  • 2014-2015シーズン トップキュウシュウA 3位(予選リーグ 4勝2敗・3位、決勝リーグ1-3位グループ 2敗)
  • 2015-2016シーズン トップキュウシュウA 3位(予選リーグ 5勝2敗・3位、決勝リーグ1-4位グループ 1勝2敗)
  • 2016-2017シーズン トップキュウシュウA 3位(予選リーグ 4勝2敗・3位、決勝リーグ1-3位グループ 2敗)、ジャパンラグビートップチャレンジリーグ参入マッチ・2位、トップチャレンジリーグに参入
  • 2017-2018シーズン トップチャレンジリーグ 5位(1stステージ 2勝4敗1分・6位、2ndステージ 3勝)
  • 2018-2019シーズン トップチャレンジリーグ 6位(1stステージ 2勝5敗・6位、2ndステージ 2勝1敗)
  • 2019-2020シーズン トップチャレンジリーグ 6位(2勝5敗)、トップリーグカップ プール戦敗退(プール戦5敗・6位)
  • 2020-2021シーズン トップチャレンジリーグ 8位(リーグ戦Bグループ 1勝3敗・4位、順位決定戦・7位決定戦敗北)

2022年度スコッド編集

2022年度のスコッドは次の通り[3]太字は今年度からの新加入選手。

過去の所属選手編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 西日本社会人リーグに全31シーズン参戦したのは、九州電力とマツダの2チームのみ。
  2. ^ 西方自衛隊、新日鉄八幡と3チーム優勝
  3. ^ 日新製鋼と両チーム優勝
  4. ^ 九州電力と両チーム優勝

出典編集

  1. ^ a b c d e マツダラグビー部について”. マツダラグビー部. 2021年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月27日閲覧。
  2. ^ ラグビー新リーグ名称は「リーグONE」22年1月7日開幕 1部は神戸製鋼、パナソニックら12チーム”. ヤフースポーツ (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  3. ^ マツダスカイアクティブズ広島 MEMBER . マツダスカイアクティブズ広島公式サイト. 2021年12月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集