マツダ・アンフィニMS-8

1992年から1998年にかけて販売された4ドアハードトップサルーン

マツダ・アンフィニMS-8 (εfini MS-8)は、マツダが展開していた販売店ブランドアンフィニで、1992年から1998年にかけて販売された、D/Eセグメントに属する4ドアハードトップサルーンである。

概要編集

車名のアンフィニMS-8は、同車が販売される販売店ブランドアンフィニの名称に、英語で「大いなる思い」を意味するMegalo Spiritsの頭文字と車格を示す8とを組み合わせできた造語で、「無限大に広がる喜びを提供するサルーン」の意味合いが込められている。

初代 MB型(1992年-1998年)編集

マツダ・アンフィニMS-8
MB型
前期型 フロント
前期型 リア
前期型 インテリア
販売期間 1992年3月 – 1998年6月[1]
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ハードトップ
エンジン KFZE型 V型6気筒 2.0L 160PS
KLZE型 V型6気筒 2.5L 200PS
駆動方式 FF
変速機 電子制御式4速オートマック
全長 4695mm
全幅 1750mm
全高 1340mm
ホイールベース 2610mm
車両重量 1270-1340kg
先代 マツダ・ペルソナ
後継 マツダ・ユーノス800(→ミレーニア)に統合
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1992年3月 マツダ・ペルソナの後継車として、当時の新販売チャネル「アンフィニ」ブランドにて発売される。

ペルソナのコンセプトである「インテリアイズム」を継承し、インストゥルメントパネルがとてもユニークで、現在はミニバンによく見られるインパネシフトを採用していた。このインパネシフトは「ニューモードシフト」を名付けられ、日本車では日産エスカルゴに次ぐインパネシフト車であった。よってフロントシートは左右ウォークスルー可能なベンチシート(フロントは2人乗り)を採用。オーディオパネルはスバル・アルシオーネSVXに続き、全体にカバー覆うことができ、隠すことができた。マツダではコスモに続き採用。前席用シートベルトはペルソナと同様、テンショナー本体がリアドアに内蔵され、前席ヘッドレスト横のガイドアンカーを経由してバックルに固定される変則的な方式だった。

1992年10月には、サンルーフに装備した太陽電池を用いてファンを動かし、室内換気を行う装備(ソーラーベンチレーションシステム)が追加された。

1993年1月 2.0Lに装備品の見直しで値下げをした2.0タイプG-Sを追加。

1993年7月 タイプRは装備品の見直しでタイプR-Jとなる。2.5タイプGリミテッドは廃止。

1994年6月 マイナーチェンジ。フロントグリル・アルミホイールのデザインが変更される。グレードが「グランデール・グランデールG」(2L・2.5L)と「ツーリング・ツーリングS」(2.5L)のみに。

1995年12月 全車に運転席エアバッグが標準装備。グレード体系の見直しでグランデール系のみへ。

1998年3月[2] 前年のカペラのフルモデルチェンジによる車種整理とオーダーストップのため、生産終了。以降は在庫対応分のみの販売となる。

1998年6月 在庫対応分がすべて完売し販売終了。クロノスファミリーの中では最後まで生産された車種でもあった。

販売店編集

脚注編集

  1. ^ アンフィニMS-8”. トヨタ自動車株式会社 (2020年1月24日). 2020年1月24日閲覧。
  2. ^ MS-8(マツダ)のカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月24日). 2020年1月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集