マツダ・オートザムAZ-3

AZ-3(エーゼットスリー)は、マツダが製造し、オートザムで販売していたハッチバッククーペである。

マツダ・オートザムAZ-3
EC5SA/ECPSA型
フロント
Autozam AZ-3 front.JPG
レフト
Autozam AZ-3 left.JPG
販売期間 1991年6月1998年6月[1]
デザイン 荒川健
乗車定員 4名
ボディタイプ 3ドアハッチバッククーペ
エンジン B5-ZE型 直列4気筒 1.5L 115/120PS
K8-ZE型 V型6気筒 1.8L 145PS
エンジン位置 フロントミッドシップ
駆動方式 前輪駆動
変速機 4速AT/5速MT
サスペンション 前 マクファーソン・ストラット式独立懸架
後 ストラット式独立懸架
全長 4,215mm
全幅 1,695mm
全高 1,310mm
ホイールベース 2,455mm
車両重量 1,030-1,160kg
姉妹車 ユーノス・プレッソ
生産台数 22万64台(プレッソ含む)
先代 マツダ・エチュード(事実上)
後継 無し
プラットフォーム マツダ・Eプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

概要編集

オートザムチャンネルで販売されたため、オートザムAZ-3を名乗っていた。当初は1.5L直4エンジンのみのラインナップであった。1993年9月のマイナーチェンジで1.8LV6エンジンを搭載したモデル(グレード名GT-AおよびGT-X)が追加された。プレッソとの外観上の違いは、各部のエンブレム程度である。

プラットフォームは、マツダ・Eプラットフォームが用いられた。

初代 EC5SA/ECPSA型(1991年-1998年)編集

生産台数:22万64台(プレッソを含む。)

車名の由来編集

  • AZはオートザムの略称、3は車格を表していた[注釈 1]

脚注編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ しかしながらAZ-3は3ナンバー車(普通車)ではなく5ナンバー車(小型車)。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第36号14ページより。
  2. ^ AZ-3(マツダ)のカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月24日). 2020年1月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集